月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

【人生逆転】平凡大学生がWEBマーケティングを学んだ結果

 

大学生の内から、WEBマーケティングを学ぼうとしているあなたは、ラッキーだ。

なぜなら、これからの時代、こんなにも食いっぱぐれのないスキルは他にないからである。

「WEBマーケティング=最強のスキル」であると、自信を持って言いたい。

筆者である私も、ブログ運営をきっかけに、大学4年次に独学でWEBマーケティング学習を始めた。

そして、WEBマーケティングスキルのおかげで、独立を果たし、WEB系ベンチャーを起業するに至った。

本記事では、平凡大学生だった私を一変させた、WEBマーケティングの魅力を存分に伝えたい。

そして、あなたが今後WEBマーケティングを学習するための方法を、専門用語を省き、具体的にお伝えする。

 

平凡大学生の私が、新卒で独立し、経営者になるまでの全過程

まずは、筆者である私の話を少しだけさせて欲しい。

”WEBマーケティングがいかに人生を変えるか?”が伝わるはずである。

 

平凡な大学生がWEBマーケティングと出会ったきっかけ

私は地方で、何もやりたいことのなかった、ごく平凡な大学生だった。

なんとなくバイトをし、なんとなくサークルに参加したりはするものの、熱中できたことは特になかった。

また、大学3年になると周りはインターンへの参加を始めたが、私の場合は、将来特にやりたいこともなく、積極的に行動ができなかった。

それでも、周りと同じように就活をし、一応大手企業から内定をもらうことはできた。

しかし、生涯、会社に縛られてしまうような窮屈さ、そして、特別なスキルを持たないことへの恐怖を感じたのである。

 

そのため、「とりあえず、何か始めなければいけない」と感じ、資格取得やスキル習得の情報を、ネットから収集した。

そんな時に出会ったのが、ブログ運営である。

ブログ運営をすることで、広告収益を稼ぐことができる。

ブログ運営を通して、文章能力、WEBマーケティング力が高まる。

大学4年の夏休みに、こういった内容の記事を見つけたのだ。

当時は、「ブログ運営なんて怪しい…」と思っていたが、この記事が私の人生を一変させた。WEBマーケティングに出会った瞬間である。

 

WEBマーケティングスキルを元に、予想だにしない独立。

その後は、ブログ運営に没頭した。

ブログの内容は、私の就活体験談。大学卒業までのたった半年間で100記事も書いた。

一記事2,000字程度の記事を、100記事も書いたのである。

不思議と、全然きつくなかった。むしろ、楽しかった。大学時代、何にも没頭できなかった私が、ブログ運営には熱くなることができた。

 

最初こそ、文章を書くのは難しかったし、アクセスはずっとゼロだったが、徐々に書くことに慣れていった。

そして、アクセスも増えていき、ブログ開始3ヶ月で初めての広告収益も発生した。

ブログ開始6ヶ月後には、月間5,000人の読者を獲得。

ブログ開始8ヶ月後には、月間1万人読者にまで到達した。そして、ブログの広告収益が月間10万円にまでなったのである。

ブログ運営の収益性に驚くとともに、自分が好きな商品の価値を、読者に感じ行動してもらうという、WEBマーケティングの魅力に取り憑かれた

結局、一生この仕事をやっていたいと思い、独立を決意した。内定を辞退し、就職経験をせずに、独立したのである。今思うと、無謀な挑戦に思えるが、この業界で頑張ることで、自分は大きく成長できると確信していた。

 

WEBマーケティングを愛し、スクールを作った

独立後は、もちろん、順調なことばかりではなかった。

ブログ運営で培ったスキルを生かし、法人のWEBマーケティング(集客)サポートをしたり、新たなスキルを常に学んだりするわけだが、必ず困難は訪れる。

最初は、実績がないため単価が低く、低収入に苦しんだ

また、法人の集客サポートをする場合、「売上は上がったか?」「アクセスは伸びたか?」などの、数字がシビアに評価される。特に私の場合は、フリーランスとして”一個人名”で評価されるため、責任の重さに潰されそうになった事は何度もある。

 

それでもWEBマーケティングは最高に楽しかった。

実力さえあれば、若くても評価されるし、収入も青天井。私も、これまで、30社を超える法人と取引することができた。

それに、今の時代は、お金のない一個人でも、最高にWEBマーケティングに取り組みやすい。

お金がなくても、ブログ、SNS、YouTubeなどの無料ツールが揃っており、誰もが食いっぱぐれないスキルを身に付け、収入も高めていけるのである。

しかし、プログラミングなどのスキルに比べ、WEBマーケティングスキルの魅力や学習方法は、まだまだ世間に浸透していない。自分と同じように、WEBマーケティングスキルで人生を変える人を増やしたいと思った。

 

だから、私は、起業した会社で、WEBマーケティングスクール「Withマーケ」を作った。

これまで私がゼロから学んできた事を月額制で学べるように動画コンテンツを用意した。すると、500名もの会員様がたった6ヶ月ほどで集まった。「WEBマーケティングを学びたい」というニーズはが高まっているのを感じた。

今後は、過去の私のような大学生も含め、より多くの方に、WEBマーケティングスキルを広めていきたい。

 

そんな経歴と想いを持つ私だが、記事後半では、改めてWEBマーケティングスキルの魅力をまとめる。そして、大学生から無料で始められるWEBマーケティングや学習方法をお伝えしていく。

WEBマーケティングスキルが実現する3つの価値

改めて、WEBマーケティングスキルを習得する、3つのメリットをまとめておく。

 

1.職に困らない圧倒的な市場価値

最初に、WEBマーケティングスキルが、”職に困らない貴重なスキルである”というメリットを紹介する。

そもそもの話にはなるが、マーケティングとは、”お客さんを集めるための仕組みづくり”を指す。つまり、マーケティングがなければ、企業の売り上げは非常に立ちづらい。

特に、SNSやWEBでの検索が当たり前になってきた今、企業にとって、”WEB”マーケティングの必須性は増すばかりだ。WEBマーケティングができるか?できないか?で、”企業の生死が決まる”と言っても過言ではない。

 

また、筆者がWEBマーケティングのコンサルタントとして働きながら感じたことだが、多くの中小企業は社内にWEBマーケターを抱えていない。いまだにチラシ配りや店頭集客に依存していたりする。

そして、新型コロナウイルスの影響もあり、多くの企業がWEBマーケティングの必須性に気づいた。今もこれからもWEBマーケターという職種の、需要は非常に大きいと言えよう。

下記記事でも紹介している通り、WEBマーケターは不足しており、将来性が非常に大きいということがデータからもわかる。先が長い学生にこそWEBマーケターを目指して欲しい。

関連記事:WEBマーケティングの将来性を市場規模・平均年収・IT人材の需要・キャリアの4軸で徹底解説

 

2.独立・起業に直結する集客力

続いて、WEBマーケティングスキルがあることで、独立・起業しやすいというメリットを紹介する。

まず、WEBマーケターは、フリーランスとしてそのまま独立しやすい。会社内で得たスキルをそのまま、社外に転用することができるため、個人でも仕事を獲得しやすいのである。

フリーランスといえば、エンジニアやデザイナーを思い浮かべる方も多いが、フリーランスWEBマーケターも増えている。

 

また、先ほど、筆者の体験談でもお話ししたが、WEBマーケティングスキルがあることで、起業しやすい。WEBマーケティングスキルがあるということは、”良い商品があれば売れる”ということなので、様々な起業スタイルを実現する。

下記記事では、WEBマーケティングで起業する方法を紹介している。将来起業を志す大学生には、ぜひ読んで欲しい。

関連記事:WEBマーケティングで起業する方法4パターン | 現役マーケターが実際に起業した体験談

 

3.【20代で年収1,000万円!?】青天井の収入

3つ目のメリットは、WEBマーケターの年収が高いという点だ。

前述の内容と被るが、企業の売り上げは、WEBマーケティングが成功するかどうかにかかっている。

そのため、責任は思いが、施策が成功すれば貢献度は非常に大きい。そのため、比較的年収は高い傾向にある。

 

特に、フリーランスWEBマーケターの年収は非常に高額になりやすい。なぜなら、会社を通していないため、”個人の売り上げ=個人の利益”となるし、一つの会社に縛られず、複数社と契約できるからだ。

筆者の周りにいる20代フリーランスWEBマーケターの中にも、年収800〜2,000万円の方が多数いる

なお、会社員WEBマーケターの平均年収は、下記記事にて解説している。

関連記事:WEBマーケティング職の年収相場 | 年収を高める5つの手段も合わせて解説

 

【編集部コメント】恋愛強者はマーケティング強者だ!

イケベトモヒロ
できるWEBマーケターはモテる人も多いです笑。決して、”お金が稼げるから”ではなく、自分の売り方がわかっているからだと思います。

恋愛も商売と同じく、結局価値の交換であり、自分の良さを、いかに適切な相手に、上手に伝えるかが鍵なんですね。マーケティング思考はプライベートでも生きます!

 

大学生でも独学で習得可能なWEBマーケティング4選

続いて、大学生がお金をかけずともできる、WEBマーケティングスキルをご紹介する。

 

1.SNS(Instagram/Twitter)

InstagramやTwitterを使っていない大学生は、ほぼいないだろう。

そのため、大学生がSNSマーケティングに挑戦するのは、非常におすすめだ。

SNSマーケティングでは、各アカウントで統一性のある内容を発信し、ファンを集め、商品を販売する。

インスタグラマーをイメージするとわかりやすいが、2,000〜3,000フォロワーが超えてくると、企業のPR案件が来出したりする。

SNS自体は完全無料であり、投稿も短時間でできるため、ぜひテーマを決めて発信してみてほしい。

 

2.YouTube

続いて、YouTubeマーケティングだが、ロジックはSNSマーケティングと同じだ。

テーマを決め発信し、ファンを集め、広告収入を得たり商品を買ってもらう。動画では伝わる情報が多いため、SNSよりも、より強力なファン作りツールになるだろう。

顔出しをしなくても、多数のファンが付いているチャンネルもあり、何がバズるか本当にわからない。

時間があり、色んなことに挑戦しやすい学生こそ、チャンスである。

 

3.SEO(Google検索エンジン最適化)

続いては、SEO。Googleの検索順位を上げるスキルのことを指し、ほぼ全企業が求めるWEBマーケティングスキルだと言ってもいいだろう。

SEOの良いところは、一度記事が上位表示されれば、長期間順位が安定し、アクセスも安定することだ。成功すれば、安定した集客効果をもたらすので、SEOスキルは法人から非常に重宝される。

SEOスキルは、大学時代の筆者が挑戦したように、ブログ運営を経験することで身に付く。ただし、月間アクセスが1,000を超えるまでに、最低でも数十記事、3〜5ヶ月は必要なため、時間はかかると思った方がいい。

 

4.TikTok

最後は、TikTok。

今後、YouTubeを追い抜く可能性もあるほどの、成長率を見せているのがこのTikTokで、ショートムービーが特徴的だ。

今は、まだエンタメ要素が強いが、今後は企業も参戦してくると見られており、ビジネスチャンスは無限大。TikTokコンサルティング会社なども増える可能性がありそうだ。

SNSやYouTubeに比べて、ジャンルによっては競合も多くないので、今が狙い目かもしれない。

 

大学生がWEBマーケティングを勉強する3STEP

最後に、大学生がWEBマーケティングを勉強するための方法を、実体験ベースでお伝えする。

大学時代から、ほぼ独学でWEBマーケティングを学び、今はWEBマーケティングスクールの代表を務める私だからこそ、語れることが多々ある。

 

STEP1.簡単に知識をつけてみる

まずは、簡単に知識をつけてみるいいだろう。

今の時代、良質な情報がWEB上にたくさん落ちているので、ブログを読んだり、YouTubeを読むこともおすすめだ。

当メディア「シンクノ」も、ぜひ参考にして欲しい。

また、効率的に多くの知識を吸収するのであれば、本もおすすめである。下記記事では、大学生などの入門者におすすめの本を紹介しているので、ぜひ参考にして欲しい。

関連記事:【目的別】WEBマーケティング本15選 | 現役WEBマーケターが選ぶ実践的な書籍

 

STEP2.実際に発信活動をしてみる

続いて、発信活動をし、WEBマーケティングを実際に感じてみよう。

というのも、ただ知識だけ持っていても、WEBマーケティングスキルは身につかないからだ。座学や本の知識だけでは、不十分である。

語学の習得と同じだ。

英単語だけを知っていても、英語を話せるようにはならない。話せるようになるには、実際に英語を話すしかない。

同じように、WEBマーケティングも実践ありきなのである。

そのためには、前述したような、SNSアカウントやブログを実際に運営してみよう。

まずは、一つで良いので、発信のテーマを決め、実際に発信し、受け手の反応を分析できるくらいまでは、頑張ってみよう。

 

STEP3.必要があれば、プロに指導をしてもらう

実際に、行動を始めると、行き詰まることがたくさんあると思う。

想像以上にアクセスが伸びなかったり、いいねが伸びなかったり…、WEBマーケティングの現場では、うまくいくことの方が少ない。特に、実務経験のない大学生は、ほぼ100%苦戦する。

そして、困難に直面した時、あなた自身の力だけで乗り越えようとするのも、もちろん良い。力は付くだろう。

しかし、いつまでも答えを導き出せず、終いに誤った方向に進んでしまったとしたら、少し時間がもったいない。

そのため、ある程度行動した後は、時間とノウハウを買うために、プロの指導を受けてもいいのかもしれない。

 

最近は、WEBマーケティングスクールも増えており、ガッツリ学ぶこともできる。

私が代表を務める月額制WEBマーケティングスクールを含め、大学生でも入学できるスクールは増えてきている。

また、WEB系企業のインターンに参加してみるのも一つの手だ。プロと一緒に仕事をさせてもらったり、指導を受ける機会を積極的に設けよう。

 

まずは、WEBマーケティングの面白さに触れてみよう

今回は、筆者の学生時代の経験をシェアさせてもらいながら、WEBマーケティングを学ぶべき理由をお伝えしてきた。

また、大学生がWEBマーケティングを勉強する3STEPもお伝えしたが、本記事を読んだ後に、必ず何か行動を起こして欲しい。本を買って読んでみる。インスタマーケティングの企画を考えてみる…など。WEBマーケティング学習は実践ありきだ。

また、もし今後、より深くWEBマーケティングを学びたいのであれば、弊社が運営している『Withマーケ』もおすすめだ。

完全オンラインの月額性スクールなので、地方に住んでいる大学生でも十分受講可能な金額になっている。学習を進める中で、WEBマーケティングに行き詰まったならば、ぜひ頼って欲しい。

 

1件のコメント