【簡単10秒】副業で稼ぐには〇〇だけ知ってればOK

Webライターはきつい仕事であると断言できる7つの根拠とそれでも挑戦する価値がある理由

 

Webライターを目指してみたものの、結構難しい。

実際Webライターって結構きつい仕事なのでは・・?

このように、ライターになりたい!と一念発起してみたものの、なかなか思うように軌道に乗らないという方はきっと多いはずです。

タテイシリョウ
本記事を担当しているタテイシです。

Webライターになって稼ぎたい!と考える方はかなり増えてきていますね。

ですが、実際Webライターは結構きつい仕事なので、その辺りを理解しておく必要があります。

今回の記事では、Webライターになりたいとお考えの方、もしくはすでにWebライターとしてのキャリアをスタートさせている方に向けて、

  • Webライターの何がきついのか
  • それでもWebライターを目指す価値がなぜあると言えるのか

などについて解説します。

Webライターについては誤解されている部分もたくさんあるので、これを機に正しく理解していきましょう!

世間の持つWebライターのイメージ

タテイシリョウ
Webライターがきつい仕事であるということはあまり知られていません。

なぜなら、多くの人たちが「ライター」という仕事に対して間違った理解をしてしまっているからです。

ここでは、世間一般の人たちが「Webライター」に対して抱いているイメージについて解説します。

リモートワークできるから楽そう

「Webライターって、リモートワークできるし、在宅とか旅行先で仕事ができるから楽そうだよね」

というように、「場所を選ばない仕事=自由=楽」と考える人は本当に多い印象です。

確かに、在宅の仕事なら毎日通勤する必要さえないので、会社勤めの人からすればその点が「楽そう」なのかもしれません。

https://twitter.com/hasumi54067029/status/1533070862664212480?s=21&t=w16Ou1aT_U802el_vLnsYA

タテイシリョウ
Webライターと聞くと、時間や場所に縛られることのない自由なゆるい仕事、というイメージを頭に思い描く人がかなり多いということですね。

特別なスキル不要で誰にでもできそう

プログラミングやWebデザイナーなどと異なり、Webライターは文章を書く仕事ですから、特別なスキルは確かに不要です。

そのため、「何のスキルがなくても誰にでも始められる、ハードルが低そうな仕事」と思われてしまいやすいのもWebライターです。

誰かの職業を尋ねたときに、「システムエンジニアです」と言われれば、「よくわからないけど、きっと難しい仕事だろうしすごいなぁ」と思う人は多いですよね。

これがもし、「Webライターです」と言われれば、「ふぅん」という程度のリアクション。

要は、Webライターの仕事自体がそれほど難しいものではなく、なんとなく誰にでもできそうなイメージを持っている人が世間にはかなり多いということです。

タテイシリョウ
「誰にでもスキルなしに始められる」というのは間違っていませんが、Webライターで生計を立てるとなると、スキルも努力も必要なんですけどね。

あまり稼げないイメージ

「大して働いてなさそう、あまり稼げていなさそう」と思われやすいのもWebライターの特徴です。

「稼ぎにくい仕事」という部分はある意味正しいのですが、「Webライターでは成功できない、せいぜい月10万円20万円くらいだろう」と思われることも多いので、それは間違っていますね。

何にしても、Webライターと聞いて「すごい!きっとすごく稼いでいるんだろうな!」と思われることはまずありません。

タテイシリョウ
稼げないライターは世の中にたくさんいるので、「ライター=稼げない」と思われるのも納得ですね。

ただ、本当は月に50万、100万以上稼ぐWebライターもいますので、稼げないなんてことはありません。

Webライターは本当はきつい仕事である7つの根拠

冒頭でお伝えした通り、Webライターの仕事はきついです。

何がきついかというと、

  • 稼げるようになるまでがきつい
  • 頑張っても稼げなくてきつい
  • ストレスがそれなりに多くてきつい
  • 自己管理が難しくてきつい

など、きつさにもいろいろなものがあります。

ここでは、あらためて「Webライターの仕事はなぜきついのか」に注目し、きつい要素を7つ挙げて解説していきましょう。

1.激安案件が多く稼げない

仕事がきついと感じるとき、その多くは「きつさに見合った報酬が得られていない」状況に陥っています。

Webライターがきついのも同じことで、初めのうちは下手すれば文字単価・記事単価が安過ぎて書いても書いても稼げません

初心者ライターの多くはクラウドソーシングで案件を探しますが、2000文字20記事報酬2,000円(1記事100円文字単価0.05円)』などという度を超えた激安案件も少なくありません。

 

【案件内容】
・20記事執筆完了時に報酬2,000円の支払い
※すべての記事の納品完了後のお支払い予定
・1記事あたり納期は3日(ご相談により納期の調整可能)

引用:クラウドワークス

上記は文字単価0.05円の例です。

このような0.1円以下の案件は山ほど見つかりますが、こんな低単価案件をいくら要領良くこなしたところで、月3万円くらいしか稼げませんからね。

稼げなくてきつい、という点はWebライターがきつい仕事である根拠のもっとも大きな部分だと言えます。

2.クライアントに振り回されて精神的に疲弊

Webライターは決して気楽な仕事ではありません。

ライティングの仕事は基本「クライアントワーク」となるため、自分一人でペースを決めて好きなときに書いて好きなときに提出するというフローにはなりません。

クライアントの希望する期日に間に合うように一つ一つの案件をこなします。

結局は「人とのコミュニケーションが多く発生する仕事」なので、クライアントとの相性が悪ければ毎日の仕事はストレスの多いものになってしまいます。

このあたりは会社員と特に変わりはありません。

中には、「Webライターを下に見ている発注者」も多くいるため、フリーランスで独立してもなお、「人に良いように使われている」ようなストレスから離れられないと感じているライターもいます。

精神的にもまあまあきついのがWebライターの仕事の特徴でもありますね。

3.納期に追われスケジュール管理が難しい

Webライターは確かにどこでも働けますが、その分スケジュール管理が難しい仕事です。

全ての案件の納期を自分の好きなように設定できれば楽ですが、特に駆け出しのころはそんな状況とは程遠く、「あれもこれも一気に納期が重なってきつい!」という状況がほとんど。

一般的な会社員のように週休2日を確保することも難しくなり、気づけばいつでも仕事ばかりしているWebライターは相当多いです。

4.孤独感を強く感じる

Webライターの仕事は孤独との戦いです。

毎日仕事中は特に人と話すこともなく、人の顔を見ることもありません。

オンラインのミーティングくらいしか、「人と一緒に仕事をしている」ことを実感できない点はWebライターのきついところですね。

仕事がうまくいっても、ミスをして落ち込んでも、自分を褒めたり慰めたりするのは自分自身。

Webライターとして長く活躍するのなら、メンタルの強さが求められるのは確かです。

5.稼げるようになる保証がない

Webライターの仕事だけで生計を立てる、もしくは大きく稼ぐことを目標とする場合、その目標に達することができるかどうかはあなた次第。

もっと言えば、このままきつい仕事を継続したところで、一向に稼げるようにならない可能性もあります。

人間、「確実なゴール」があれば多少の困難は乗り越えられますが、不確かなままだとモチベーションを保つだけでも大変です。

特に、初めから独学でライターの仕事を始め、アドバイスを求める先輩やメンターがいないライターにとっては、この点がとてもつらく感じてしまうものです。

6.キャリアアップの道が見えにくい

Webライターで仮にそこそこ稼げるようになったとして、その先の目標やキャリアアップの道筋が見えずに悩むのもライターという仕事のきついところですね。

ライターで稼ぐのなら、今後も記事をひたすら書き続けなくてはなりません。

大きく単価を上げ、少ない記事数で大きく稼ぐことはある程度可能ですが、その先は?と考えたときに行き詰まってしまいやすいのは中級・上級レベルのWebライターの悩み。

先の見えない長いトンネルをひたすら一人で進み続ける感覚に、疲れてしまうライターもたくさんいます。

7.高い自己管理能力が求められる

Webライターのほとんどは在宅で仕事をしていますが、そこにはかなり高い自己管理能力が求められます。

極端に言えば「いつまででも寝ていられる」、「休みたいときに休むことができる」という状況の中で、毎日こつこつと記事を書き続けるというのは、想像以上に難しいこと。

どうしても気乗りがせずパソコンが開けない、納期が迫っているのに全く集中できない、という状況を乗り越えながらキャリアを積んでいくのは容易なことではありません。

Webライターとして安定収入を得るメリット

タテイシリョウ
ここまでで、Webライターの仕事がなぜきついのかについては十分理解できたことと思います。

しかし、Webライターの仕事には大きなメリットがあり、きついだけではないのも事実。

ここからは、それでもやっぱりWebライターを目指す価値がある理由についてお伝えしていきます。

パソコンとネット環境さえあれば稼げる

Web系の仕事で稼ぐことを考えると、まず何かしらのスキルが必須だったり、実績を積む必要があったりと、スタートまでに準備が必要なケースがほとんどです。

ですが、Webライターの仕事は極端に言えば今から、まさにこの瞬間から始めることが可能です。

Webライターにもスキルはもちろん必要ですが、ライターの仕事を始めるにあたり必要な条件や実績はありません。

必要なのはパソコンとネット環境だけ!

この点はWebライターの大きな魅力と言えますね。

どこにいても稼げる

旅行が好きな人や、逆に家から出にくい状況にある人(育児・介護など)にとっては、どこにいても稼げるWebライターの仕事はものすごく魅力的に見えるでしょう。

どこにいても稼げるのは、Webライターの強みです。

例えば、月に10万くらいは稼ぎたいけれど、親の介護のため自由な時間が取れない、という方にとっては、介護の片手間で収入を得られるWebライターの仕事がぴったりです。

何かしらの事情で「勤めに出たくない」人なら、Webライターを検討する価値が大いにあります。

スケジュールを自分の好きなように決められる

納期こそクライアントに決められてしまいますが、そこから先の仕事の進め方はあなたの独断で決められるのがライティングの仕事の特徴。

例えば、今月は4週目に旅行に出かけたい!とすれば、その前までに全ての案件を完了させるため、休み返上で一気に終わらせる、なんてことも可能です。

普通の会社員や、パート・アルバイトなら、まずこのような働き方はできません。

クライアントに迷惑をかけない範囲で、スケジュールを自由に調整できる点は、Webライターという仕事の嬉しいポイントです。

きついWebライターで成功するためにすべき最も重要なこと

タテイシリョウ
結論、Webライターの仕事はきついですが、それでもメリットが大きいので目指す価値が十分にあるということ。

ですが、いつまでも稼げないとなれば話は別です。

最後にここで、Webライターで成功するためにすべき最も重要なことについてお伝えしておきましょう!

Webライターで稼ぐために必要なのは、「勉強と努力」です。

何事も努力なくして成功はあり得ませんが、Webライターも例外ではありません。

ライティングについては、さまざまなノウハウ本などが出版されていたり、数十万円のライター講座などもでまわっていたりと、学ぶ材料はいくらでもあります。

正しいスキルを身につけて、Webライターとしてガッツリ稼げるようになるためには「勉強」することが必須!

ここでおすすめしたいのが、月額制Webマーケティングスクール『Withマーケです。

タテイシリョウ
スクールと言ってもオンラインなので、自宅で好きな時間に学ぶことができます。

どんなに忙しい方でも絶対に続けられますよ!

ライターに必須のスキルSEOはもちろん、セールスライティングや幅広いWeb知識を学ぶことができる、オンライン学習プラットフォームWithマーケ

オンラインではありますが、講師に不明点について質問できるシステムも整っているなど、徹底的に理解を深めることができる画期的なサービスです。

Withマーケは月額制なので、一度に高額な費用がかかることは一切ありません。

しかも今なら、5日間の無料特別講座に登録いただくことが可能!

この5日間講座で、Withマーケの使い勝手の良さ、コンテンツの豊富さなどをぜひ体感してみてください。

\ライターで稼ぐための必須スキルが身につく!/

5日間の無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

まとめ

Webライターはたしかに楽な仕事ではありません。

きついことが多く、その上稼げるようになるまでに時間がかかることも多いですからね。

ですが、早い段階から正しい知識を身につけ、努力し続ければ必ず安定した収入を稼げるようになります。

Webライターとして成功したい、という方はぜひWithマーケ「稼ぐための力」を養いましょう!

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です