月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』開校

「動画編集は稼げない..」は幻想であるワケ【稼げる人の3つの決定的要因】

 

副業や在宅ワークとして動画編集に興味をもっている人は少なくないでしょう。

しかし、情報収集をしている内に「動画編集はもう稼げない」「動画編集は今からでは遅い」などの言葉を目にして、動画編集の道へ進むことを悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は「動画編集の仕事に興味はあるが、今からでも稼げる?」と、今から参入できるのか不安に思っているあなたへ、動画編集が稼げないと言われている理由と稼ぐために必要なスキルを紹介します。

 

「動画編集は稼げない.. もう遅い..」と言われる3つの原因

なぜ動画編集は稼げないと言われているのでしょうか?

その理由は、主にこれから紹介する3つの原因があります。

タテイシリョウ
稼げないと言われている理由をチェックすることで、動画編集で稼ぐためのヒントが見つかります!

 

稼げないと言われる原因①:ツールの進化

まず、稼げないと言われている原因の一つに「ツールの進化」が考えられます。

タテイシリョウ
SNSの普及と5Gへの以降によって、スマホで気軽に動画を観る機会も増えたと感じる人もいるでしょう。

その背景には、スマホアプリで誰でも簡単に動画編集できる、アプリの進化があります。

アプリの活用により日常的に動画編集をする人も増えました。誰でも簡単に、アプリでテロップやアニメーションをつけられ、SNS映えする動画編集が可能です。

さらに、以前までは人が時間をかけていた作業が、ツールの進化により、自動的にできるようになった機能があります。

例えば、動画編集の仕事内容に、「字幕の挿入」という基本的なスキルで対応可能な作業があります。

初心者でも対応可能な字幕の挿入ですが、ツールの進化により動画編集者の手を借りずとも自動で字幕を挿入することが可能になりました。

このように、ツールの進化によって、誰もが手軽で簡単に動画編集ができます。

動画編集が身近になったことで、需要に対して動画編集者が多くなっています。

そのため、動画編集では仕事が獲得できず、稼ぎにくいと感じる人もいるでしょう。

 

稼げないと言われる原因②:競争率の激化

ツールの進化によって、動画編集が身近になりました。

身近になった動画編集に興味をもち、動画編集者を目指す人も増えてきています。

そのため、クラウドソーシングなどたくさんの動画編集者が仕事を求めて集まっている場所では、一つの仕事依頼に対して、応募する動画編集者の数も多くなっています。

その結果、仕事獲得の競争率も上がっています。

仕事を得られる確率が下がると、なかなか案件を獲得できない初心者の動画編集者も増えていきます。

案件を獲得できない期間が長くなると「稼げない」と感じてしまい、諦めてしまう人もいるでしょう。

 

稼げないと言われる原因③:単価の下落

競争率も高く応募者が多い状態は、動画編集の単価も下がっていきます

仕事の依頼者側は、動画編集の報酬を安く設定しても、たくさんの動画編集者からの応募があり、依頼先には困りません。

特に初心者はライバルも多いため、動画編集の報酬単価がどんどん下がっていってしまいます。

その結果、時間をかけても、まとまった収入にはつながらず、動画編集は稼げないと感じてしまうでしょう。

 

【結論】動画編集はまだまだ稼げる!(※ただし〇〇を持っている人に限る)

稼げない原因を読み、「これから動画編集で仕事をしたい私は本当にもう稼げないの?」と不安になった方もいるでしょう。

動画編集で稼げない原因はありますが、実は、動画編集はまだまだ稼げる分野です。

次に、動画編集がまだまだ稼げる理由について紹介します。

 

今後、動画編集の需要・将来性は右肩上がり

YouTubeの日常化、TikTokやインスタグラムでのショートムービー、Web広告など、動画を活用したビジネスやエンターティメントは今後も増えていくと予想されています。

5Gと呼ばれる通信速度の向上により、自宅だけではなく外出先でも動画をスムーズに視聴できる環境に変化しているからです。

以下は、動画広告の市場の調査結果です。

動画広告市場規模推計・予測

※参考資料:サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

この調査結果からも分かるように、動画を使ったビジネスは今後も加速していくと予想されます。

タテイシリョウ
10年前は「YouTuber」という職業を怪しいと感じていた人も、今では「私もやってみたい!」と考え方や見方が変わったという人も多いのではないでしょうか?

動画配信が一般人でも当たり前にできるようになったように、今後も動画を使ったビジネスやSNSは拡大していくでしょう。

さらに、動画は文字で伝えるよりも多くの情報をもっています。そのため、画像やバナーなどよりも広告でも、動画に力を入れる企業も増えてきます。

こうした背景から、動画編集者の需要は今後も伸びていくと予想できます

 

何のために「動画編集」という仕事は存在するのか?

動画編集の需要は、将来性もあり右肩上がりです。しかし、どんな人でも絶えず仕事を受注でき稼げる!というわけではありません。

なぜなら、稼げる動画編集者と稼げない動画編集者には違いがあるからです。

動画編集は、「クライアントの要望にあった動画を作ることはもちろん、さらにクライアントの売り上げをあげるための動画をつくる」ことが重要です。

一方で、ほとんどの稼げない動画編集者は、動画を作るだけで終わってしまいます。

クライアントの「もっと売上を上げたい」「動画から購入者を増やしたい」といった潜在的なニーズまで満たしていません。

しかし、稼げる動画編集者はクライアントの売上を上げるための、提案力を持っています

例えば、「売れる動画にするためにはどうしたらいいか?」「ブランディングに効果的な動画にするための提案」など、動画を制作するだけでなく、クライアントが動画に求める成果まで考え提案します。

このように、クライアントの潜在的なニーズを満たすことで、稼げる動画編集者に近づけるでしょう。

 

結局、クライアントの売上に貢献できる人が稼ぎ続けることができる

右肩上がりで将来性もある動画編集で稼ぎ続けるためには、クライアントの売上に貢献することが重要です。

「売れる動画」「ブランディングに効果的な動画」など、最終的に売り上げに貢献できる動画編集者になるためには、どうしたらいいでしょうか?

動画はインターネットの世界で、その効果を発揮しています。

そのため、Webマーケティングを学ぶことが、売れる動画やブランディングができる動画の制作に役立ちます。

タテイシリョウ
Webマーケティングとは、Webに特化したマーケティングです。

Webマーケティングを学ぶことで、「商品を売りたい」「ブランドを広めたい」といった目的対して、Web上で効果的な集客や認知度アップが期待できます。

クライアントの売り上げに貢献したい動画編集者も、Webマーケティングを学ぶことがおすすめです。

 

動画編集の副業で稼げない人の致命的な特徴3選

今後も、稼げる職業として動画編集に注目する人は多いでしょう。

将来性もあるため、今から動画編集スキルを身につけチャレンジしたいと考えている人もいるはずです。

しかし、「なぜ稼げない動画編集者がいるのか?」疑問に思う方もいるのではないでしょうか?。

ここでは、稼げない動画編集者によくある致命的な原因を紹介します。

 

稼げない人の特徴①:基本的な編集技術やコミュニケーション力が足りていない

稼げない人の特徴として、基本的なスキルやコミュニケーションができていないことがあげられます。

まず、仕事として対応できるだけの基本的な動画編集スキルがない人は、動画編集で稼ぐことはできません。

基本的な編集技術として身につけておきたいスキルは以下の3つです。

基本的な動画編集スキル
・カット
・テロップ・字幕挿入
・BGMの挿入

さらに、スマホアプリでの動画編集は誰でもできます。パソコンを使った詳細な動画編集ができることで、より案件を獲得しやすくなるでしょう。

また、動画編集の仕事は、クライアントとのコミュニケーションが必要です。

基本的なコミュニケーションが取れない人は、継続して仕事の依頼をもらうことも難しいため、稼ぐことが難しくなってしまいます。

 

稼げない人の特徴②:クラウドソーシングに頼っている

案件の獲得先として、たくさんの人がクラウドソーシングを使っています。

しかし、クラウドソーシングだけに頼って、案件を受注していると単価が上がらず稼げないといった人も少なくありません。

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をマッチングできるサービスです。一方で、初心者からベテランまでたくさんの人が利用しているため、競争率は自然と高くなります。

特に、初心者や実績がない時期はライバルも多く、単価の低い案件も受注することが難しいこともあるでしょう。

しかし、最初の実績作りのためにクラウドソーシングを利用した動画編集者もたくさんいます。

そこで、まずは「クラウドソーシングで月収5万円を達成したい」と思う人もいるのではないでしょうか?

クラウドソーシングを正しく活用することで、稼げる動画編集者に近づけます

5秒で登録できる「クラウドソーシング5日間講座」を受け取って、月収5万円を目指しましょう。

 

稼げない人の特徴③:動画編集しかできない

動画編集だけできる場合も、稼ぐことは難しいと言えます。

なぜなら動画編集は誰でもできてしまうからです。先述したように、ツールの進化やスマホアプリで、簡単に動画編集ができてしまいます。

動画編集で稼ぐためには、動画編集プラスαのスキルを身につけ、あなたの希少性を高めることが重要です。希少性を高め、他の動画編集者と差別化しましょう

動画編集で稼ぐためにプラスしたいスキルは、「セールススキル」や「マーケティングスキル」です。

仕事を獲得するためのセールススキルがない場合、動画編集スキルがあったとしても仕事を獲得できません。

さらに、マーケティングスキルを身につけておくことがおすすめです。マーケティングスキルは、営業をせずにあなたに依頼したいと仕事がくる仕組みを作れます。

しかし、マーケティングスキルは難しそう。勉強方法がわからない。という人も少なくありません。

「マーケティングって何?」「マーケティングすると具体的にどう変わるの?」と興味のある方は、まずはLINE登録をしてみてはいかがでしょうか?

 

動画編集の副業で稼ぎ続けている人の特徴3選

最後に動画編集で稼ぎ続けている人の特徴を紹介します。

タテイシリョウ
これから動画編集で稼ぎたい!と考えている人は、稼いでいる人の特徴を参考にして自身のスキルアップや活動に役立ててくださいね。

 

稼ぎ続ける人の特徴①:対応できる仕事の領域が広く、付加価値をつけている

動画編集で稼ぎ続ける人は、動画編集以外のスキルや経験を活かして活動しています。

動画編集以外の仕事も依頼できる動画編集者は、クライアントの信頼も向上し、ほかの依頼も受けることがあります。

おすすめのスキルは、Webマーケティングです。

Webマーケティングのスキルは、クライアントの売り上げにすぐに貢献できます。

そのため、あなたの動画編集者としての信頼もアップし、継続的な仕事の依頼や他の案件の獲得につながります。

タテイシリョウ
Webマーケティングの経験が全くない方も、今から学ぶこと可能です。

Webマーケティングを身につけることで、あなたの強みになり、他の動画編集者と大きな差ができるでしょう。

 

稼ぎ続ける人の特徴②:自分を選んでくれるような仕組みを作っている

稼ぎ続けている人は、選ばれる仕組みづくりをしています。

クラウドソーシングで、単発の案件ばかりを受注していては、その度に提案文を考え提出し選出されるかどうか時間を必要とします。

しかし、クライアント側からあなたに依頼したいと思ってもらえた場合はどうでしょうか?

案件を探し、提案する時間を削減できます。

さらに、選べばれるようになると、案件を探していた自分から案件を選べる自分へと変われます。

「この案件がなくなったら生活が苦しくなるから、断りたいけど断れない」といったケースも少なくなるでしょう。

案件に困ることがなくなり、自分や家族を大切にしながら動画編集を進められます。

しかし、動画編集スキルだけでは、ライバルも多いのが現状です。

選ばれるには、誰もが知る大手企業の動画制作の実績があったり、優れたスキルや経験が重視されることもあるでしょう。

しかし、大きな実績や経験がない場合でもWebマーケティングスキルを身につければ、選ばれる存在になれます。

Webマーケティングで、SNSやブログなどの活用方法を身につけ、自身のブランディングにも効果が期待できます。最終的に、選ばれる動画編集者に近づけるでしょう。

 

稼ぎ続ける人の特徴③:実際に動画編集で稼ぐ人が集まる環境に身を置いている

独学で学べる動画編集スキルですが、動画編集で稼ぐ人が集まる場所を活用することも大切です。

例えば、動画編集にもトレンドがあります。動画編集で稼いでいる人は、トレンドにも敏感でいち早く情報収集をしています。

さらに、スキルアップのアイデアや営業方法についても有益な情報をもらえるかもしれません。

また、「どのように売上に貢献しているのか」仕事の仕方や働き方について参考になる人も多いでしょう。

このように、独学では得られない情報や人との関わりが、稼ぐ人が集まる場所で得られます。

Withマーケでも、マーケティングを学びながら動画編集で稼いでいる人が集まっています。

人とのつながりを大切にしながら、動画編集を続けることで収益アップも期待できるでしょう。

 

まとめ:動画編集しかできない人は稼げないようになっていく。

タテイシリョウ
動画編集で稼ぐことは、今からでも遅くはありません。しかし、動画編集スキルだけでは稼げないことも事実です。

稼ぎ続ける動画編集者は、動画編集スキル以外のスキルを組み合わせてクライアントの売上に貢献しています。

また、案件の獲得方法も、クライアント側から選んでもらえる仕組みを作り、自分自身もまた案件を選べる仕組みを作っています。

そうすることで、寝る時間を削り作業し続けることで稼ぐのではなく、報酬に納得し無理のない働き方で稼いでいます。

そのためには動画編集スキル以外に、Webマーケティングスキルが重要です。

クライアントの売上に貢献し、自身の売上も向上するスキルがWebマーケティングです。

ブログ・SNSを含めて、Webでのビジネスは加速しています。

タテイシリョウ
動画編集者の需要もますます増えるなか、Webマーケティングの理解のある動画編集者は希少性も増し、他の動画編集者と差別化ができます。

その結果、仕事に困らず稼ぐ続けられるでしょう。

動画編集で稼ぎたい方は、Webマーケティングも合わせて学ぶことがおすすめです。

↓ 詳しくは下記ページの詳細を見てみると良いでしょう!

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です