月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

WEBマーケティングの独学勉強法5STEP【初心者向け】

 

「WEBマーケティングって、独学で勉強可能なのかな?」

「初心者がプロになるためのロードマップを知りたいな…」

本記事をお読みのあなたは、こんな疑問を抱えていることだろう。

それもそのはずで、WEBマーケティングという言葉自体はよく聞くが、実際の仕事内容は非常に曖昧でわかりづらい

 

実際、現役WEBマーケター兼、WEBマーケティングスクールを経営している私も、「マーケティングはなんか”イケてる”けど、実際よくわからん…」と思っていた。

なので、マーケティング初心者の気持ちはよくわかる。

だからこそ本記事では、極力専門用語を省いてWEBマーケティングの挫折要因を3つ述べつつ、具体的な勉強方法を解説していく。

イケベトモヒロ
WEBマーケター+講師として、たくさんの経験を積んできた私が、独学の極意をお伝えします!

 

【実体験】WEBマーケティングは実務未経験でも習得できるのか?

結論からお話しするが、完全未経験の状態からでも、WEBマーケティングを独学で勉強することは可能だ。

今から詳しくお話するが、私もWEBマーケティングを完全ゼロから学び、法人集客コンサルなどを経て、現在はWEBマーケティングスクールを経営している身だ。

そのため、未経験者の気持ちに寄り添い、わかりやすく勉強方法をお伝えすることには自信がある。

 

完全未経験の私がWEBマーケティングを学んだ結果

この記事を書いている5年前、私は就活を終えたばかりの平凡な大学4年生だった。

そして、就活自体は上手くいったものの、将来への漠然とした不安を抱えていた。なぜか、特別なスキルを持たないことへの恐怖を感じていたのである。

そんな時に、出会ったのがWEBマーケティングだ。

WEBマーケティングとは、簡単に言うと、WEBを使って集客することです。そのための方法として、WEBメディア(ブログ)、SNS、WEB広告など、色んな手法があります。

WEBマーケティングと言っても幅広いが、当時の私が興味を持ったのは、メディア(ブログ)運営だ。

ブログ運営に興味を持ったきっかけは、とあるメディアの記事だったが、このように書かれていた。

ブログ運営をすることで、広告収益を稼ぐことができる。

ブログ運営を通して、文章能力、WEBマーケティング力が高まる。

この記事が私の人生を一変させた。WEBマーケティングスキルで何かが変わる気がした。

 

その後は、ブログ運営に没頭し、とにかく文章を書いた。そして、記事を書きながら、SEO(ブログ)やWEBマーケティングの全体像を徹底的に学んだ。

私の場合は、ブログ運営で実践しながら、独学でWEBマーケティングに必要な知識を身につけていったのである。

 

もちろん、最初こそ、文章を書くのは難しかったし、アクセスはずっとゼロだった。

しかし、徐々に書くことに慣れていった。

すると、ブログ開始6ヶ月後には、月間5,000人の読者を獲得。そして、ブログ開始1年ちょっとで、ブログの広告収益が月間10万円にまでなったのである。

ブログ運営の収益性に驚くとともに、自分が好きな商品の価値を、読者に感じ行動してもらうという、WEBマーケティングの魅力に取り憑かれた

結局、一生この仕事をやっていたいと思い、WEBマーケティングスキルを元に独立した

そして、数十社の法人WEBマーケティングコンサルティングをした後、今は月額制WEBマーケティングスクール「Withマーケ」を運営している。

 

【結論】WEBマーケティングは独学で勉強可能

そんな経歴と想いを持つ私だからこそ、断言したい。

あなたが仮に初学者や実務未経験者だったとしても、WEBマーケティングは独学で学ぶことはできる

大事なのは「WEBマーケティングをやりたい!」と思えるかどうか?

そして、WEBマーケティングを学ぶことで、なりたい姿が描けるかどうか?だ。

”目的””記事後半でお話しする適切な学習方法”があれば、WEBマーケティングを学び、キャリアチェンジしたり、個人で稼ぐことも可能だ。

ともっち
後述しますが、WEBマーケティングを学ぶことで、年収UPや独立など、キャリアチェンジが可能です!

 

WEBマーケティング勉強後の明るい未来【代表的な3パターン】

続いて、WEBマーケティングを勉強することで、キャリアにおいてどのようなメリットがあるのか?をまとめておく。

WEBマーケティングを、これから本気で勉強しようか迷っている方には、必ず知っておいてもらいたい。

きっと、モチベーションアップにつながるはずである。

 

1.転職や就職で年収を高める

転職や就職によって、WEBマーケターになる方は年収が上がる可能性が高い。

というのも、マーケティング職の平均年収は、全職種、全年代で全職種平均より上回っており、全世代において、他職種と比べ、約100〜200万円ほど年収が高い。

▼職種別の平均年収

職種 平均年収 20代 30代 40代 50代
全職種平均 434万円 364万円 472万円 538万円 620万円
データアナリスト 558万円 444万円 572万円 703万円 824万円
リサーチ
(市場調査)
525万円 424万円 537万円 678万円 907万円
商品企画 487万円 390万円 515万円 644万円 770万円
販売促進
(広告宣伝)
484万円 390万円 509万円 622万円 785万円
広報・IR 476万円 374万円 483万円 606万円 723万円

※スマホでは横にスクロールできます

参照元:doda

もちろん、前職の年収にもよるが、長期的にキャリアアップを続けていく人は多い印象だ。

完全未経験から、WEBマーケターとして就職したい方には、ぜひ以下の記事もお読みいただきたい。

 

2.副業で月5万円〜30万円を稼ぐ

WEBマーケティングスキルがあれば、副業収入を得ることが可能だ。

前述したような、ブログアフィリエイト収入はもちろん、複業でWEBマーケティング案件を受けることも十分可能である。

もちろん、本業以上の収入を得るためにはかなりの努力は必要だが、1年で月5万円〜30万円を目指すことは十分可能だ。

なお、下記記事でも解説しているが、WEBマーケティング職の副業収入の年間平均は約74.5万円(月6.2万円ほど)である。

 

3.独立し月収50万円〜200万円を狙う

最後、WEBマーケターの多くが目指しているのが、独立である。

企業や副業で、数年しっかりと実績を積んできたWEBマーケターであれば、20代であっても独立は可能だし、

会社員時代なら考えられないような月収も目指せる。

例えば、月25万円の法人コンサルティング案件を、4件受けることができれば、それだけで月収100万円だ。

もちろん簡単とは言わないが、独立すると時間もあるので、しっかりと営業をして結果を残していけば、大きな年収アップを狙うことができる。

 

WEBマーケティングを独学で勉強する5つのステップ

ここまで、WEBマーケティングを勉強した先の未来についてお話をしてきた。

ここからは、プロになるための、WEBマーケティングを独学で勉強する5つのステップについて、お話をしていく。

プロと言っても幅広いですが、本記事では、会社内でも個人としても、WEBマーケターとして食べていける人のことを”プロ”と定義します。

 

1.基礎的なマーケティング知識を学ぶ

勉強の一番最初は、まず簡単に知識をつけてみるいいだろう。

知識をつけることで、「WEBマーケティングを学んだ結果、自分は何をしたいのか?」がイメージできるし、WEBマーケティングを学ぶ上での土台が出来上がる。

今の時代、良質な情報はWEB上にたくさん落ちているので、ブログを読んだり、YouTubeを視聴したりすることもおすすめだ。

イケベ
当メディア「シンクノ」も、ぜひ参考にしてください!

 

また、効率的に多くの知識を吸収するのであれば、本もおすすめである。

初心者に特におすすめしたいのが下記3冊だ。

  1. マーケット感覚を身につけよう
    →マーケの面白さが伝わる
  2. 沈黙のWEBマーケティング
    →WEBマーケの基礎がわかる
  3. 共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る
    →SNSマーケの基礎がわかる

 

2.ブログとSNSで情報発信をする

続いては、WEBマーケティングの勉強には絶対欠かせない実践だ。

いきなり実践と言われてもなかなか難しいとは思うので、まずは”情報発信する”ということからスタートしてみよう。

特におすすめなのが、ブログ、Twitter、インスタなどだ。これらがおすすめなのは、無料で始めることができるし、個人でも十分戦うことができるフィールドだからだ。

WEB広告などもWEBマーケティングの主流ではありますが、費用がかかることもあり、個人が独学で始めるには向いていません。まずは、ブログやSNSがおすすめです。

情報発信で意識して欲しいのが、「誰にどんな価値を届けるのか?」だ。

闇雲に情報発信をしたとしても、人は集まらない。

この記事でいうと、「初心者に、WEBマーケティングの勉強方法を、実体験を元に」語っているわけだが、

とにかく価値提供することが、情報発信を含め、WEBマーケティングの基本となる。

 

3.各媒体の専門知識を勉強する

続いて、取り組む媒体の専門知識を勉強していこう。いよいよ、WEBマーケティングらしくなる瞬間だ。

例えば、今あなたが読んでいるこの記事はブログ(メディア)だが、ブログ記事を上位表示させるためには、SEOという専門知識が必要となる。

SEOとは、記事などのWEBページを、検索した時に上位表示させるスキルのことだ。

この記事でいうと「マーケティング 勉強」などと調べた時にヒットしたと思うが、上位表示されることで、人が集まる。

そして、メディアのファンが生まれたり、自社の商品が売れたりする。

個人でも同じだ。

ブログでWEBマーケティングを学ぶならば、SEOを勉強し、人を集めてみる。

TwitterでWEBマーケティングを学ぶならば、フォローされる人の特徴を学び、いいね率、フォロー率などを勉強してみる。など。

情報発信をしながら、専門知識のインプットをするのがおすすめだ。

下記記事では、その他にも、WEBマーケティングを勉強する上での専門書などをご紹介している。

 

4.継続しながらプロにアドバイスをもらう

先ほどもお伝えしたが、WEBマーケティングスキルを向上させるためには、継続が前提だ。

ブログならば、最低6ヶ月は続け30〜40記事は書いてみる。

インスタならば、最低40投稿をしてみる。など。

 

ただ、継続をしていても、初心者にはなかなか気づけないこともたくさんある。

例えば、ブログ(SEO)ならば、記事構成が適切ではなく、いつまでも上位表示されない状態になってしまっている…など。

しかし、こういった自分では気づけない間違いなどに、プロは気づくことができる。

そのため、ある程度継続したら、プロのフィードバックを受けることがおすすめだ。

身近にWEBマーケターがいれば最高ではあるが、聞ける人がいない場合がほとんどだと思うので、その場合はサービスを使うといいだろう。

例えば、ココナラやクラウドワークスの60分コンサルなどを使えば、数千円程で悩み解決ができたりする。

また、弊社月額制WEBマーケティングスクール「Withマーケ」も、月たった数千円で利用できるので、困った時は頼って欲しい。

 

5.実際に商品を販売してみる

最後、独学でWEBマーケティングスキルを劇的に高めるためには、商品販売の経験を積むといい。

商品販売というと難しく聞こえるが、まずは小さくても何でもいい。

例えば、アフィリエイトと言われるような、広告商品をブログ内で売ってみるのもいいし、

就活相談サービスなどをSNS経由で獲得してもいい。

WEBマーケティングで大事なのは、実際に何かを売ってみる経験だ。

 

実際に商品を売る経験を積む中で、消費者心理がわかるようになったり、集客のフローが理解できたりする。

このように、インプット→実践→インプット→実践の連続で、あなたのWEBマーケティングスキルは向上するし、

仮に独学だったとしても、個人でWEBマーケティング案件を獲得したり、商品を販売したりすることも可能だ。

イケベ
もちろん、それなりに時間がかかることは前提です!

 

初心者がWEBマーケティングの勉強で挫折する3大要因

ただ、最後に一つだけ注意点をお話ししておく。

WEBマーケティングは「誰でもできて簡単!」ということは決してない

WEBマーケティングを学ぶ人が増えてはいるが、挫折する人もたくさんいる。

そのため、初学者がよく”挫折するポイント”を3つお話ししつつ、その対策についてお伝えしていく。

 

1.インプットに偏り、実践をしない

まず、よくある失敗が、インプットばかりで実践をしていないというパターンだ。

私は、WEBマーケティングスクールを運営したり、WEBマーケティング学習者向けYouTubeを運営しているので、よくわかるが、

WEBマーケティングの習得が早い初学者は、必ず自ら実践経験を積んでいる

読書やセミナーも有効ではあるが、インプットだけでは決して身につかない。

サッカー選手になりたいのにもかかわらず、YouTubeで試合のハイライトばかり見て、実際にボールを蹴らないのと同じだ。

 

実践としておすすめしたいのが、ブログ運営、Twitter運用、インスタ運用など、お金をかけずともWEBマーケティング経験が積めるメディアの運用だ。

先ほどもお話ししたが、WEBマーケティングは実践でしか学べない

 

2.継続が前提なのに、すぐに結果が出ると思っている

続いて、よくあるWEBマーケティングの挫折ポイントは「すぐに結果が出る」と思い込んでしまうことだ。

WEBの世界には、怪しい広告が多い。

「たった1ヶ月で月30万円稼げる…」

「たった数ヶ月でトップマーケターになれる…」

もちろん、全てが不可能とは言い切れないが、正直過大広告ばかりだ。そんなにすぐに成果を出せたら、この世界にはもっとトップマーケターに溢れている。

ブログのアクセスにしても、SNSのフォロワーにしても、増えるのには時間がかかる。そして、それは現場のWEBマーケティング案件も同じだ。

独学でブログ運営やSNS運用をするのであれば、数字を伸ばしたり、収益に繋げるためには、平均6ヶ月〜12ヶ月は必要だ

 

3.スクールに行けば、WEBマーケターになれるという思い込み

最後、これもよくあるのが、スクールに行きさえすれば、WEBマーケティングスキルが身につくと思っているパターンだ。

私自身が、経営者としてWEBマーケティングスクールを運営しているからこその意見だが、「スクールに入りさえすれば、あとはどうにかなる」というのは間違いだ。

もちろん、スクールに入ることで、独学にはないスピード感で、WEBマーケティング学習は進むことだろう。

しかし、WEBマーケティングは”ただ”教えてもらうものではない

自ら学び、わからないところを教えてもらうのが、WEBマーケティングだ。

何度も言うように、WEBマーケティングは実践でしか学べないし、受け身で学べるものでもない。

まずは、あなた自身が自分で動いて学びにいくという、主体的な姿勢が必要だ。

イケベ
弊社も「Withマーケ」というスクールを運営していますが、伸びる人は、自ら動き試せる人です!

 

【質問無制限】WEBマーケティングの独学サポートをします

本記事では、WEBマーケティングを独学で勉強する方法についてお話ししてきた。

何度も述べたように、インプット→実践→インプット→実践の連続で、あなたのWEBマーケティングスキルは必ず向上する。

ただ、もし学習の途中で行き詰まったり、どうしてもプロのサポートが必要になりそうなときは、

私が代表講師を務める、月額制WEBマーケティングスクール「Withマーケ」を頼って欲しい。

Withマーケでは、SEOやSNSなどに関する170本を超えの動画講義、そしてプロに無制限で質問ができる環境を用意している。

もし、あなたの勉強のお役に立てるのであれば、その時は「Withマーケ」でお待ちしている。