月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

【全て暴露】YouTubeコンサルの仕事内容・相場やおすすめ会社

 

YouTubeコンサルの具体的内容や、費用を知りたい。」

成果が出せるコンサルの、見極めポイントを知りたい。」

YouTube集客に興味を持ち、コンサルティング依頼を検討している事業主が増えるとともに、”YouTubeコンサル”と名乗る人も増えている。

しかし、YouTubeコンサルが「実際何をしてくれるのか?」不透明な部分は多い

また、本気でコンサル依頼を検討している方にとって、コンサルの相場価格などは気になるところであろう。

 

そこで、本記事では、複数企業のYouTubeコンサルティングを行いつつ、実際に登録者1万人弱のビジネスYouTubeチャンネルを運営している私が、

YouTubeコンサルの内容を全て話す

ここまで”コンサルの裏側を暴露している記事は本記事以外にはない”ため、ぜひ最後までお読みいただきたい。

イケベ
YouTube集客の良いところは数千人登録でも、数億規模の売り上げ可能性があることです!

 

そもそもYouTube集客は、なぜ注目されているのか?

YouTubeコンサルの内容を語っていく前に「そもそもなぜYouTube集客が注目されているのか?」を簡単にお話ししておく。

最初にお伝えしておくが、YouTube集客は、最も訴求効果の高いWEBマーケティング集客手法である。

WEBマーケティングの手法といえば、SNS、オウンドメディア(ブログ)、WEB広告など、様々な方法があるが、

YouTubeの破壊力は最強である」と言える。

なぜなら、テキストと比べ、動画が伝えられる情報量は、圧倒的に多いからだ。

あなたにも経験がおありだと思うが、文章で商品の魅力を伝えられるのに比べ、動画で商品訴求された方が、心が動くと思う。

実際、弊社含め、YouTube活用によって集客に成功し、数千〜数億円規模の売り上げUPを達成している企業が、近年増えている

 

また、ファンを作る上でも、YouTubeの効果は計り知れない

テキストで個性を伝えるのはかなり難しいが、動画を使うことで、演者の魅力や感情を存分に伝えることができる。

そのため、YouTubeの成約率は非常に高い。仮に登録者が数千人でも、数千万円〜数億円規模の売り上げが見込めるのである。

弊社でも、マーケティング分野でYouTubeチャンネルを運営しているが、登録者8,000人に対し、数十社を超えるWEBコンサルティング依頼が来たり、自社サービスが売れたりもしている。

 

YouTubeコンサルって本当に必要なのか?

ここまで、YouTube集客の威力についてお話ししてきたが、こんな疑問は沸かないだろうか?

 

「YouTubeコンサルってお金を払ってでも、雇う必要はあるの?」

全部自分でできるんじゃない?

ともっち
私がYouTubeを始めた時も、同じことを思っていました。

 

実体験:自己流でYouTubeチャンネルを運営した結果

当時の私は「自分がWEBマーケター(SEO)のプロである」という自覚を持っていたが故に、お金を払ってコンサルを依頼する意味がよくわからなかった

「WEBマーケの原理原則を抑えれば、YouTubeも上手くいくだろう!」と思っていたのだ。

 

そのため、自己流でYouTubeチャンネルを立ち上げ、ネタを考え、動画を撮影したりしていた。

動画も気合で60本撮影した。本などを参考に、それなりに頑張ったつもりではある。

しかし、一向に成果が出てこなかった。

終いには、YouTube広告を100万円使って、チャンネルを伸ばそうとしてみたが、悪質なチャンネル登録ばかりが増え、チャンネルは崩壊した。

そこで、はっきり気付いた。

「YouTubeは、Google集客(SEO集客)とは全然違う…」

YouTubeには独特のアルゴリズムや特徴があるため、いくらWEBマーケターとして働いている私でも、自己流では厳しかったのである。

 

その後、ようやく、知り合いのYouTubeコンサルタントに相談した。

そして、ゼロからチャンネルを作り直し、再度動画を上げ続けたところ、うまくいったのである。

 

コンサルの力を借りることで、結果節約になる

そのため、経験のない方が、自己流でやるのはかなり難しく、無料で拾える有益な情報もそう多くはない

それに、SNSなどの媒体に比べ、時間も労力も費用もかかる。

だからこそ、成果を出している経験者(コンサル)に頼った方が、結果的に時間もお金も、節約できるというのが、私の意見である。

池邊
もちろん、まずは小さく自分で初めて、早めに難しさを体感するのはありです!

ただ、「実際にYouTubeコンサルが何をしてくれるのか?」を知らずに、依頼するのは嫌であろう。

YouTubeコンサルの具体的なサポート内容を5STEPでお伝えしていく。

 

【何してくれる?】YouTubeコンサルの具体的仕事内容

この章では、現役YouTuberかつコンサルタントである私が、YouTube集客を成功させるための全過程をお話しする。

ただ、専門用語は使わないので、初心者でも安心して付いてきて欲しい。

ともっち
実際のコンサルもこれからお話しする流れで行うため、貴社チャンネル運営の参考にされてください!

 

STEP1.まず目的を明確にする

まず、YouTube運営の目的を明確にするべきだ。

というのも、ほとんどの事業主は集客や売り上げUPを目的として、YouTubeを始めるのにもかかわらず、

動画再生数やチャンネル登録者ばかりに気を取られてしまうことが、よくあるからだ。

これは強調しておくが、ただ闇雲に再生数や登録者を増やしても、意味がないのである。

10万人のチャンネル登録者がいたとしても、商品やサービスに繋がるような見込み顧客がいなければ、集客や売り上げには繋がらない。

一方、たった1,000人の登録者でも、特定の目的を持った濃い見込み顧客が集まっていれば、数千万円〜の売り上げは十分に見込める。

池邊
弊社の場合も、登録者800人時点で、コンサルティング依頼が月に2〜3件は来ており、YouTube経由だけで月商100〜200万円になっていました。

 

STEP2.参入市場の競合チャンネルをリサーチする

続いて、参入する市場の”競合チャンネル”を分析していく

例えば、弊社が運営しているチャンネルは”WEBマーケティング学習市場”だが、競合を分析するため、実際に「WEBマーケティング」と検索してみる。

すると、どんな動画がたくさん再生されているのか?がわかってくる。

YouTubeコンサル リサーチ

 

このように、競合チャンネルを複数洗い出し、うまくいっているチャンネルのネタや、戦略をリサーチすることが重要だ。

弊社がクライアント様のコンサルティングをする際にも、参入市場の上位10チャンネルの戦略やネタ、強みなどは徹底的にリサーチしている。

 

STEP3.見込み顧客のニーズを分析する

続いて、見込み顧客のニーズを分析していく。

  • 動画を見てもらいたいユーザー層が、何に困っているのか?
  • 何を欲しているのか?
  • どんな商品を魅力的に感じるのか?
  • どんな言葉をかけてあげると動くのか?

などなど。

徹底的に、見込み顧客のニーズを分析しつつ、ニーズを元に商品販売のための導線を考えていく。

後述するが、YouTubeコンサルは、ただYouTubeを知っているだけではなく、上記のようにマーケティングの全体像を理解することが求められる。

 

例えば、弊社チャンネルの見込み顧客は、WEBマーケティング学習に悩んでいる。

具体的には、以下のような悩みだ。

  • そもそもWEBマーケティングって何を指すのか?
  • 稼げる職種なのか?向いているのはどういう人か?

 

その後、悩みはさらに深掘りされていく。

  • 独学で学ぶにはどうすればいいのか?
  • 何から最初に学ぶべきか?

などなど。

弊社チャンネルはこうした視聴者の悩みに寄り添い、動画で解決策を提示し、その上でさらに学びたい方には、月額制WEBマーケティングスクール「Withマーケ」の入会を促している。

池邊
弊スクールはYouTube集客のおかげで、たった6ヶ月で500名の有料会員が集まりました!

ここまでのSTEP1〜3で、市場リサーチのほとんどが終わるが、コンサルティング時には最初の10日〜3週間をリサーチ期間としていただいている。その後、ようやく撮影に入っていく。

 

STEP4.ネタを10個決めて、撮影〜編集〜公開。

次のステップは、集客から逆算した動画ネタの選定だ。

STEP3で洗い出したユーザーニーズを踏まえた上で、ネタを決定していく。

コンサル時には、クライアント様の強みを生かした”オリジナルネタ”も考えてはいくが、基本は競合チャンネルが企画し伸びたネタを参考にしていくことになる。

もちろん、丸パクリは絶対にしないが、他チャンネルが伸びたエッセンスは盗まさせてもらう。

例えば、WEBマーケティング学習のジャンルであれば「独学の仕方」というニーズは非常に大きい。そのため、弊社のチャンネルにおいても、同他チャンネル企画を参考にし、ネタを考えていった。

ちなみに、最初は10個のネタを考えれば十分だ。10個全力でネタを考え、まずは公開してみて、その後のネタを考えていく。

 

なお、最初の撮影は、ネタが10個決まった後、コンサル開始後3週間ほどで始まることが多い。

多くの場合は、弊社が指定した撮影環境や機材を使っていただき(合計5万円ほど)、撮影はクライアント様や従業員様にやっていただく。

その上で、弊社で編集〜動画公開までを承る(希望があればクライアント様に編集をしていただく)。

撮影から編集までは、1週間をイメージしてもらえるといい

 

STEP5.分析〜改善をし続ける

その後は、週1〜2本ペースで動画を公開していき、分析〜改善を続けることになる。

コンサルティング時には最低月1回ほどレポートを作成し、クライアント様に提出をするが、主に下記を意識する。

  • サムネイルはしっかりクリックされているか?
  • 視聴者は最後まで動画を見終えたのか?
  • どこから動画が視聴されているか?

チャンネルの数字を分析しつつ、一つ一つ改善をしていくことになる。

以上が、実際のコンサルティング内容であり、弊社に限らず多くの個人や企業が、上記の流れを抑えたコンサルティングをしているはずである。

 

Youtubeコンサルティングの費用相場

 

実際にYouTubeのコンサルティングを依頼すると、費用相場はどれくらいになるのか。

私自身YouTubeコンサルを受けたことがあるのと、知り合い企業もYouTubeコンサルをやっているので、かなり正確な費用をお伝えできるかと思う。

費用相場と弊社(グロースバリュ)の金額を比較した表が以下になる。

下記の通り、YouTube運営にかかるコストは、コンサルティング費用+動画制作費用の合計になる。

費用相場 グロースバリュ
コンサルティング費用 月20〜50万円 月25万円
動画制作費用 1本あたり1.5万円〜5万円 1本あたり2〜3万円
動画制作(月5本の場合)
+コンサルティング費用
月30〜80万円 月35〜50万円


コンサルティング費用自体は月20〜50万円前後。

それに動画制作の代行が加わると月40〜60万円前後が相場となる。

弊社の場合、動画制作代行を行わない場合のコンサルティング最安価格は月25万円となるが、

おそらく、月20万円を下回るような安い価格だと、良いコンサルタントを見つけることは難しい。

 

なぜなら、リアルな話にはなるが、優秀なコンサルタントほど”自分が発揮できる価値”も”単価も高い”ことを理解しているし、仕事には困っていないからである。

なので、予算に余裕がなかったりする場合は、「無理にコンサルに依頼しない方がいいだろう」といのが私の意見だ。

しかし、安くて良いコンサルタントが見つかる可能性もあるし、まずは相談しなければ何もわからないのもまた事実である。

そのため、まず、見積もりを取ったり無料相談をすることは、おすすめだ。

 

YouTubeコンサルは個人と会社どちらがおすすめ?

YouTubeコンサルを依頼する際、選択肢は複数ある。

今回は、大手企業、中小企業、YouTuber、フリーランスに分け、それぞれに依頼するメリットやデメリットについて整理していく。

メリット デメリット
大手企業
  • 実績があるため安心感がある
  • 過去の膨大なデータを元に相談に乗ってくれる
  • 費用が高い
  • 主にマニュアル通りの対応のため新人が担当する場合がある
中小企業
  • オーダーメイド型のプランを作成してくれる
  • 顧客の目標達成に向けて熱心に対応してくれやすい
  • 少数のため1人あたりの仕事量が多い
  • 大手よりも過去の実績は少ない
YouTuber
  • チャンネルを伸ばす過程でYouTubeのアルゴリズムに詳しい
  • 現場の専門家から具体的なアドバイスがもらえる
  • 法人チャンネルとして運用した実績がない人が多い
  • 個人で商品やサービスを扱った経験がない人もいる
フリーランス
  • 個人で実績のある人に依頼可能
  • 仕事内容は融通が効きやすい
  • 個人のため過去実績が企業より少ない
  • 個人に依頼する際の判断材料が少ない

 

上記、メリット・デメリットを把握した上で、YouTubeコンサルの依頼先を選ぶべきだ。

ちなみに、簡潔にまとめると、以下のようになる

  • 費用が高くても信用重視
    →大手企業
  • 全体的に柔軟に対応して欲しい
    →中小企業
  • 個人でYouTubeを始めたい
    →YouTuber
  • 費用を抑えて発注したい
    →フリーランス

私の意見としては、個人であれば個人YouTuberにお願いするのが良いと考えている。特に、自分とジャンルの近いYouTuberのコンサルをおすすめしたい。

また、企業の場合は中小企業のコンサルを受けることをおすすめしたい。特に、自社のYouTubeチャンネルを成功させつつも、クライアント様を成功させている中小企業がおすすめだ。

自社・クライアントチャンネルの両方を成功させている企業の方が、多数のノウハウを抱えていることも多く、

チャンネル運用の苦しみもよく理解しているため、親身になって対応してくれることが多い。

 

YouTubeコンサルティングを依頼できる会社

YouTubeコンサルティングを依頼できる会社も3社紹介しておく。

ぜひ、見積もりや無料相談をしてみて欲しい。

1.株式会社フロンティアチャンネル

まずは、株式会社フロンティアチャンネル

YouTuberの動画を多く担当した実績あり。

エンターテイメント系の動画編集が得意。動画制作意外にもLPやバナーなども作りたい方におすすめ。

 

2.株式会社ロックハーツ

続いて、株式会社ロックハーツ

企業向けの広告型YouTubeチャンネルの運用代行に強い。幅広いジャンルの動画に対応している特徴あり。動画の制作から運用まで全てサポートして欲しい方におすすめ。

 

3.株式会社グロースバリュ

株式会社グロースバリュは、筆者である私が代表を務める会社だ。

私たちの強みは、少ない登録者や再生数であっても集客につなげられるという、WEBマーケティング全体のサポートが強い点だ。

コンサルティング費用は、月25万円〜と特別安いわけではないが、YouTubeに留まらない集客全体のコンサルをすることができる。

 

良いYouTubeコンサルを見極める3つのポイント

最後。「期待していたのと全然違う…」となるのを避けられるよう、YouTubeコンサルを依頼する際の注意点を3つだけ書いておく。

下記3つには注意だ。

  1. 自らYouTubeチャンネルを運用しているか確かめる
  2. 誰が担当してくれるのかを把握する
  3. WEBマーケティングスキルを確かめる

 

1.自らYouTubeチャンネルを運用しているか確かめる

コンサルティング企業によっては、自社でYouTubeチャンネルを運用していないケースが多々あるが、

こういった自社内(あるいは個人)でYouTubeチャンネルを運用していない、コンサルタントが信頼に足るかは正直微妙である。

なぜなら、YouTubeは自らチャンネルを伸ばした経験がないと、人にコンサルティングできるレベルにはならないからだ。

それに、YouTube集客に効果があるとわかっているのであれば、自社でYouTubeを使いこなせていないのは少しおかしい。

 

そのため、コンサルを依頼するのであれば、自社(あるいは自分)においても、YouTube集客を成功させている組織を選んだ方がいい。

よくカタカナ語を並べるような、専門知識だけ持っているコンサルタントがいるが、彼らが実際に質の高いコンサルティングをできるかは謎だ。

 

2.誰が担当してくれるのかを把握する

もし、コンサルティングを企業に依頼するのであれば、企業名だけで判断してはいけない。

というのも、同じ企業であっても、実際誰がコンサルティングをしてくれるのか?によって、コンサルの実力は全然異なるからだ。

担当者によってレベルは全然違うし、成果が大きく変わってくるだろう。

そういった観点からすると、担当者の実績が確実な、個人や中小企業の方がおすすめかもしれない。

 

3.WEBマーケティングスキルがあるかを確かめる

最後に、コンサル側にWEBマーケティングスキルがあるかも確かめておいた方がいいだろう。

なぜなら、YouTube運用では、ただチャンネルを伸ばしたり、再生回数を増やしたりしていても、売り上げには結びつかないからだ。

本記事の前半「【全て暴露】YouTubeコンサルの具体的仕事内容」でも述べたが、WEBマーケティングの全体像をしっかりと理解した上で、

YouTubeを活用できるコンサルタントが望ましい。

 

ぜひ、弊社に一度ご相談ください

本記事は、実体験に基づく濃い情報をかなり盛り込んだつもりである。

結果として、長文にはなってしまったが、少しでもあなたのYouTube運用のお役に立てると嬉しい。

また、YouTubeコンサルティングを本気でお探しの方は、ぜひ一度弊社にご相談をして欲しい

無料で運用のアドバイスをさせてもらいつつ、もしご希望であれば、一緒にお仕事ができると嬉しく思う。

池邊
集客貢献できないならば、案件を受注する意味がないため、依頼をお断りするケースもございます。しかし、クライアント様の集客目標に応える自信が弊社にはあります。