月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』開校

Webマーケティングスクールは意味がないのか | 結論とスクールの活用法4パターン

 

近年、Webマーケティングスクールが急増している中、「行っても意味がない」と言う、あるスクールの卒業生の言葉を聞きました。

「行っても意味がない」というスクールがあったら大問題ですが、どうやら場合によりけりのようです。

今回は、複数のスクール卒業生にWebマーケティングスクールに行く意味について聞いてみました。

その中で、「Webマーケティングスクールは意味がない」という言葉の真意を知ることができました。

本記事では、Webマーケティングスクールに通っても意味がないと考える理由に加えて、本当に意味がないのかを検証し、スクール活用方法を見出すことができたので解説していきます。

 

Webマーケティングスクールは意味がないと感じる3つの状況

まず事実として、スクール卒業生の中には「行っても意味がなかった」という方は一定数いるようです。

しかし、その言葉の裏側には今からお話しする3つ状況が隠れていることが分かりました。

早速、『意味がない』の真相について迫っていきましょう。

 

1.スクールの環境を勘違いしている場合

あえてお金を払ってスクールに通う方の中には、「高いお金を払ったのだから、なんとかしてくれるだろう」と期待して入校する方がいらっしゃいます。

しかし、入校したからスキルが身につくわけではなく、あくまでもあなたが学習を進める必要があります。

これは誰もが理解しているはずですが、実際に入校すると、これからの進路は保証されたような気持ちになる方がいるが、それは違います。

スクールは、あくまでも学習支援であって、万能ではないのです。

そのため、きつい思いをして学習する必要もありますが、お金を払ってさえいれば『きつさ』は軽減されると勘違いしているわけです。

スクールという環境は、『正しく効率的に学べるがきつい』という風に理解しておいたほうが良さそうです。

誰もが簡単に身につくスキルなら、参入障壁は恐ろしく低く、あなたに仕事を依頼しなくても代わりはいくらでもいる状態になってしまうでしょう。

 

2.自分に向いていないと感じる場合

「自分には◯◯が向いている」という方もいますが、本当にそうなのでしょうか。

実は向き不向きは、好き嫌いぐらいいい加減なもの。

というのも、英語が苦手で嫌いだった生徒が、猛勉強した後にテストで高得点を叩き出せば、途端に英語が好きになる、そのくらい曖昧な認識でいることが多いのです。

向き不向きに関して言うと、得意=向いている、不得意=向いていないと考えがちですが、これをWebマーケティングに当てはめれば、最初は誰もが向いていないことになります。

しかし、得意不得意で向き不向きが決まってしまうわけではありません。

向き不向きは現状の能力で判断できないはず。

あなたが現状、Webマーケティングに向いていないと感じるのは間違っています。

向き不向きを今の段階で判断すると損しかないため、まず学習を進めてみて検討する必要があるでしょう。

 

3.学習成果が実感できないほど教材の質が低い場合

最後は、スクール側が用意しているコンテンツの質が悪いという場合です。

これが本当なら「意味がない」という言葉はその通りだと思いますが、本当に意味のないと判断できるのは現役Webマーケターぐらいではないでしょうか。

もちろん、初心者に分かりにくいコンテンツだったり、基礎だけしか身につかない内容であれば、「意味がない」と言われても仕方ないでしょう。

しかし、さまざまなスクール卒業生の意見を聞いていると、「確かに勉強にはなるんですけど…」という言葉が多い印象でした。

話を聞いていくと、スクールへの期待値が高すぎて不満を持っていたり、提供しているサービス以上のことを求めていたりと、無理難題がどんどん出てくる有様です。

  • もっと戦略立案等のハイレベルな内容を教えてくれると思った
  • かっこいい仕事のイメージだったが地味だった
  • 入校したらフリーランスになれると聞いていた

上記は、Webマーケティングという仕事を甘く見ていることで起きた勘違いかもしれません。

「ハイレベルな内容を教えてくれると思った」については、各スクール、それぞれに独自の考えがあり、初心者向けにカリキュラムが用意されているため、必ずしも自分がしたい勉強だけできるわけではありません。

また、「かっこいい仕事のイメージだったが地味だった」については、入学する前に仕事内容は確認しておくべきでしょう。

3つ目の「入校したらフリーランスになれると聞いていた」については、実際にそういった謳い文句のスクールは存在していますが、入校しただけでフリーランスが約束されているわけではありません。

何事も成し遂げるのは自分自身で、スクールはあくまでも最高の学習環境を提供してくれるにすぎないのです。

そのためスクールに入学しても独学のときと同様、自分自身で学習する努力は必要だといえます。

 

Webマーケティングスクールは意味があると断言できる3つの理由

「スクールは意味がない」と嘆く方の話にも一理ありますが、大半の方にはWebマーケティングスクールに意味があると言えます。

前置きはこれくらいに、3つの理由についてさっそく解説していきましょう。

 

1.Webマーケティングスキルは抽象スキルだから

Webマーケティングほど、抽象的なスキルはありません。

例えば、プログラミングならどんな言語をどれだけ使えるかというのが、ある程度、明確なため独学でも可能ですが、Webマーケティングは仮に学んだとしても、正しい理解かどうか、とても抽象的です。

またプログラミングと比べて、どの程度学習をすれば、何ができるのかが分かりにくい点も学習しづらい原因となっています。

そのため、Webマーケティングこそ専門家に気軽に質問できる環境に身を置くことが必要になってきます。

そもそも、なぜWebマーケティングを学習するかといえば、結果を出せるWebマーケターになるためです。

そして、『結果を出す』というのは売り上げを上げるということ。

商品やサービスを買ってもらわないと売り上げが上がらないわけなので、複雑な人間心理を分析し、Webマーケティング施策を打っていく必要があります。

そういった抽象的なスキルは、実践者に質問しながらでないと、習得まで何年も、何十年も、かかってしまうでしょう。

 

2.書籍学習は実践では役立つノウハウが少ないから

「書籍はたくさんあるのだから、書籍を使って独学できるだろう」と思う方もいらっしゃいます。

その気持ちは、よく分かります。

なぜなら、私は独学経験者だからです。

結論から言うと、書籍で書かれている内容のほとんどは、実践では役に立ちません。

というのも、書籍は出版社的には売れなければ意味がないからです。

そういう背景から、一般の書店に並ぶ書籍は、読者が読んで気持ちいい内容に編集されることがほとんど。

あなたも見たことがありませんか、1億円を稼ぐ方法、アフィリエイト完全攻略ガイド、といった書籍を。

この書籍を読んで、本当に1億を稼ぐ人がどれほどいるのでしょうか、アフィリエイトを攻略できる人は何人いるのでしょうか。断言しましょう、そんな人はいません。

なぜなら、その書籍以外にもたくさんの要素が成功を支えているからであって、その書籍だけでは情報が足りないからです。

そこで必要なのが体系的にまとまった学習コンテンツあり、提供しているのがWebマーケティングスクールというわけなのです。

 

3.質問しないと分からないことが多すぎるから

Webマーケティングは、抽象的なスキルというお話をしました。

Webマーケティングは、現場経験を積んだ上でしか答えが出せないことが多々あり、現役Webマーケターに質問しないと答えに辿り着けないこともあります。

というのも、Webマーケティング活動を行う時の状況は事業者によって大きく変わり、書籍に全てが掲載されているわけではないからです。

だからこそ、あなたの今の現状に必要な情報は質問をしなければ集められないのです。

また、情報収集の仕方に関しても状況によってさまざまで正解がありません。

だからこそ、知識と経験のある現役Webマーケターに質問する環境が強力な武器になるというわけです。

 

意味のあるWebマーケティングスクールの活用方法4パターン

どんなWebマーケティングスクールに属するかによって活用方法は狭まったり、広がったりするたりします。

そこで弊社が運営している月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』を例に、活用方法を解説していくことにしましょう。

前提として、簡潔に『Withマーケ』について説明しておきますね。

『Withマーケ』は、月額4,980円で学び放題のWebマーケティングスクールです。

一般書籍にあるようなWebマーケティングの知識ではなく、現場で実績を挙げたWebマーケターの生のノウハウを提供する未経験者~経営者向けのスクールです。

従来の未経験者専門の基礎知識を身に付けるスクールとは違い、基礎からトップマーケターが使うノウハウまで幅広く学べます。

では、Withマーケを例にスクール活用方法を4つに分けて解説していきます。

 

1.実践しながらスキルを習得する

従来の学習コンテンツは、受け身のものが多かったが、本来は実践しながら学習していくことでスキルを身につけていくものです。

そのため、実践的なノウハウを頭に入れたら必ず実践することが大切です。

  • Webメディア運営について学んだら、Webメディアを立ち上げる
  • Web広告運用を学んだら、無料で企業案件を受ける
  • SNS運用を学んだらアカウントを作成して実際に運用する

上記のように、実践しながら学びを継続すること以外にスキルの習得はあり得ません。

多くのスクールは、受講期間が決まっているため(多くの場合2ヶ月)、その期間内で学習しながら実践することを頭に入れておきましょう。

ちなみに、本当に「Webマーケティングを活用して仕事をしていきたい」と考えているなら、どんなに早い方でも半年は学ぶ必要があり、半年以降も学び続けてレベルアップをする必要があります。

 

2.仕事(業務)で分からないことを質問する

Withマーケの受講生には、現役Webマーケターも多数在籍しています。

「現役Webマーケターなのに、なぜスクールに通うのか」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

それは、現役Webマーケターでもスキルが十分に身についていない方も多く、仕事中も分からないことが多いからです。

そんな受講生からの質問にもWithマーケでは積極的に対応しています。

このように、現在Webマーケティングの業務を行っていても、質問できる環境として利用することで、スクールを武器に仕事ができるのです。

 

3.キャリアに困った時に相談する

Webマーケティングは、汎用性の高いスキルため、進路も柔軟に考えることができます。

故に、キャリアで迷う方が続出しているのも事実です。

では、誰に相談すれば良いのでしょうか。

キャリアアドバイザーなのか、転職エージェントなのか、、そのどちらでもありません。

Webマーケティングスキルを活かしたキャリアは、現役Webマーケターに相談するのが最適なのです。

現場経験をしていて、実際にWebマーケティングスキルを持った当事者でないと、語れない事実が山ほどあるからです。

Webマーケティングスクールには、現役Webマーケターが講師をやっていることが多いため、講師に直接質問するのが良いでしょう。

Withマーケでももちろん、キャリアに関する質問も大歓迎です。

特にさまざまな専門領域の経験を持つ、現役Webマーケターが在籍しているスクールは他になく、様々な解決策が提案できるでしょう。

 

4.仕事獲得のサポートを受ける

多くのスクールが、転職支援や案件獲得サポートを行っています。

『キャリアに困った時に相談する』の章で解説したような、キャリア相談が可能な環境でないと仕事獲得の支援はできないということを前提に話をしていきます。

Webマーケティングスクールに入学すると、スクールのコネで転職や案件獲得ができるというイメージが先行していますが、業界の構造はそのようになっていません。

たまに転職保証をしているスクールもあるが、転職先を選ばなければ誰でも転職することはできるから保証しているケースが多いのです。

あくまでも、最低限のサポートが受けられる状態であることを理解しておくと良いでしょう。

ちなみにWithマーケでは、仕事獲得サポートというサービスは行なっていませんが、仕事獲得するために行うべき生のノウハウコンテンツの提供は豊富にあります。

また、無制限Q&Aサービスもあり、キャリアや仕事獲得に関する質問はいつでも行えるため、結果を出す方も多いわけです。

Withマーケを運営する方針としては、サポートしすぎるとマイナスに働いてしまうため、自分自身で仕事獲得し、自分の力で進むことができる環境を提供していきたいと考えています。

タテイシリョウ

現在、Withマーケでは5日間の無料お試し講座を実施しています。

キャンペーンの終了期間は未定なのですが、予告なく終了する可能性もあるので、一度、チェックだけでもしてみてください。

理想の成果が出るまで徹底サポートをお約束します
Withマーケの選べるお試し5日間講座を受ける
※追加特典もあります。

 

まとめ

繰り返しになりますが、Webマーケティングスクールは大いに意味があるといえます。

だからこそ、世の中にはたくさんのWebマーケティングスクールが存在し、利用者も年々増え続けているわけなのです。

しかし、「Webマーケティングスクールなんて意味がなかった」と考える方もいらっしゃるでしょう。

そんな方こそ『Withマーケ』を一度、覗いてみてください。

あなたが望んだ環境がもしかしたら見つかるかもしれません。

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細