月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』開校

ココナラの退会方法や退会後にアカウントを作り直す方法まで全て網羅的に解説

 

何らかの理由でココナラを退会したいとなった場合、簡単に退会手続きはできるのでしょうか。

タテイシリョウ

本記事を担当しているタテイシです。

ココナラに限らず会員登録をしたものの退会の方法がわからず退会できないという事態は起こりがちですよね。

退会手続きの方法が事前に把握できていれば、いざというときも安心です。

結論からお伝えすると、ココナラの退会はとても簡単。驚くほどあっさりと退会手続きが完了します。

しかし、ココナラを退会するにあたり、知っておくべき退会のメリットとデメリットがあります。

本記事ではココナラの退会方法や、退会に関する注意点、アカウントを作り直す方法について解説していきます。

 

ココナラの退会ページはどこなの?

ココナラの退会ページはやや見つけづらい場所にあります。

退会手続きに進めるリンクは、ココナラヘルプ内に潜んでいるため、見つけられなかった方もきっと多いでしょう。

タテイシリョウ

簡単に退会手続きに進めるよう、直接退会手続きに進めるリンクを貼っておきますね。

退会手続きページは以下のようになっています。

任意で退会したい理由を入力する箇所がありますが、あくまでも任意。

何も入力せずとも「退会する」のクリックで退会手続きを完了させることが可能です。

 

ココナラで退会できなかった場合の原因と対策

ココナラの公式ホームページ上に「退会する条件」が以下のように書かれています。

退会する条件

購入者:

  • 購入したサービスが全て完了している

出品者:

  • 出品したサービスに対して全て「正式な納品」をしている
  • 振込依頼中の売上がない(売上の振込依頼を行っている場合は、振込が完了してから退会手続きを行ってください)

引用:ココナラ公式HP

タテイシリョウ

ココナラで退会できない場合があるとすれば、何らかの取引が完全に完了していないことが理由です。

ここでは考えられる3つのケースを挙げ、それぞれの対処法について解説します。

 

【購入者】購入したサービスの納品が完了していない

ケース①

あるサービスをココナラで購入したが、出品者からの納品待ちの状態。これ以降ココナラを利用する必要はないので、先に退会手続きをしようと思ったができなかった。

上記の場合、退会できない理由は「購入したサービスが納品されていないため、取引が完了していないから」です。

サービスの納品を待ち、トークルームのやり取りを完了させ、全ての取引が完了したことを確認した上で、退会手続きに進みましょう。

サービスの管理画面にて、以下のとおり全てにチェックがついている状態であれば退会手続きに支障をきたすことはありません。

 

【出品者】出品したサービスが納品できていない

ケース②

出品したサービスが売れ、まもなく納品できる見込み。この取引以降ココナラで出品も購入もする予定がないため退会手続きをしようとしたら、退会できなかった。

上記の場合、退会できない理由は「販売した商品の納品が完了していないから」です。

購入者にサービスの納品を完了し、取引を完全に完了させたら退会手続きに進むことができるので、まずは納品しましょう。

 

【出品者】振り込み依頼中の売り上げがある

ケース③

解約するのでこれまでの売上金を全て振り込み申請した。その後退会手続きに進もうとしたが、結果解約できなかった。

上記の場合、退会できない理由は「振込が完了していないから」です。

ココナラの公式HP上には以下のように記載されています。

振込申請は1〜15日23:59 までに振込申請した場合は同月の20日中、16〜月末23:59 までは翌月の 5日中に振込を行います。(土日祝の場合は翌営業日中

引用:ココナラ公式HP

つまり、1日に振込申請したところで20日まで待たなければ振り込まれないため、退会手続きは20日以降になるということです。

振込入金を確認後、あらためて退会手続きに進みましょう。

 

【退会前に要注意】ココナラを退会するメリット・デメリット

タテイシリョウ
ココナラを退会することで得られるメリットもありますが、逆にデメリットもあります。

退会前に退会するメリットとデメリットを正確に把握し、後悔のないようにしておきましょう!

ココナラ退会のメリット

ココナラを退会するメリットは、低評価やネガティブなレビューが残されたアカウントを完全に消去し、ゼロからのスタートが切れる点です。

運悪く悪質なユーザーと関わってしまったがために、あなたにとって不利になるようなネガティブな評価をつけられることもココナラを利用する上で大いにあり得ます。

ココナラは購入者からのレビューが全て。レビューが低ければ今後もサービスは売れにくくなります。

ココナラを一旦退会することで、このような不利な状況から抜け出せる点は、退会する大きなメリットです。

 

ココナラ退会のデメリット

ココナラを退会するデメリットは以下の3点です。

ココナラ退会の3大デメリット
  • これまでに積み上げた評価・実績を失う
  • 出品したサービスが全て削除される
  • 作り込んだプロフィールが全て削除される

当然といえば当然なのですが、これまでココナラで積み上げた全てが退会することでゼロになってしまう点はデメリットと言えます。

タテイシリョウ
要は、良い評価も悪い評価も全て無かったことになるため、退会する際には本当に退会すべきか慎重に判断する必要がある、ということですね!

 

【一応確認】ココナラ退会後にアカウントを作り直すことは可能?

タテイシリョウ
ココナラを退会する際、「アカウントを再度作り直す」ことを前提としている方はきっと多いはず。

ここでは、ココナラでのアカウントの再作成について解説します。

退会後にアカウントは作り直せます

一旦完全にアカウントを削除してしまえば、退会後にアカウントの再作成は可能です。

アカウントを再作成する際に特に気をつける点はありません。

初回の登録時と同様にアカウントを再設定しましょう。

 

退会せずに2個目のアカウントを作るのは規約違反

注意すべきは、退会を完了させずにココナラ上で新たに別アカウントを作成するのは規約違反に該当するという点です。

利用規約の一部を抜粋して紹介しましょう。

第26条 (ポイントの合算及び複数登録の禁止)

1. 利用会員は、保有するポイントを他の利用会員その他の第三者に譲渡又は質入れしたり、利用会員間でポイントを共有したりすることはできません。

2. 一人の利用会員が複数の利用会員登録をすることは禁止されており、複数の会員登録を行いそれぞれの利用会員登録において保有するポイントを合算することはできません。

引用:ココナラ利用規約

「一人の利用会員が複数の利用会員登録をすることは禁止」とはっきり書かれていますね。

退会をした後に再度アカウントを作成する分には問題ありませんが、退会しないまま新たに2つ目のアカウントを作成するのはNGです。

タテイシリョウ
メールアドレスを変えればココナラで新たにアカウントを作成することは簡単にできてしまいます。

ですが、複数アカウントの所持は規約違反なので絶対にやめておきましょう。

 

【急にアカウントが使えない!?】ココナラを強制退会させられる主な3つのケース

タテイシリョウ
ココナラは日々運営側が悪質アカウントが存在していないかをくまなくチェックしています。

規約違反がココナラに見つかった場合は、強制退会させられるケースも!

ここでは、ココナラで強制退会させられる3つのケースについて解説します。

法律に触れる違法行為

法律に触れる行為がココナラ上で行われた場合は、ココナラのアカウントを停止させられることがあります。

法律違反というととても大袈裟なように聞こえるかもしれませんが、実際は些細なことが引き金で法律違反を犯してしまうケースが多々あります。

ココナラで最もありがちな違法行為は景品表示法違反。

景品表示法違反とは

景品表示法の「消費者を誤認させる不当な広告を禁止する規制」、「過大な景品の提供を禁止する規制」に違反してしまうこと。

つまり、サービスを売りたいがあまり、不確定な成果を確約するような文言(以下参照)をサービス説明文にいれてしまえば景品表示法違反となるのです。

景品表示法違反の可能性がある記載
  • 「〇〇万円稼げました」
  • 「〇〇勝しました」
  • 「生徒は〇〇万円稼げています」
  • 「〇〇%の方が成功しています」
  • 「〇〇万円稼げる」
  • 「〇〇kg痩せる」
  • 「〇〇倍効果がある」
  • 「〇〇%アップする」
  • 絶対に
  • 確実に
  • 必ず

引用:ココナラ公式HP

タテイシリョウ
最初は運営から注意を受けるだけで済むケースもありますが、何度か続くとアカウントが急に止められることもあります。

 

全く購入する意図がないのに購入手続きをする行為

ココナラでサービスを購入し、その後一切何の手続きも進めようとしない悪質な購入者は、運営側からアカウントを停止させられるケースがあります。

(16)全く購入する意図がないにもかかわらずサービスの購入手続をする行為

引用:ココナラ利用規約

この場合、出品者側は購入者にサービスを提供するため、他の人にそのサービスを販売できなくなります。

その後、購入者が何の連絡もよこさず放置すれば、完全なる営業妨害であることは明白ですね。

さらには、出品者側から最終的にキャンセル手続きを行う必要があるため、手間も時間も取られ大変な迷惑がかかります。

このような「購入意思のない購入」をすると、出品者から運営に通報される場合が多く、アカウント停止に至りやすくなります。

万一誤って購入してしまった場合には、即出品者にその旨を伝え謝罪の上キャンセル手続きにすすみましょう。

 

異性交流を目的としてココナラを利用する行為

サービスの出品は単なる餌であり、その餌で異性との出会いのチャンスを獲得しようとする行為もまた規約違反に該当します。

(22)異性交際に関する情報の送信、その他異性交際を目的として当社サービスを利用する行為

引用:ココナラ利用規約

ココナラ上でのメッセージのやり取りから、LINEなどへ誘導、そこから直接的なやり取りを経て実際に会おうとする手口は実際に少なくありません。

ココナラは出会いの場を与えるサービスではありませんので、目的を履き違えないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、ココナラの退会手続きをテーマに、退会するメリット・デメリット、そしてアカウントが停止になるケースについて紹介しました。

ココナラは明確な利用規約をユーザーに示しており、これに違反するユーザーには割とあっさりとアカウント停止という厳しい罰則を課しています。

ココナラは顔の見えないやり取りであるからこそ、評価が命。評価を損ねるような行為を避け、着実に信頼度を高めていくことが大事です。

これからココナラを退会し、新たにアカウント作成をお考えの方は、次こそ完璧なアカウントを作り込めるよう意識的に行動しましょう!

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細