【簡単10秒】副業で稼ぐには〇〇だけ知ってればOK

【Web広告運用の副業は稼げる?】始め方3ステップ & 5つの案件例

 

「Web広告運用の副業って稼げるのかな..?」
「Webマーケティングスクールに通って広告運用のスキルを身につけたけど、これで副業はできるのか. . ?」

近年、インターネット市場、特にWebマーケティング領域の需要が伸びてきており、副業を始める人も増えてきました。

世の中には、ブログやSNS、クラウドソーシング、Web制作やデザインなど、様々な副業で稼いでいる人を見かけますが、果たして「Web広告運用」の副業は稼げるのでしょうか。

本記事では、日頃からWebマーケターとして広告運用に関わっている僕が、Web広告運用の副業の実態を明らかにしていきます。

始め方や案件の種類などはもちろん、メリット・デメリットなども詳しくお伝えするので、ぜひ最後まで参考にしてください!

 

【結論】Web広告運用の副業は稼げるのか?

結論から言うと、Web広告運用の副業は稼げるが、初心者は消耗しやすいです。

下記のデータをご覧ください。

参考元:2020年 日本の広告費

上記を見ると、はっきりとネット広告費が伸びていることが分かります。

明らかに、Web広告の運用にお金をかける企業が爆発的に増えていることになります。

2018年〜2020年で+5000億円の伸びを見せていて、これからも伸びる見込みがあると言われています。

また、2020年頃には、テレビにかける広告費よりもネット広告費の方が上回ったというデータもあり、企業はテレビよりもネットに多くの広告費をかける傾向となっています。

これらのデータをもとに、以下では副業が稼げる理由や報酬相場などを深掘っていきます。

 

Web広告運用の副業は稼げるが、初心者は消耗しやすい理由

まず、Web広告運用の副業が稼げる理由は、先ほどのデータでも分かる通り、市場規模が爆発的に拡大している割に、Web広告運用ができる人材が不足しているからです。

ここ数年で一気にネット広告市場が成長を遂げたために、様々な広告媒体を駆使して集客をする時代になりました。

ゆえに多くのWeb広告運用担当者がどの企業からも求められているのですが、ほとんどの企業には社内にWeb広告運用のスキルに秀でている人がいない状況です。

そのために、企業はWeb広告運用の仕事を社外のフリーランスや副業をしている人に外注するようになったのです。

 

高いスキルを持つ経験者にとっては、かなり美味しい副業となりますね。

しかし、スキルが未熟な初心者だと、そもそも仕事を獲得することが困難な上に、低単価案件・単発案件に疲弊してしまいます。

なので、経験者はぜひおすすめできる副業となっていますが、副業初心者・ Web広告運用初心者は、ハードルの低い副業から始めるのが吉です。

 

副業における最大の悩みである「仕事獲得」を解決してもらうために、『高単価案件マーケティング講座』をご用意しています。(期間限定で”完全無料”!!

これまでに3,000人以上が受講し、低単価案件や忙しい営業から卒業したり、収入UPの報告があったりしているので、気になる方はぜひ参考にしてください!

 低単価・忙しい営業からはもう卒業! 
高単価案件マーケティング講座を見てみる
※完全無料での公開は、予告なく終了する場合がございます。

 

Web広告運用の副業の報酬相場

一体、Web広告運用の副業はどれくらい稼げるのか?

気になる報酬相場を見ていきましょう。

 

もちろん、スキルや経験年数、実績などによって偏りはありますが、1案件あたりの報酬相場はだいたい「月収5万円〜10万円」が妥当。

時給の場合は、2,500円〜3,500円ほどになることが多いです。

高いスキルレベルを保有していたり、コンサルや戦略などの上流工程に携わることができれば、さらなる高単価を期待できるでしょう。

副業に充てられる時間を十分に確保できれば、月収100万円をWeb広告運用の副業だけで稼ぐことも夢ではありません。

 

Web広告運用の副業の種類【5つの案件例】

ひとえに「Web広告」と言っても、様々な広告が存在します。

そして、運用する広告の種類によって、特徴や単価が異なるので、各Web広告の詳細を知っておくと良いでしょう。

ここでは、副業で稼げるWeb広告運用の案件例を5つご紹介します。

  1. リスティング広告の運用
  2. SNS広告の運用
  3. ディスプレイ広告の運用
  4. 動画広告の運用
  5. リターゲティング広告の運用

一つずつ見ていきましょう。

 

1.リスティング広告の運用

Web広告運用_副業の案件例1
参考:クラウドワークス

「リスティング広告」とは、「検索連動型広告」と言って、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに入力されたキーワードに合わせて表示される広告のことを言います。

主な仕事内容は、広告の出稿やアカウントの管理、集計、分析などの運用業務がメイン。

こちらの案件報酬は、時給1,000円〜1,500円、月収にして8万円〜12万円となっています。

 

2.SNS広告の運用

Web広告運用_副業の案件例2参考:クラウドワークス

「SNS広告」とは、TwitterやInstagram、Facebook、LINEなどのSNSに掲載される広告のことを言います。

SNSのタイムラインやストーリーズ、おすすめアカウント欄などに表示される広告が該当し、シェアやいいねなどによって拡散されやすいのが特徴。

こちらの案件報酬は、1案件あたり1万円〜5万円となっています。

 

3.ディスプレイ広告の運用

Web広告運用_副業の案件例3参考:クラウドワークス

「ディスプレイ広告」とは、Webサイトやアプリの広告枠に表示される広告のことを言います。

広告の形態としては画像・動画・テキストなど様々なので、視覚的・効果的にユーザーへ情報を伝えられるのが特徴。

こちらの案件報酬は、1案件あたり5万円〜10万円となっています。

 

4.動画広告の運用

Web広告運用_副業の案件例4
参考:クラウドワークス

「動画広告」とは、YouTubeやSNSなどで表示される、動画を用いた広告のことを言います。

テキストや画像(バナー)と違って、音や動きを組み合わせて広告を作れるので、盛り込める情報量が多かったり、ストーリー性を持たせやすかったりするのが特徴。

こちらの案件報酬は、1案件あたり5万円〜10万円となっています。

 

5.リターゲティング広告の運用

Web広告運用_副業の案件例5
参考:クラウドワークス

「リターゲティング広告」とは、過去に自社サイトを訪れたユーザーに対して配信する広告のことを言います。

一度訪れたことのあるユーザーに絞って広告を配信するので、より自社に興味のある見込み顧客にピンポイントにアプローチできるのが特徴。

こちらの案件報酬は、1案件あたり2万円〜5万円となっています。

 

Web広告運用の副業の始め方【3ステップ】

ここまで、副業で稼げるWeb広告運用の案件例をいくつか見てきました。

では、実際にどのようにWeb広告運用の副業を始めればいいのか?

具体的なやり方を、わかりやすく3ステップで解説していきます。

  1. Web広告運用スキルを身につける
  2. ポートフォリオを用意する
  3. Web広告運用の案件を獲得する

一つずつ解説します。

 

ステップ①:Web広告運用スキルを身につける

案件を獲得するためには、まず仕事ができる最低限のスキルレベルを身につけなければいけません。

基礎学習は、本やYouTubeの動画などで独学したり、Webマーケティングスクールを受講したりすることでカバーすることができます。

Web広告運用(Webマーケティング)の仕事は、やってみないと分からないことが多いので、なるべく案件を獲得する前に実践することをおすすめします。

下記記事では、広告運用はもちろん、その他SEOやSNS運用など、様々なWebマーケティングスキルが学べるおすすめのスクールをまとめています。

 

ステップ②:ポートフォリオを用意する

スキルがあるだけでは、熾烈な案件獲得競争に勝つことはできません。

Web広告運用のスキルを身につけたら、「ポートフォリオ」を作成することが大切です。

”ポートフォリオ” とは?

自身のプロフィールやスキル、実績などをまとめたもの。

Web広告運用の副業だけに限りませんが、クライアントワークで案件を獲得するためには、自分のスキルや実績を的確にアピールできるものが必要不可欠。

「本当は高いスキルを持っているのに、仕事を取れない」なんてことにならないよう、ポートフォリオを用意しましょう。

 

ステップ③:Web広告運用の案件を獲得する

スキルを身につけ、ポートフォリオが用意できたら、あとはもう営業をして副業案件を獲得しにいくだけです。

しかし、ここが一番難しくて大変です。

ただ実践的なスキルを身につけて、アピールできるものを用意しただけで、すんなりと副業案件ができるようになるなんて甘い話はありません。

クラウドソーシングなどで何とか獲得できたとしても、低単価や単発の案件で、いづれ消耗してしまうのがオチ…。

 

特に、最近ではWebマーケティングの需要の増加や市場の成長に伴って、Web広告運用の副業を始める人が増えてきているので、競争が激化してきています。

しっかりと「案件獲得」も一つのスキルと思って、成功している方のノウハウを吸収しにいく気概が重要です。

今なら、副業における最大の悩みである「仕事獲得」を解決してもらうための、『高単価案件マーケティング講座』をご用意しています。(期間限定で”完全無料”!!

これまでに3,000人以上が受講し、低単価案件や忙しい営業から卒業したり、収入UPの報告があったりしているので、気になる方はぜひ参考にしてください!

 低単価・忙しい営業からはもう卒業! 
高単価案件マーケティング講座を見てみる
※完全無料での公開は、予告なく終了する場合がございます。

 

Web広告運用の副業のメリット3選

Web広告運用の副業の概要や始め方を見てきましたが、実際にやってみるとどんな良いことや悪いことがあるのでしょうか?

ここからは、Web広告運用の副業におけるメリットやデメリットを、それぞれ3つずつご紹介していきます。

まずは、メリットから。

  1. 会社員より稼ぎやすく、軌道に乗れば安定する
  2. 働く場所や時間が自由
  3. ニーズが高く、将来性がある

一つずつ深掘りしていきましょう。

 

メリット①:成果を出せれば、安定して稼ぎやすい

Web広告運用の副業は、成果が露骨に数値として表れます。

その分、責任もありますが、見込みの目標数値よりも大幅に成果を出せたり、クライアントの周辺業務を巻き取ったりすれば、単価を上げやすいのが魅力的なポイント。

つまり、大きな成果を出せるだけのスキルややる気さえあれば、どこまでも稼ぐことができるわけです。

また、Web広告運用の副業は、他の副業と違って、最低契約期間もだいたい1ヶ月〜半年と長めなので、継続的な収入が見込めます。

 

メリット②:働く場所や時間が自由

Web広告運用の副業は、スキルこそ必要なものの、在宅やリモートワークなど、基本的には自由な働き方が可能です。

また、作業や日々のコミュニケーションは全てオンラインで完結するので、会議などの時間を除けばスキマ時間でマイペースに働くことができます。

なので、本業で忙しい方や、家事や育児などでなかなか時間が取れない方でも、気軽に副業に取り組むことができるのは大きなメリットです。

 

メリット③:ニーズが高く、将来性がある

ネット上の広告市場は年々右肩上がりで成長しており、今後もWeb広告運用者のニーズは高まるばかりです。

2020年頃の時点で、テレビにかける広告費よりもネット広告費の方が上回ったというデータもあるくらい、勢いがあるので、将来性の面では抜群でしょう。

これから、Web広告市場の拡大に伴って、Web広告運用の副業案件も増えていくことが予想されるので、仕事がなくなることに関して心配は不要です。

ただし、その分ライバルも多くなるので、今のうちにWeb広告周りのスキル(Webマーケティング)もマスターして、市場価値の高い人材になっておくと後々楽ですよ。

 

Web広告運用の副業のデメリット3選

続いて、Web広告運用の副業のデメリットを3つご紹介します。

  1. 稼げるようになるまでに時間がかかる
  2. 毎回の案件獲得が大変
  3. クライアントと頻繁にコミュニケーションを取る必要がある

それぞれ見ていきましょう。

 

デメリット①:稼げるようになるまでに時間がかかる

完全なる初心者が、0からWeb広告運用のスキルや実績を身につけるためには相当な時間がかかります。

なので、副業で稼げる以前に、スキルを身につけるまでの長い道のりで挫折してしまう人が大勢います。

今スグ楽に稼ぎたいという方はまず向いていませんし、副業が軌道に乗ってからもスキルアップし続けられる人でないと、この先厳しい未来が待っているでしょう。

 

デメリット②:毎回の案件獲得が大変

Web広告運用の副業は、基本的にはクライアントワークなので、まず案件を獲得しないと副業ができません。

そして、案件が獲得できても、契約が終わったり、タスクが完了したりすると、そこでその案件(副業)は終了ということになります。

つまり、Web広告運用の副業は、クライアントワークではないブログやYouTubeなどの他の副業と違って、営業をする必要があるのです。

しかも、その営業(案件獲得)の部分が実は一番難しくて大変なところなので、スキル磨きに一生懸命になっても肝心の稼ぐことができないという事態に陥ってしまう方が多いのが現実..。

副業における最大の悩みである「仕事獲得」を解決してもらうための、『高単価案件マーケティング講座(無料)』などを参考にして、忙しい営業から解放されてください!

 

デメリット③:クライアントと頻繁にコミュニケーションを取る必要がある

Web広告運用の副業は、言ってしまえば「クライアントワーク」です。

「これをやって欲しい」というお客さんの依頼に対して、Web広告運用という専門スキルを活かして成果を上げるのが仕事です。

なので、こまめに報連相をする必要があり、いくらチャットとはいえ、日々のやり取りが大変になってきます。

他のWeb系の副業(ブログやSNS運用)などと比べても、Web広告運用は比較的クライアントとのコミュニケーションが多い副業と言えるでしょう。

 

Web広告運用の副業に関するよくある質問

最後に、Web広告運用の副業についてのよくある質問にお答えしていきますね。

 

Q1.Web広告運用の副業案件を探しに役立つサービスは?

基本的には、クラウドソーシングやエージェントなどの、良質な副業案件がたくさんあるプラットフォームを利用するのが良いですよね。

Web広告運用の副業案件を探すなら、おすすめのサービスは「クラウドワークス」「ランサーズ」「ITプロパートナーズ」「シューマツワーカー」「KAIKOKU」などがあります。

 

Q2.Web広告運用の副業に必要なスキルは?

「各媒体の知識」や「基本的なWebマーケティングスキル」、「クリエイティブ系のスキル」、「忍耐強い継続力や、冷静な分析力」などが必要になってきます。

各媒体に関しては、GoogleやYahoo!などの検索エンジンや、TwitterやInstagramなどの各種SNS、LINEやYouTubeなどの人気プラットフォームなどがあります。

Webマーケティングスキルに関しては、下記記事が参考になります。

クリエイティブ系のスキルに関しては、IllustratorやPhotoshopなどの画像を編集したりできるツールを使いこなせるようになると良いでしょう。

必ずしも必要ではありませんが、なるべく幅広いスキルや知見を持っていると、より高単価案件・継続案件が見込めますよ。

 

Q3.Web広告運用の副業でしっかり稼ぐにはどれくらいの作業時間が必要?

Web広告運用の副業は、スキマ時間でできると言っても、やはりある程度の作業時間を確保する必要があります。

月数万〜数十万稼げる稼働時間の目安は、週に10時間程度です。

また、作業時間だけでなく、クライアントの連絡に迅速に対応できるレスポンス力も見られているので、なるべく返信は早く返すようにしましょう。

そこまで時間を割けないよ..という方であれば、あまりWeb広告運用の副業は向いていないかもしれません。

少ない時間で半自動的に収入を見込める「ブログ・アフィリエイト」や「SNS運用」などの副業を見てみることをおすすめします。

ブログ 1ヶ月目・3ヶ月目・6ヶ月目・1年目 収益

 

まとめ:Web広告運用の副業は経験者向け【初心者にはややハードル高め】

本記事では、Web広告運用の副業に関する収益性や案件例、始め方、メリット・デメリットなどをお伝えしてきました。

実態は、初心者にはやや厳しかったのではないでしょうか。

やはり、広告運用の副業で稼ぐためには、いくつもの壁があり、かなりの時間や労力が要されるみたいです。

特に仕事獲得の面では苦労することも多いよう。。

経験者やスキルが既にある方はとてもおすすめできる副業となっていますが、未経験の方や副業初心者の方には、少しハードルが高いようにも思えました。

 

忙しい中で、少ない時間で効率的に稼ぐには、ストック性のある副業が適切です。

ブログやYouTubeなどが良い例で、記事や動画をアップすれば、半永久的・自動的に集客やマネタイズをしてくれるので、副業にはもってこいですよ。

公務員は副業でブログ・アフィリエイトをやっていいのか?【結論:収益0でも皆やるべき。】

 

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です