月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

「クラウドソーシングは稼げない」と言われる主な4つの理由と対処法

 

『クラウドソーシングは稼げない』というのは本当なのだろうか。

クラウドソーシングで稼げないまま苦戦を強いられている人は多いが、逆に稼げないどころか安定して高収入を稼いでいる人も一定数いる。

タテイシリョウ

本記事を執筆しているタテイシです。

『クラウドソーシング=稼げない』というのは必ずしも正しいとは言えません。

稼げないのではなく、稼ぎにくいのがクラウドソーシング。稼ぐためのコツを知ることで、今よりももっと高収入を目指すことは可能です。

本記事では、クラウドソーシングが稼げないと言われる理由や、稼ぐための方法について解説していく。

クラウドソーシングで収入が伸び悩んでいる人にこそ、参考にしてもらいたい内容だ。

クラウドソーシングで稼げない主な4つの理由と対処法

タテイシリョウ
ここで紹介する4つの理由には、全てそれぞれに対処法があります。対処することで稼げない要素を可能な限り潰していくことができますよ。

1.プロフィールや実績情報が薄い

プロフィールに記載されている文章や、掲載している実績情報が不明確だと、案件獲得の妨げになる。

クラウドソーシングで稼ぐためには、案件獲得ができなければ話にならない。

ところが、案件獲得で苦労する人はかなり多い。

なぜ案件が獲得できないのか、それはプロフィールがきちんと作り込まれていないからだ。

例えばプロジェクト案件に提案する場合、クライアントはあなたのプロフィールをチェックしにくることは安易に予測できる。

もしも以下のようなプロフィールだとしたら、どう感じるか考えてみてほしい。

ライティング(そもそもここに誤字がある時点でNG)に興味があること、そしてPCが使えることしかプロフィール上には書かれていない。

クライアント側の立場に立って考えると、「よくわからないから任せるのはやめておこう」となるのも自然なことだ。

プロフィールを充実させる際には、以下のポイントが全て網羅されているかチェックしておこう。

プロフィールに掲載すべき必須項目
  • 得意な執筆ジャンル
  • これまでの実績
    PV数など具体的な数字で記載
  • 過去の執筆記事の一覧
  • 保有する資格・検定

また、「精一杯頑張ります」、「丁寧な対応を心がけます」などの記載はあまり意味がない。

大切なのは、あなたが「何ができるライターなのか」がわかるプロフィールになっていることだ。

そのためにはもちろん、細かな過去の実績についてもまとめて記載しておく必要がある。

2.実績が効率良く積み上がっていない

実績を積み上げられていなければ、あなたの価値は発注者に伝わりにくい。

クラウドソーシングでは、「実績」を重視してワーカーを選定する依頼者がほとんどだ。

逆に言うと、アピールできる実績があるワーカーは強く、実績が不明瞭なワーカーはアピール力に欠ける。

しかし、クラウドソーシングを利用していても、効率よく実績を積めていない人も多くいる。

なぜ実績が積めないのか、それは案件をこなしていないからではない。

例えば以下のような場合は、実績が効率よく積み上げられていないと言える。

効率よく実績を積めていない例
  • これまでに受注した案件のカテゴリに統一性がない
  • 難易度の低いレビュー案件などを数多くこなしている
  • プロジェクト案件の経験が極端に少ない
タテイシリョウ
実績は数も重要ですが、質の方がさらに重要度が高いです。「誰にでもすぐにチャレンジできそうな案件」を多数受注していても、逆にスキルレベルが疑われることになりかねません。

一方、以下の場合はこれまで受注した案件が実績として効率よく積み上げられていると言える。

効率よく実績を積めている例
  • 受注案件のカテゴリに統一性がある
  • 難易度の高い案件を多くこなしている
  • 高単価案件で高評価を得ている

クラウドソーシングでは、ワーカーが過去に受注した案件が公開されているため、どのような案件を多くこなしているワーカーなのかは一目瞭然だ。

全ての案件が自分の実績になることを意識しながら案件を選択していく必要がある。

3.依頼者目線の応募メッセージが送れていない

応募メッセージの内容が薄いために、依頼者の興味を引けていないケースは多い。

クラウドソーシングでプロジェクト案件に提案する場合、依頼者に向けてメッセージを送る必要がある。

このメッセージの文面は、重要な判断材料になるため手を抜いてはいけないポイントだ。

タテイシリョウ
発注側の立場で言いますが、メッセージの文面で即不採用と判断してしまうケースは割と多いです。メッセージも選考の一部だと考え、丁寧に考えて送りましょう。

メッセージを送る際には、以下のポイントに気をつけると良い。

応募メッセージに記載すべき項目
  • これまでの経歴、自己紹介
  • なぜその案件に応募したのか(応募理由)
  • 自分のどのスキルや経験が活かせると感じたのか(根拠)
  • ポートフォリオ添付(もしくは過去の執筆記事URL)

上記が全て網羅されていれば、応募メッセージとしては合格だ。

特にポートフォリオや過去の執筆記事のURLは効果が高く、採用につながるチャンスUPになる。

言うまでもないが、応募メッセージの段階で誤字脱字があるのは論外だ。

丁寧さに欠ける雑なワーカーだと思われるのは必須。採用される可能性はゼロ%まで落ちてしまう。

4.低単価案件や単発案件を選んでしまっている

稼げない典型的なパターンとしては以下の2つだ。

クラウドソーシングで稼げない理由
  • 案件の単価が低い→数をこなしても収入がUPしない
  • 継続案件の獲得に苦戦する→案件探しに長時間要する

低単価案件では思うように稼げないのはイメージしやすい。特に意識すべきは2つ目の継続案件の受注についてだ。

案件を獲得するために割く時間はかなり大きい。

タテイシリョウ
案件の検索、応募メッセージの作成、などの業務は1円も産みません。継続案件で収入の大半をカバーできれば、これらの作業には時間をかけずに済むのです。

継続案件がなければ常に案件探しに時間を取られ、こなせる案件数も少なくなる。物理的に時間が足りなくなるからだ。

低単価案件、単発案件ばかりを受けていてもクラウドソーシングではいつまでたっても稼げないままだ。

この問題の対処法については、低単価案件を受けないこと、単発案件でなく継続案件獲得に積極的にトライすることだ。

具体的な方法については、本記事の後半で解説していく。

クラウドソーシングが稼げないと言われている3つの理由

タテイシリョウ
クラウドソーシングが稼げない理由は、単価の低さ、登録者の多さ、高額な手数料が大きく関係しています。これら3つについて詳しく解説していきましょう。

1.基本的には低単価案件が多い

クラウドソーシングで稼げないのはなぜか、それは案件の単価が低いからだ。

低単価案件ばかりでは稼げないのは当たり前のことだが、クラウドソーシングにおいては案件の単価がまず平均して低い。

試しに、クラウドワークスの現時点でのライティング案件の文字単価ごとの案件数を調べてみた。

 

▼文字単価別案件数

文字単価 案件数(2021年11月)
〜0.5円 632件
0.5〜1円 487件
1〜1.5円 348件
1.5〜2円 155件
2〜3円 105件
3〜5円 61件
5円〜 47件

参考:クラウドワークスHP

 

上記の案件には募集を終了しているものも含めている。

クラウドワークスのライティング案件の中で、文字単価1円に満たないものがいかに多いかがわかるデータだ。

稼げる、稼げない、の線引きは人により異なるが、何にしても文字単価0.5円の案件をいくら多くこなしても「稼げる」部類に入ることはできない。

タテイシリョウ
文字単価2円としていても、スタートは0.5円からとしている案件なども多くあります。それを考えると、実際は上記のデータよりも低単価案件が多いのは確実です。

2.手数料が意外と高い

クラウドソーシングを利用するにあたり、大きなネックとなるのが手数料だ。

ざっと2〜3割の手数料がかかるクラウドソーシングでは、案件の単価がそのまま自分の収入になるわけではないため、手数料を加味して単価を考える必要がある。

タテイシリョウ
クラウドソーシング利用時には、報酬として記載されている金額から所定の手数料が差し引かれた金額が振り込まれます。

ここで、業界最大手であるクラウドワークスの手数料に注目してみよう。

クラウドワークスの手数料は、クラウドソーシングにおいて一般的な数値ではあるものの、やはり高い。

手数料については以下の通りだ。

▼例:契約⾦額 10,000円(税抜)のお仕事の場合
システム利用料:2,420円(税込)
10,000円 × 10% (消費税率)= 11,000円(契約金額(税込))
11,000円 × 20%(システム利用料率(税抜))= 2,200円(システム利用料(税抜))
2,200円(システム利用料(税抜))× 10%(消費税率)= 220円(消費税)
ワーカーが受け取る額 8,580円
11,000円 – 2,420円(システム利用料(税込))= 8,580円

引用:クラウドワークス公式

見ての通り、10,000円の仕事を受けても、実際に報酬として受け取る額は8,580円になる。

必死に単価UPを試みても、これだけの手数料が搾取されていくとなると、収入UPの妨げになるのは明白だ。

3.利用者が多い

クラウドソーシングの利用者は多い。利用者が多ければそれだけライバルが多いということになる。

クラウドワークスの登録者数は2021年11月時点で443万人と公表されている。

頻繁に比較対象とされるランサーズの公式ホームページには「登録者数110万人以上」との記載があり(最新の数字であるかは不明)、クラウドワークスの約4分の1ほどだ。

利用者が多くても、その分案件数が圧倒的に多ければ案件獲得は難しくない。

試しに、今募集中のライティング案件を検索してみたところ、クラウドワークスでは2487件ヒットした。

登録者数の内訳がわからないため、正確な数値は出せないが、クラウドワークス登録者数から考えると、案件数は極端に少ないように見える。

タテイシリョウ
案件数に対して登録者数が多いクラウドソーシングでは、競争率が高まり、案件獲得自体の難易度が上がってしまいます。高単価案件ならなおさら厳しいですね。

クラウドソーシングで継続的に稼ぐためのコツ4選

タテイシリョウ
クラウドソーシングは絶対に稼げないわけではありません。最後に、稼げないと言われるクラウドソーシングで、安定して継続的に稼ぐためのコツを4つ紹介します。

大量発注型の案件には手を出さない

そもそも、悪質な案件には自ら手を出さないのが賢明だ。

悪質な案件とは、単価が極端に低いもの、提示文字単価よりもスタートの文字単価が大幅に低く設定されているものだ。

クラウドワークス公式ホームページ上には、「みんなのお仕事相談所」という掲示板がある。

ここに寄せられた書き込みを一つ紹介しよう。

参考:クラウドワークス公式HP

大袈裟なように聞こえるかもしれないが、実際に上記のような案件は存在する。

それも、発注者は同じような文言で何度も何度も繰り返し募集をかけていることが多い。

以下のような文言が案件の概要欄にある場合は赤信号と捉えた方が無難だ。

要注意案件にありがちな特徴
  • 頑張り次第で文字単価がいくらでも上がる!の記載
  • 学びながらお小遣い稼ぎができる!の記載
  • 激安単価(0.1円など)で大量な記事数の依頼

ワーカー側がこのような悪質案件を見抜き、誘いに乗らないことが何よりも大事だ。

より多くのワーカーが悪質案件を無視するようになれば、悪質案件自体の撲滅にも繋がる。

評価ランクを上げる

クラウドソーシングで稼ぐためには、自らの評価を常に高い状態で維持することが大事だ。

例えばクラウドワークスの場合、評価は星マークで表されており、5段階に分けられている。

ランサーズであれば、一定の条件をクリアすることで認定ランサーの称号がもらえる。

参考:ランサーズ公式HP

ランサーズ公式によると、認定ランサーの条件は以下のように書かれている。

1. 応答が速い

メッセージ返信率 (24時間以内) が80%以上でなければ、認定ランサー認可が得られません。クライアントからのメッセージに早く応答できるかどうかが基準の1つです。

2. 高い対応力と責任感

仕事を受注してから納品を完了させる割合が、90%以上でないと認定ランサー認可が得られません。トラブルなく仕事を納品まで完了させるスキルが認定ランサーの条件です。

3. 報酬額が高い

過去1年間の報酬額が上位20%以内でないと認定ランサー認可が得られません。ランサーズで高額案件や多数依頼をこなした実績のある人が認定ランサーです。

引用元:ランサーズ公式HP「認定ランサー」

条件を見ると、報酬額が上位20%でなければならないとの記載があり、そのハードルは高そうに見える。

しかし、実際には一度認定ランサーになれば、その後は報酬額が減少しても認定ランサーの資格を維持できるなど曖昧なところも多く、ハードルはそれほど高くないという見方もできる。

タテイシリョウ
認定ランサーのしるしはプロフィール上でもかなり目立ちます。ランサーズにおいては、ブロンズ、シルバーなどのランク分けが明確なので、認定ランサーになっておくと格段に案件は獲得しやすくなります。

何にせよ、案件を数多くこなし、そのほとんどを星5の評価で完了させていく必要がある点では、クラウドワークスもランサーズも同じだ。

評価を上げればそれだけクラウドソーシングのサイト上での信頼度が上がり、案件獲得は楽になっていく。

継続案件へ移行させる

極力継続案件を獲得するよう努めるのが、収入UPの鍵だ。

単発案件ばかりでは、毎月案件獲得のために必死にならなければならないため、ストレスが溜まりやすい。

さらに、言うまでもないが、案件獲得に膨大な時間を費やし実際の業務に割く時間が減ってしまうため、収入は伸びにくい。

継続案件を獲得するためのアプローチは早い段階ですぐにでも始めるべきだ。

継続案件の獲得方法
  • 継続前提の案件のみを選択して応募する
  • 単発案件を受けた後に営業をかける
  • 過去に案件を受注したクライアントに営業をかける

継続案件に常に目を光らせておくことはもちろん大事だが、並行して過去に付き合いのあったクライアントに営業をかけるなどのアプローチも積極的に続けていくと良い。

特に、過去に受注した際の納品物に対して、反応がすこぶる良かったクライアントは定期的にメッセージするなどして様子を伺ってみよう。

タテイシリョウ
実力はもちろん必要ですが、やはり人間力も大事です。コミュニケーションを積極的に取り、こちらから案件獲得に出向く攻めの姿勢が功を奏することは割と多いですよ。

良い関係が築けていれば案件獲得に繋がりやすいため、この辺りは多少の営業トークなども忘れないようにしたい。

高単価案件へ移行させる

低単価案件ではなく、高単価案件を多く受注していくことができれば当然収入はUPする。

今の段階で、もしあなたがWEBライターで文字単価0.3円の案件を大量に受けているとする。

3000文字の記事を月に30本書いても、これではたったの3万円ほどしか稼げない計算だ。

クラウドソーシングでは、確かに低単価案件が多く、「ないよりマシ」と考えて受注してしまう気持ちはわからなくもない。

しかし、時間的余裕がなければ、効率的な案件獲得のためのアプローチさえできなくなってしまう。

高単価案件獲得のためには、まず低単価の案件を受注しないこと。もしくは受注する数を減らす調整をすることが必須となる。

高単価案件獲得のためにすべきこと
  • プロフィールを再度見直し実績を全面にアピールする
  • 高単価案件に積極的に応募し続ける
  • 高単価案件が期待できるジャンルを絞り込む
  • 案件獲得に繋がりやすい資格・検定を取得する
  • ライティングスキルUPにつながる本を読む

上記の通り、高単価案件獲得のためにすべきことはたくさんあるが、即効性を求めるのであれば、プロフィールの見直しだ。

案外、クラウドソーシングのプロフィールに掲載している実績などの情報は、忙しさにかまけて更新できていないことが多いため注意しよう。

まとめ

クラウドソーシングで稼げないと言われるのは、稼ぐために何をすべきかが分からないままやみくもに低単価案件を受け続けるワーカーが多いからだ。

本記事で解説した通り、クラウドソーシングでも収入をUPすることは十分に可能だ。

クラウドソーシングでは稼げないと決めつけるのではなく、「稼げない要素」を徹底的に潰すことから始めてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

タテイシリョウ取締役CMO兼シンクノ編集長
株式会社グロースバリュ取締役CMO兼シンクノ編集長 | WEBマーケティングアナリスト兼コンサルタントとして20業種以上のマーケティング活動に従事。数値では見えない定性的な分析も得意とし、ヒューリスティック分析の知見も豊富。