月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

【7項目比較】ランサーズとクラウドワークスの違い | どっちを使うべきか結論を出す

 

ランサーズとクラウドワークス、この2つのどちらを利用すべきかが分からない‥。

クラウドソーシングを利用する際にまず候補に上がるのが、ランサーズとクラウドワークスではないでしょうか。

ランサーズとクラウドワークスは実によく似たクラウドソーシングで、基本的な特徴は共通しています。

タテイシリョウ

本記事を担当しているタテイシです。

今回は、2大クラウドソーシングと呼ばれる『ランサーズ』と『クラウドワークス』を比較していきます!

共通点の多いランサーズとクラウドワークスにももちろん違いはあります。

この記事では、ランサーズとクラウドワークスを7つの項目で比較し、最終的にどちらを選ぶべきか結論を出していきます。

今後クラウドソーシングを利用したい方必見の内容です!

ランサーズとクラウドワークスの比較表

タテイシリョウ
まずは分かりやすく、ランサーズとクラウドワークスの比較表を作成しました。

▼ランサーズとクラウドワークス比較表

比較項目 ランサーズ クラウドワークス
報酬 低め 低め
手数料 5%〜20% 5%〜20%
案件数 6496件(2021年12月募集中案件数) 9289件(2021年12月募集中案件数)
案件の質 悪質案件から高単価案件まで様々 悪質案件から高単価案件まで様々
ジャンルの幅 広め より広め
サポート充実度 充実 充実
作業フロー 契約→仮払い→検収→報酬支払い 契約→仮払い→検収→報酬支払い

1番大きな違いは案件の数ですね。

ランサーズとクラウドワークスでは、クラウドワークスの方が圧倒的に案件数が多いです。

また、ジャンルの幅に関してもクラウドワークスの方が広いのが特徴です。

タテイシリョウ

上記の比較表だけでは見ることのできない違いもあります。次の項目から、より詳しく項目ごとの比較をしていきますよ!

ランサーズ とクラウドワークスの報酬や手数料を徹底比較

タテイシリョウ

まずは、ランサーズとクラウドワークスを報酬や手数料の面で詳細に比較してみました。

報酬に関する徹底比較

報酬に関しては、報酬額支払いの流れの2項目で比較しています。

結果はランサーズとクラウドワークスどちらも全く違いがありませんでした。

以下がランサーズとクラウドワークスの報酬額と支払いについての詳細です。

▼報酬額と支払い(ランサーズ・クラウドワークス共通)

報酬額 支払い
報酬額から以下の手数料が引かれる

  • 10万円以下の場合 20%
  • 10~20万円の場合 10%
  • 20万円超の場合   5%
エスクロー式を採用

クライアントが仮払いした後、サービス側が報酬を一時的に預かり、仕事の完了を確認した上でワーカーに支払う流れ

ランサーズもクラウドワークスも報酬額から差し引かれる手数料の割合は同じです。

また、支払いについてはどちらも依頼主から「仮払い」することで、サービス側がお金を一旦預かる「エスクロー式」を採用している点も共通しています。

タテイシリョウ
仮払いを先に依頼主が行うことで、「報酬の取り漏れ」を防いでいますね。

ランサーズもクラウドワークスも支払いの安全性は高いと言えます。

手数料に関する徹底比較

ランサーズとクラウドワークスの手数料についてさらに細かく比較していきます。

▼ランサーズとクラウドワークス手数料詳細比較

比較項目 ランサーズ クラウドワークス
システム手数料 20万円超の場合 5% 5%
システム手数料 10~20万円の場合 10% 10%
システム手数料 10万円以下の場合 20% 20%
振込手数料:楽天銀行 110円(税込) 100円(税込)
振込手数料:楽天銀行以外 525円(税込) 500円(税込)

唯一異なる点は振込手数料。

ランサーズは税抜で100円(楽天銀行)、500円(楽天銀行以外)ですが、クラウドワークスは税込です。

たった10円、25円の違いではありますが、厳密に比較すると報酬の振込手数料だけはランサーズよりもクラウドワークスの方が安いということになります。

ランサーズ とクラウドワークスの案件数や案件の質を徹底比較

案件に関してランサーズとクラウドワークスを比較してみましょう。

まずランサーズとクラウドワークスはどちらもかなり多数の案件を掲載していますが、案件の質は案件によりバラつきがある点が特徴です。

良質な高単価案件もあれば、驚くほどの低単価案件・悪質な案件などもあるのはランサーズ・クラウドワークスに共通して言えることです。

それでは案件ジャンル数やジャンル幅について両者を比較してみましょう。

 

▼ランサーズとクラウドワークス案件ジャンルの比較

クラウドワークス
(17ジャンル)
ランサーズ
(9ジャンル)
システム開発 システム開発・運用
アプリ・スマートフォン開発
ホームページ制作・デザイン制作 Web制作・Webデザイン
ECサイト・ネットショップ構築
デザイン デザイン制作
動画・映像・アニメーション 写真・動画・ナレーション
音楽・音響・ナレーション
写真・画像
ライティング・記事作成 ライティング・ネーミング
ネーミング・アイデア
ビジネス・マーケティング・企画 営業・マーケティング・企画・広報
3D-CG制作
事務・カンタン作業 事務・コンサル・専門職・その他
翻訳・通訳サービス 翻訳・通訳サービス
製品設計・開発
相談アドバイス・暮らし・社会
プロジェクト・保守運用メンバー募集
タスク・作業

案件は、ランサーズでは9ジャンル、クラウドワークスでは17ジャンルに分けられています。

数だけで比較すればクラウドワークスの方が圧倒的にジャンルが多く見えますね。

ですが、実際にはそこまで大きな違いはありません。

なぜなら、ジャンル分けの仕方がクラウドワークスの方が細かいからです。

タテイシリョウ
例えば、ランサーズの『写真・動画・ナレーション』ジャンルは、クラウドワークスで『写真・画像』と『動画・ナレーション・アニメーション』『音楽・音響・ナレーション』と3つのジャンルに分けられていますね。

クラウドワークスに存在してランサーズに存在しない案件ジャンルは表の赤文字の箇所、『製品設計・開発』『相談アドバイス・暮らし・社会』『プロジェクト・保守運用メンバー募集』くらいでしょうか。

これらもランサーズ『事務・コンサル・専門職・その他』の部分に含まれるという考え方ができます。

結論、案件ジャンルにおいてはクラウドワークスの方が多いと言えますが、圧倒的な違いはないということになります。

タテイシリョウ
案件数を比較するにあたり、ランサーズとクラウドワークスの人気ジャンル別の案件数にも注目してみました。

▼人気ジャンルにおける案件数の比較

比較項目 ランサーズ クラウドワークス
ライティング案件 794件 2524件
デザイン案件 705件 585件
データ入力案件 83件 186件
翻訳案件 84件 257件
動画作成案件 71件 125件

上記のデータは2021年12月時点のものですが、かなり顕著に案件数の違いが見られるデータとなりました。

クラウドワークスはライティング案件数が圧倒的に多い!

上記の数字はライティング案件全般でジャンル検索をした結果ですが、違いは3倍以上となるため、この点は覚えておく必要があります。

逆にデザイン案件においてはランサーズの方がやや多い結果となっています。

タテイシリョウ
狙うジャンルが明確であれば、ランサーズとクラウドワークスを比較して、狙うジャンルの案件数が多い方から取り組んでみるのも一つの方法ですね!

ランサーズ とクラウドワークスの案件開始~終了までのフローを徹底比較

タテイシリョウ
ランサーズとクラウドワークスそれぞれの案件開始から終了(報酬受け取り)までの流れを比較してみましょう。

先に結論をお伝えしておくと、ランサーズもクラウドワークスも、流れの説明文中の文言は違っても、流れ自体はまるで同じです。

それではそれぞれのフローを解説します。

ランサーズの案件開始~終了までのフロー

ランサーズで案件を受注し、完了して報酬を受け取るまでのフローは以下の通りです。

依頼を受けて報酬を受け取るまでの流れ
  1. クライアントが依頼する
  2. ワーカーが提案する
  3. ワーカーを選出し当選を知らせる
  4. お互いに承認して契約成立
  5. クライアントが仮払いする(エスクロー)
  6. 『計画の進行』(仕事開始)
  7. 『計画完了』(納品)
  8. クライアントが確認する
  9. 『支払い確定』(報酬が確定する)
  10. お互いに評価を残す

太字で記載しているワードは、ランサーズ独特の言い回しです。

案件を受注できたら依頼主が先に報酬を仮払いし、それを確認してから仕事を始める。

納品したら依頼主が納品物を確認しOKであれば仕事が完了し報酬が確定するという流れ。

上記のフローにすることで、依頼主は毎回「先払い」する必要がありますが、受注するワーカー側が「ちゃんと報酬が支払われるのか心配」と不安を感じることが一切なくなります。

クラウドワークスの案件開始~終了までのフロー

続いて、クラウドワークスの案件開始から終了までのフローについてです。

クラウドワークスの公式HPに分かりやすい図が掲載されているのでそちらをまずご覧ください。

出典:クラウドワークス公式HP

図の左から右へと進んでいくフローとなります。

以下、クラウドワークスのフローの詳細を解説しておきましょう。

依頼を受けて報酬を受け取るまでの流れ
  1. 希望する仕事に『応募する
  2. 条件が合えば『条件の合意』をする→『契約』締結
  3. クライアントが仮払いする
  4. 仕事を開始する
  5. 納品し『完了報告』する
  6. クライアントが『検収』する
  7. 報酬確定
  8. お互いに評価を残す

太字はクラウドワークス独自の言い回しですが、『完了報告』はランサーズの『計画完了』のことですし、『検収』はランサーズの『支払い確定』と同じこと。

クラウドワークスも、仮払いが必要である点が大きな特徴であり、ランサーズ同様報酬を確実に受け取ることができるように配慮されています。

ランサーズ とクラウドワークスのサポート充実度を徹底比較

タテイシリョウ
クラウドソーシングは顔の見えない中で重要な取引を進めていくため、サービスのサポート体制が非常に重要です。

ここでは、ランサーズとクラウドワークスのサポート充実度について比較していきます!

ランサーズとクラウドワークスは、両者ともサポートが充実していることで知られています。

比較しても甲乙がつけがたく、どちらもサービス充実度において変わりはありません。

それでは、具体的にはどのようなサポートサービスがあるのか、比較しながら解説していきましょう。

 

ランサーズとクラウドワークスサポート充実度比較

サポートサービス ランサーズ クラウドワークス
サポート窓口が24時間365日体制 有り 有り
クライアントによる仮払い制度 有り 有り
悪質ユーザーの通報制度 有り 有り
問い合わせ先の記載 有り 有り
事務局認証済みのオンライン通話機能 有り 有り

上記の5項目は、ランサーズとクラウドワークスで受けられるサポートの一覧です。

ランサーズとクラウドワークスそれぞれ記載の仕方が異なるところもありますが、サポート内容は変わりません。

しかし、同じサポートでも機能面に若干の違いがあるため、さらに細かく見ていきましょう。

ランサーズのサポート充実度

ランサーズのサポート体制は非常に充実しています。

困った時には24時間365日サポート窓口にて対応してもらえる安心感は大きいですね。

ランサーズならではのサポートとして特記すべきは「依頼アドバイス機能」。

案件を探す際に「なんだこの低単価案件は!」、「依頼内容が怪しすぎて不信感しかない」などと感じたら、『依頼アドバイス機能』を使用してランサーズ側に報告することが可能です。

出典:ランサーズ公式HP

上記の「アドバイスする」からランサーズ運営側に連絡をすることで、ランサーズがその依頼を発注した依頼者に対して依頼内容の改善をアドバイスするというのが『依頼アドバイス機能』です。

同じ目的でクラウドワークスにも『通報』がありますが、通報という言葉の意味が強く、利用しづらいと感じる人も少なくありません。

アドバイス機能というネーミングにすることで、ワーカー側が利用しやすくなり、悪質案件の撲滅に高い効果があると見られます。

出典:ランサーズ公式HP

タテイシリョウ
違反数とアドバイス対応数をの詳細は明かされていませんが、このグラフからも、毎月一定数の依頼が「アドバイス対応」されていることがわかります。

クラウドワークスのサポート充実度

クラウドワークスもランサーズ同様、サポートが手厚いことで知られています、

悪質案件(MLM・マルチ商法・ねずみ講・ネットワークビジネスなど)の撲滅には特に力を入れており、24時間365日全ての仕事依頼を監視する『安心安全のパトロール体制』の整備がある点も特徴です。

タテイシリョウ
24時間体制で依頼内容をチェックするという点はランサーズ、クラウドワークス共に特にアピールしているポイントでもあります。

さらに、細かい点ではありますが、クラウドワークスはメッセージを目視で監視しており、悪質だと判断されたメッセージは運営により非表示にすることでワーカーから見えないようにしています。

ワーカー様へ不適切なスカウトが送信されないよう2020年2月21日よりスカウトメッセージの目視による監視範囲を拡大いたしました。今後、スカウトに限らず監視範囲を全発注案件に拡大していきます。

引用:クラウドワークス公式

メッセージの返信率は自分の評価に関わるため日頃から意識しているワーカーは多いです。

このように運営側から悪質なメッセージを削除してもらえると返信率に影響する心配がなくなりますね。

ランサーズ とクラウドワークスの評判・口コミを比較

タテイシリョウ
最後にランサーズとクラウドワークスそれぞれの口コミを紹介します。

実際に利用している人がどのように感じているのかを知ることで、サービスの全貌が見えてきますよ!

ランサーズの評判・口コミ

ランサーズについての1つめの口コミはこちらです。

これまでにランサーズで3,400万円を稼いだという成功例。

7年間で単純計算しても年間486万円ほどとなるためかなり大きく稼いでいる方です。

2つ目はこちらです。

ランサーズを使用してみて感じたメリットを、仮払い方式(エスクロー)に触れて書かれています。

3つ目はこちらです。

サポートの充実度が高いことや、文字単価2円以上のライティング案件が舞い込んでくることについて書かれています。

プロフィールを作り込むこと、実績を積むことで良質案件が獲得できるということですね!

中にはこのようなネガティブな口コミもあります。

ネガティブな口コミは主に「単価が低い」という内容がほとんど。

桁が1つ間違っているのでは?と思わずにはいられないほどの低単価案件ばかりで、苦しい思いをしている人も多くいます。

https://twitter.com/hondashi17/status/1381480344646414339?s=21

クラウドワークスの評判・口コミ

クラウドワークスについての口コミも紹介しましょう。

1つ目はこちらです。

自分で仕事が選べる自由度の高さや、実績を積み上げやすい環境であることについて書かれています。

https://twitter.com/kamenoko_design/status/1467818655249764353?s=21

2つ目の口コミはこちら。

あまり稼げているわけではないにしろ、スキルアップにつながるメリットを強く感じている利用者の口コミです。

他にもこの方のように、経験値が上がるというメリットに触れている同様の口コミはかなり多く目につきました。

https://twitter.com/chocolita801/status/1470003349856862208?s=21

3つ目はこちらです。

ランサーズ同様に単価の低さについての口コミが多い点もクラウドワークスの特徴です。

0.1円のライティング案件やそれ以下の超低単価案件について触れている方も多かったですね。

https://twitter.com/idere_/status/1364520654481944576?s=21

タテイシリョウ
口コミを見てもどちらも似たり寄ったりの印象。

ランサーズよりもクラウドワークスがいい、クラウドワークスよりもランサーズがいい、などの明確な口コミはあまり見かけませんでした。

まとめ:どちらを使うべきか結論

本記事でランサーズとクラウドワークスを細かに比較してきましたが、結果的に案件数を除いて両者はほぼ同じクラウドソーシングであると言えます。

使い勝手や仕事の進め方、サポート体制がほぼ同じであっても、ランサーズとクラウドワークスの案件数には大きな違いが見られました。

最後にランサーズ、クラウドワークスのどちらを選ぶべきかを見極めるためのポイントをまとめておきましょう。

ランサーズを選ぶべき人
  • デザイン案件のみを受注したい人
クラウドワークスを選ぶべき人
  • ライティング案件を受注したい人
  • 受注したい案件ジャンルの幅が広い人

クラウドソーシング利用者のうち、WEBライターが占める割合は多いです。

ライティング案件狙いなら間違いなくクラウドワークス一択ですね!

ランサーズを選ぶべき人は、デザイン案件のみを希望している人です。

全案件に占めるデザイン案件の割合が多いランサーズなら、案件獲得の難易度はクラウドワークスよりも下がるはずです。

※自分自身が狙う職種が未定の方は、上記の指標があってもランサーズとクラウドワークスで悩んでしまうと思いますが、その場合は案件数の総数が多いクラウドワークスをおすすめします。

ABOUT US

タテイシリョウ取締役CMO兼シンクノ編集長
株式会社グロースバリュ取締役CMO兼シンクノ編集長 | WEBマーケティングアナリスト兼コンサルタントとして20業種以上のマーケティング活動に従事。数値では見えない定性的な分析も得意とし、ヒューリスティック分析の知見も豊富。