月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』開校

創業者がWithマーケに込めた想いを話そうと思う

 

こんにちは。

月額制Webマーケティングスクール「Withマーケ」代表者の池邊(イケベ)です。

この記事では、Withマーケに込めた僕の熱い想いをお話しさせてもらいます。

どうか、7〜8分ほどお時間をください。

特に普段からお世話になっている会員様、これから入会を検討している方に、どうしても伝えたい内容です。

 

さて、Withマーケは、今でこそ有料会員数は800名を超え、「案件獲得できた!」「就職できた!」など、嬉しい成果報告も聞けるようになりました。

サポートメンバーもかなり増え、

SEO、Twitter、Instagram、Web広告、LINE運用など各分野の講師、

優秀なアシスタント、エンジニアさんなど、運営メンバーは合計15名ほどとなりました…!

 

ただ、最初、Withマーケは、僕が一人で立ち上げました。

一人はやっぱり大変でした。100本以上動画講義を撮りましたし、会員サイトも自分で用意し、集客も当然自分です…。

準備期間の6ヶ月、リリース後の3ヶ月は、ほぼ寝なかったです笑

また、後でお話しすることですが、リリース初日の悲劇や顧客大量離脱など、嫌なこと含め、これまで色々な出来事がありました。

 

しかし、一度たりともWithマーケへの情熱が覚めたことはありませんでした。

たった一人でも、Withマーケを立ち上げたのには”とある理由”があります。

今から「Withマーケに僕の人生を懸けるに至った背景」をお話しさせてもらいます。

併せて、「Withマーケで何が学べるのか?」「どんな価値観のスクールなのか?」も、ご理解いただけると嬉しいです。

 

キッカケは「社会的弱者」の自分

Withマーケを立ち上げたのは、以前の僕が、社会的な弱者だったからです。

4年以上前、フリーランスとして活動していた僕は、Webライターやディレクターとして、大いに消耗していました。

「日々の低単価案件…」

「いつ途切れるかわからない単発案件…」

「足元を見られ、安売りが続く営業活動…」

副業経験者やフリーランスならよくあることもかもしれません。

右も左もわからず、独立した僕は、こんな日々に苦しんでいました。

 

今は個人の時代と言われてはいますが、現実は厳しいものでした。

例えば、僕の場合は、WEBライター時代、クラウドソーシングなどを使っていましたが、
1案件に対して50人もの応募者がいるのが普通。

そして、ようやく取れた案件も、時給換算で1,000円に満たない…。

実績の弱い、弱小ワーカーの僕からすると、「個人で稼ぐ」というのはかなり厳しいものでした。

とはいえ、楽しいことや勉強になることもあり、なんとなく続けることはできていました。

しかし、一度だけ、僕の精神が爆発しかけた出来事がありました。

自分を「社会的弱者」と自覚するに至った、過去の僕の出来事を一つお話しします。

 

 

僕が独立して間もない4年前、とあるHP制作案件の出来事でした。

Webメディアの制作案件で、僕はHP制作のディレクター的なことをやっていました。

着実に仕事をこなしていたので、クライアントさんからは信頼してもらえたと思います。

 

さて、悲劇は旅行中。

順調に案件が進んでいたある時、僕は当時の彼女(今の妻)と東南アジアに旅行に行くことになりました。

事前にクライアントさんにも伝えました。

「この日とこの日は、急なご対応ができないかもしれませんので、事前に必要作業を終わらせておきますし、何かありましたら数時間はお時間いただくことご了承ください。」

結構気分屋のクライアントさんだったので、了承もらえるか心配でしたが、快くOKしてくださいました。

 

しかし、海外旅行に行ってから、毎日鬼のように電話がかかってきました。

事前に伝えていたのにもかかわらず、些細なことでも、いつものように何かあればすぐに電話。

東南アジアでマッサージを受けたりもしたのですが、その最中に電話が鳴り続けていたことも、いまだに思い出します。

結局、旅行中も仕事です。

彼女が寝て、朝2時ごろから朝食まで5時間ぶっ通しで作業をしたりと、全くリラックスできず。

旅行中仕事のことが常に頭にあって、ずっと嫌な気持ちでした。

 

ようやく休みを取って、数日行けた海外旅行だったのですが、僕の中では悪夢のひとつ。

今でも、”その時の悔しさ、怒り、恐怖などが入り混じった感情”を鮮明に思い出せます。

「あれだけ事前に伝えたのに、なぜこちらの状況気にせず、些細なことで電話…?」

「辞められるのであれば、今すぐやめたい…。」

「でも、この案件切れたら、俺は食っていけるのか?やばいだろ…?」

「しょうがない…。理不尽な感じがするけど、今はこの案件やるしかない…。」

結局自分に力がなかっただけだったんです。

 

社会も顧客も上司も悪くない。変わるべきは自分だと思った

なぜ、こんなことになってしまったのか?

「クライアントが悪い…!事前に伝えたのに、さすがに非常識だ…!」

正直、当時はお客様を恨みかけました。

 

ただ、今は、そうは思いません。

悪いのは僕でした。

人それぞれ仕事のやり方はありますし、僕だってもう少し強く言えたはずです。

でも、言えなかった。

嫌なら辞める選択肢だってあった。

ただ、それでも、案件を続けざるを得なかった。

なぜなら、案件を失うことで食えないと思ったから。新たに案件を取る自信もなかったから。

 

結局のところ「辞められる強い自分ではなかった」だけなんです。

悪いのは自分。

東南アジアからの帰りの飛行機で、他人のせいにしたくなるところを、なんとか自責で捉えることができました。

自分が悪いと思えたら、不思議と、開き直れました。

「もっと強くなるしかない。」

「多くの顧客に必要不可欠な存在になり、自分が選ぶ側になる

 

Webマーケティングは「選ばれ、選ぶための」護身術だった

こういう背景と覚悟のもと、僕は狂ったようにWebマーケティングを学びました。

Webマーケティングを死ぬ気で学んだのは、もっと集客力が必要だと感じたからです。

自分が選ぶ側になるためには、まずは選んでいただかないといけません。

最初はブログ運営を中心に独学でマーケティングを学び、同時に何十個のセミナーにも参加しました。

原理原則から学び直し、最初は小さな企業を中心にSEOコンサルティングを行い、徐々に中堅〜大手企業ともお仕事できるようになりました。

本気でWebマーケティングを学び、Webマーケターに転身できたことで、自分の市場価値の高まりを、明確に感じることができたんです。

 

Webマーケティングは、クライアント様に利益貢献する最強のスキル。

だからこそ、クライアント様に評価していただけるし、無くてはならない存在になることもできる。

結果として、仕事の選択権も徐々に増えていきました。

イヤイヤ仕事をするみたいなことも、なくなりました。

Webマーケティングスキルを学んだことで、自分自身に圧倒的な自信が生まれたんです。

僕にとって、Webマーケティングは護身術みたいなものでした。

 

また、Webマーケターとして1年半ほど経験を積んだ後だったと思いますが、僕はとある活動を始めました。

YouTubeを始めたんです。

Webマーケターの働き方や考え方、勉強方法を話すチャンネルです。

このチャンネルを始めたのは、より多くの人に、Webマーケティングの可能性をもっと伝えたかったからです。

過去の僕もそうだったように、実は、Webマーケター以外の人こそマーケティングを学ぶことで、集客力が付き本業でも活躍できます。

それに、今の時代、ブログ、SNS、YouTubeなど、ほぼ無料でWebマーケティングを学び、実践することもできます。

誰もが広告収入を得たり、複業やフリーランスとして、稼ぐこともできます。

Webマーケティングを個人で学ぶ土台って、実はかなり整っているんです。

「こんなの需要がないわけないだろ」と思いました。

 

僕の熱量は半端なく200本超の動画を公開しました。

結果、チャンネル登録者も1万人を超えました。

「Webマーケティングを頑張ろう!」っていう人は、かなり増えた気がします。

(ちなみに、登録者1万人はそんなに大きい数字ではありませんが、マーケティングチャンネルでは上位何名かには入っています!)

 

Withマーケのコンセプトに繋がった、業界への課題意識

ただ、YouTubeではマーケティングの濃すぎる情報には、あまり需要がないとわかりました。

YouTubeはやはりエンタメ媒体。

実務的すぎる話はウケが悪かったのです。

(↓話したいことほど、伸びなかった。)

  • マーケティング戦略やマインド
  • 記事順位を上げる細かな知識
  • Webマーケターとして案件を取る方法論
  • コンサルティング案件はどう進めるか? など。

 

ただ、自分がゼロからWebマーケターになり、多くの案件を頂けるようになった方法や、案件の進め方は絶対に価値がある。

これを、語らないのはもったいない。

そこで思いついた事業が、Webマーケティングスクールです。

Webマーケティングの専門的な話は、スクールを作って話そう!

 

で、他のスクールの競合分析とかしたわけですが、ある傾向に気がつきました。

当時(そして今も)、多くのスクールは「会社員Webマーケター志望者」への就職・転職目的での広告運用のカリキュラムでした。

僕の考えるWebマーケティング教育事業とは、コンセプトが違い、出口は人材派遣。

カリキュラムは、マーケティングと言うよりかは、広告運用。

スクールによって色はあるとは思うものの、ほぼ上記に当てはまっていたように思えます。

 

ただ、僕は全然違うことがやりたかったんです。

全然違う想いがありました。

「Webマーケター就職志望者以外にこそ、マーケティングを届けたい」

実際YouTubeの視聴者さんも、Web制作・ライター・デザイナーさんなど含め、他職種にウケが良かったようにも思えます。

こうして、コンセプトは決まりました。

「マーケティングと何かを掛け合わせ(つまりWith)、人生をよくする」

Withマーケという名前には、こういう意味がありました。

 

また、Withマーケは月額会員制のスクールにしていますが、これも意味があります。

当時(今も)一般的なWebマーケティングスクールといえば、40〜60万くらいの超高額が普通。

ハードルが高すぎると感じました。

それに「たった2ヶ月で卒業50万円!」みたいな感じでは、マーケティングスキルは身につかないのでは?というのが、僕の本音でした。

Webマーケティングは、最低でも1年学ばないとマーケターと言えるレベルにはなれず、マーケターになった後も勉強の連続というのが、僕の認識です。

だから、継続的に学べるよう、月額会員制にしました。

よく「安すぎる」と言われますが、何を言われたとしても、この理念と想いは変わることはありません。

 

Withマーケリリース!初日の悲劇からたった4ヶ月で500名達成!

そして、合計6ヶ月もの時間、動画を約100本撮影し、会員サイトを作り、、、

2020年12月13日リリース!

初日は、僕のYouTubeやTwitterから1,000以上のアクセスがありました!

そして、初日の入会者数は….。

 

なんと、1人笑。

いや、笑えない。全然笑えなかったです。

絶対需要あるとおもったのに。

深く落ち込みました。

ふてくされながら、寝ました。

 

しかし、翌日3人入り、次の日は5人入り…

口コミが生まれて、また増えて…。

リリースした初月に100名。

 

そして、良い口コミのおかげで、たった4ヶ月で500名まで有料会員数が増えました。

周囲からは「上手くいっているな〜」と感じられてたと思います。

しかし、僕の中では、全然うまく行っていませんでした。

会員数が増えるのは嬉しかったですが、Webマーケティング教育において致命的な問題を抱えていたのです。

 

【思いがけない苦悩】顧客に言われた衝撃的な一言

致命的な問題は、会員さんとの、とある会話で気がつきました。

Withマーケでは、定期的に交流会やオフ会などもやるのですが、僕自身も、会員さんと話すことがあります。

で、みな僕の前では、気を遣って「Withマーケ最高です〜!」みたく言ってくれます。

 

ただ、その会員さん方は、何も行動していないことが結構多かったんです。

動画講義自体には満足しているけど、会員さんの行動に繋がっていない。

衝撃的だったのは「Webマーケティングの知識はついたんですが、何をやればいいかわからないんですよね…」という、言葉でした。

そして、他の会員さんも「何をやればいいか迷う…」みたいなことを仰ってくれました。

 

これは、僕自身が予想もできてなかったことです。

「講義で学習方法も話しているつもりだったけど、でも、伝わっていない…?」

 

多くの会員さんが迷っているならば、それが事実です。

「学習や取るべきアクションを迷わせてしまっている…。」

よく考えると、Webマーケティングは幅広いんです。

自分に合うものをやってくださいと言っても、ブログ、Twitter、Instagram、いろいろあって迷う。

特に、本当にゼロからWeb職種に取り組もうとしている方は、迷っても仕方ありません。

ある程度、ロードマップ化した方がよかったのは、言うまでもありません。

 

また、

「質問をどこからしていいかわからない。」

「Facebookグループだと通知が来ない…。」

 

これは、根本的な改善が必要だと、気づきました。

動画も作り直しだし、会員サイトも今のままじゃダメ。

「まだリリースして6ヶ月なのに、もうリニューアルか…。」

全部を作り直すと、とんでもなく時間がかかると感じ、正直絶望しました。

 

でも、長期的に「Withマーケがマーケティング学習者」の拠り所になるためには、フルリニューアルは必要不可欠でした。

お金も時間もかかってもいい。やるしかない。

覚悟は固まりました。

 

8ヶ月もの期間、フルリニューアルを断行。

ただ、フルリニューアルはかなりの労力がかかりました。

リニューアル中は、前述した課題もあり多くの会員さんが退会されましたし、現会員さんを待たせるのもすごい心苦しいものでした。

 

しかし、僕はなんとしても形にしたかったんです。

「他職種の人でもマーケティングを学び、自分の人生を豊かにする人を増やしたい」

1日たりとも心の炎は消えず、8ヶ月間フルリニューアル作業を行いました。

具体的には、

  • 動画コンテンツは一新(合計300本動画を制作)
    (SEO、Webマーケ基礎/戦略、Instagram、Twitter、Web広告、自作商品など)
  • 迷わせない目的別のロードマップ
    (独立、副業収入UP、就職/転職、自作商品販売)
  • すぐにジャンル別に相談できる質問機能
    (各ジャンルの講師に直接質問可能で、他者の質問も閲覧可能)

など。

 

大変だったのは自分だけではありません。

各ジャンルの講師さん、エンジニアさん、デザイナーさん、動画編集者さん、毎日一緒に頑張ってくれた役員、アシスタント。

多くの人に協力してもらい、Withマーケは完全に生まれ変わりました。

>>Withマーケ会員サイトはこちらの動画で見られます(5分)

 

そして、Withマーケは、現在進行形でさらに成長しています。

会員さんが見放題の動画講義は、毎月10〜20本追加していますし、勉強会・交流会も頻繁に行っています。

また、会員サイトも日々アップデートしています。

例えば、最近導入したのが、弊社役員のアイディアから生まれた「ポイント機能」。

ポイント機能は、行動した人、成果を出した人に、ポイントがもらえるという制度で、

ポイントを使って、記事添削やアカウント添削などのサービスを受けることができます。

このような、学習意欲につながる面白い仕組みも、日々考えています。

また、企業と提携し、案件獲得〜就職/転職などの出口も、どんどん強くなっています。

 

Withマーケは、会員さんのフィードバックやメンバーの力のおかげで、講義やサービスを急ペースで充実させることができています。

 

僕らが大切にしているWebマーケティング学習スタイル

最後に、Withマーケで大事にしている、Webマーケティング学習スタイルを書いておきます。

僕らwithマーケ講師陣は一貫して、こう考えています。

Webマーケティングは学習は、”実践が命”。

 

具体的には、以下のような実践を通して、Webマーケティングを学んでもらっています。

  • 自分のブログとSNSを運用する
  • ブログとSNSで売るものを決める
    (広告商品や、自分自身のスキルなど。)
  • マーケティング視点で、集客戦略を考える
  • アクセスを集める
  • アクセスをお金に変える(商品販売)

 

マーケティングは、商売です。

集客→価値訴求→セールスと、一連の流れが詰まっています。

ということは、商売全体を経験しなければ、マーケティングは血肉にならないわけです。

そのため、Withマーケは「実際に稼ぎながらWebマーケティングを学ぶ」というカリキュラムになっているのです。

 

実践なしに、Webマーケティングスキルは身につかないと断言します。

実際に一連のWebマーケティング活動を経験しないと「顧客の利益に貢献する」「案件獲得ができる」など、実務レベルにはなれません。

ただ、マーケティング知識を学ぶ、メモする、みたいなことやっていても、意味がありません。学んだ気になって終わりです。

 

逆に、自分のメディアを実際に運用し、「アクセスを集める」「アクセスをお金に変える」などの、実戦経験があれば、あなたは、個人でも企業でも活躍できます。

僕がWithマーケを立ち上げた際の理念でもありますが、

実践を通して、買ってもらう力・稼ぐ力(≒マーケティング力)が付くからこそ、「市場において強い個人」になれるのです。

 

Withマーケはこれからも成長を遂げます

まだまだ話したいことはたくさんありますが、今日はこのくらいにしておきます。

続きは、Withマーケの中で、そして、実際に皆さんとお会いした際にでも、お話しさせてください。

 

最後にお礼と、今後お会いする可能性のある”あなた”へ抱負を述べます。

色々ありながらも、ここまで来れたのは、ずっと見守ってくれた会員さん、メンバーのおかげです。

Withマーケ会員さんも成果を出す方がかなり増え、「Webマーケティングで人生が豊かになる人」をどんどん増やせている気がします。

運営陣も増え、以前僕一人ではできなかったようなことも、最近はできるようになりました。

 

だからこそ、Withマーケは会員様のご要望があれば、すぐに変化できます。

講座の追加、機能の追加、イベントや勉強会の実施など。

会員さんの皆さんと一緒に、僕ら運営陣、Withマーケも成長することを約束します。

一緒に成長していく、あなたのご参加も待っています!

 

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です