月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

【土日夜間も可能】社会人向けWEBマーケティングスクールおすすめ7選

 

社会人になっても挑戦したい。

そんな方熱い気持ちを持った方をたくさん見てきたが、実際には仕事で忙しく家庭の事情もあり、生活スタイルに合った社会人向けのWEBマーケティングスクールを探すのは一苦労だ。

既に仕事を頑張っている中でさらに頑張ろうとしている人は応援したい。心からそう思う。

本記事は、頑張っている社会人の方の背中を押すWEBマーケティングスクールを調査し、厳選して7校まとめた。

WEBマーケティングを学ぶ意義を改めて整理し、納得した上で検討できるように記事を構成したので、ぜひ参考にしてみて欲しい。

 

WEBマーケティング×社会人は相性が良い4つの理由

タテイシリョウ

まず初めに、WEBマーケティング×社会人という掛け算の相性が非常に良い理由について解説していきます。

改めてWEBマーケティングを学ぶ価値を再確認して欲しいです。

1.キャリア選択肢を大幅に広げることができる

WEBマーケティングは、その他のスキルと掛け算しやすいスキルとして汎用性が高い。

一見関連性のない職種だったとしても、必ず活かせることをお約束できるぐらいだ。

例えば、あなたが化粧品に関してのスペシャリストだったとする。

その場合には、専門性を活かしてWEBメディアを立ち上げ、個人のビジネスに活かすことができる。

もう一つ例題を挙げれば、不動産業界経験がある場合には不動産業に特化したWEBコンサルタントとして活動することも可能だ。

WEBマーケティングでは、業界知識や専門知識を持っていることは非常に強い武器になり、圧倒的に戦略を考えやすい上に成果も出しやすい。

逆の立場になって考えてみると分かりやすい。

あなたが、不動産会社の社長で集客に困っていた時に不動産業界経験が豊富なWEBマーケターと広告代理店のWEBマーケターではどちらを採用したいと思うだろうか。

多少実力が劣っていたとしても不動産業界経験が豊富なWEBマーケターに仕事を頼みたいと思うはずだ。

この場合、実際に結果を出せるのも不動産業界に詳しいWEBマーケターだということは言うまでもないだろう。

 

2.個人でもコツコツと実績を積み上げやすい

WEBマーケティングは、思った以上に日常に密接に関わりがあるものだ。

例えば、外食する時にお店を検索する『食べログ』もお店を探す人を集め、お店に送客することで広告料を得ているわけだ。

食べログ規模のメディアを作るのはかなり難しいが、まずは自分自身の専門知識を外に配信するところからでもWEBマーケティングをスタートさせることができる。

こうしたスモールスタートができるのはWEBマーケティングの強みであり、

実際に手を動かしながらコツコツと学習を進められる点でも社会人の方にぜひおすすめしたいスキルとなっている。

WEBマーケティングを始めるのは、WEBメディアだけではない、SNSだって立派なマーケティングツールになる。

発想次第で、どうお客様を集め、気に入ってもらい、サービスの販売に繋げるのか、個人レベルでも可能性は無限大だというわけだ。

 

3.収入レンジが青天井

WEBマーケティングは、集客の自動化が可能なスキルだ。

ほとんど作業をしなくても集客ができ、商品やサービスが売れるという状況を作れるのはWEBマーケティングならではだと言えるだろう。

そのため、収入も天井がなく、努力次第で想像もできないほど収入を得ることも可能だ。

一般的な仕事のイメージとしては、働いた分だけお給料をもらう労働集約型なのに対し、労働していないのにお給料が発生するような仕組み作りができるWEBマーケティングは非常に魅力的だ。

 

4.時給単価が高い案件が豊富

もちろん、仕事をした分だけお給料をもらう喜びを忘れたわけではない。

私はどちらかというと、人と関わりながら働いてお金をいただく方が生きている感じがするし、非常に気持ちいいと感じるタイプだ。

しかし、社会人で本業の仕事をしながら副業的に働くとなれば、多くの時間を副業に費やすわけにもいかない。

そうなった時に、時給単価が気になるわけだが、WEBマーケティング職の時給単価は平均から大幅に高い数値を誇っている。

もちろん、業務内容やポジションにもよるが、少しの時間の稼働で多くのお金をいただけるのがWEBマーケティングスキルの特徴でもある。

また、ビジネスの中心にあるのがマーケティングと言って良いほど、マーケティングが上手くいくかでビジネスが軌道に乗るか決まるため、その責任の分だけ時給単価も高いというわけだ。

 

社会人が気をつけるべきWEBマーケティングスクールを選ぶ3つの基準

タテイシリョウ

社会人になってからは、学生と違い、時間の悩みに苦労するシーンが多いです。

学習時間を確保したいけど、仕事が押してしまい、結果的にスケジュール通り学習できないこともあります。

また、WEBマーケティングスキルを身に付けるのも社会人ならではの理由があるので、その点を踏まえて3つのポイントに絞りました。

1.学習スケジュールを柔軟に変更できるか

まず大切なのは、学習の強制力よりも学習スケジュールが柔軟に変更できるかがポイントだ。

その柔軟性は、学習スタイルで確認でき、自学中心のカリキュラムであれば可能だと言える。

また、講義に関しても録画の視聴や代講などが可能であれば、学習スケジュールを大幅にズラすことなく進めることができるだろう。

 

2.学習範囲が広範囲に及んでいるか

WEBマーケティングスキルは、専門分野に特化して学習するだけでは仕事にならない。

例えば、SNSマーケティングスキルがあり、フォロワーを集めることができても、商品やサービスの販売まで繋げるには別のスキルが必要だ。

社会人こそ生活を考えるとWEBマーケティングを使った収益化は視野に入れなければならない。

仮に副業案件を獲得するにしても成果を出すためのスキルセットを揃える必要がある。

だからこそ、学習範囲は広範囲に学べるスクールを検討するべきだと考えている。

 

3.質問対応に積極的な姿勢はあるか

これは学習スケジュールが柔軟に対応できるかというポイントにも関連するが、質問対応に積極的な姿勢があるかも重要なポイントになる。

なぜかというと、どれだけスキマ時間を活かして学習できるかで学習効率が大きく変わるからだ。

特に社会人はまとまった時間が取れないことも多いため、どれだけ効率的に学習していくかが鍵を握るが、そのキモとなるのが『分からないことを質問すること』だと言える。

抽象的で理解しにくいWEBマーケティングについては、より質問をすることで本質的に理解を深めていくことが求められるため、質問回答に関するサポート周りはよりチェックするようにしておこう。

 

社会人向けWEBマーケティングスクールおすすめ7選【土日夜間も可能】

タテイシリョウ

ここまで、社会人ならではの忙しさを考慮したスクールの選び方を解説してきました。

この章からは、いよいよ社会人に本当におすすめできるWEBマーケティングスクールを7校に厳選して解説していきます。

1.Withマーケ | 日本最大級の月額制WEBマーケティングスクール

参照元:Withマーケ

Withマーケは、日本最大級の月額制WEBマーケティングスクールだ。

月額3,980円という低価格ながら、実績のある現役WEBマーケターが現場で実際に使っている生のノウハウを惜しみなく提供している珍しいスクールだ。

また、無制限Q&Aサービスというものも提供していて、WEBマーケティング関連することならなんでも質問できるサービスとなっている。

WEBマーケティングに関連することとは以下のようなことだ。

無制限Q&Aサービスの質問内容例
  • WEBマーケティング学習に関すること
    Withマーケで学習した内容以外にも書籍で読んだ内容など全て
  • WEBマーケターになるためのキャリアについて
    転職や仕事獲得など現役WEBマーケターに聞きたいキャリア戦略
  • 実際の業務で困っていること
    ※実務でアドバイスをもらいたいことを質問する
  • 自身が経営している会社の集客について
    実際に会社経営している方で集客に困っている場合のアドバイス

上記のように、文字通りWEBマーケティングに関する内容なら現役WEBマーケターが全て質問回答していくサービスとなっている。

そのため入学する方の中には、現役WEBマーケターや経営者もは多く、学習教材に関してもより実践的でハイレベルな質問が日々投稿されている。

「ホンモノを学びたい」と考えている方には、Withマーケに入学することで間違いなく転職や仕事獲得、売り上げ向上などの様々な目的を達成できるだろう。

コース名 受講料金
無料お試しプラン 無料
徹底サポートプラン 月額3,980円

※上記プランは全額返金保証付き

2.WEBMARKS | SEOマーケター専門の養成スクール

参照元:WEBMARKS公式

WEBMARKSは、国内でも珍しいSEO対策専門のSEOマーケター養成スクールとして運営されている。

SEO対策とは、簡単に言えばWEBメディア運営のアクセスアップを目指すために必要なもので、アクセスアップを専門に対策するWEBマーケターだと考えておけば大きな間違いはないだろう。

また、WEBMARKSの最も大きな特徴は、9ヶ月の転職支援サポートが付いている点だ。

全てのWEBマーケティングスクールを調査した中でも料金設定は高めではあるが、学習期間が3ヶ月、転職支援サポート期間9ヶ月の合計1年サポートを考えると逆に安いと言える。

コース名 受講期間 受講料金
就職コース 3ヶ月の学習
+
9ヶ月の案件獲得支援
498,000円
フリーランス養成コース 498,000円
就職+フリーランス両取りコース 598,000円

※上記プランは全額返金保証付き

3.デジプロ | 1on1指導のWEB広告運用者専門スクール

デジプロ参照元:デジプロ

デジプロは、WEB広告運用プロから直接1対1で学べるパーソナルトレーニングが特徴だ。

実績のあるWEB広告運用者が直接指導してくれるため、どのように数値を判断し、運用していくべきか戦略だけではなく、PDCAの回し方まで教わることができるため非常に実践的だ。

WEB広告運用に特化しているため、他のスキルを身に付けることはできないが、就職サポートも充実している点も非常に魅力的なカリキュラムだと言えるだろう。

また、WEBマーケティングスクールでは珍しく、教室で直接学ぶことができる通学コースも用意されているため、オンライン学習が苦手な方には特におすすめしたい。

コース名 受講期間 入会金 受講料金
通学プラン 2ヶ月 33,000円 330,000円
オンラインプラン 385,000円

※上記プランは全額返金保証付き

4.Wannabe Academy | 受講中に実務経験を積むことができるスクール

参照元:Wannabe Academy

Wannabe Academyは、主にWEB広告運用を学ぶことができるスクールだ。

実務特化のカリキュラムで少し難易度高めだが、補講受け放題など高い難易度でもクリアできる対策は万全だ。

注意点としては、学習期間が3ヶ月で転職などのサポートに4ヶ月の合計7ヶ月がスクール在籍期間となっているため、そのスケジュール感は頭に入れておきたい。

また、学習期間終了後に希望すれば、実際にクライアント企業の業務を行う実践研修にも参加することができるため、受講中に実践したいと考えている方には特におすすめできるスクールだ。

受講期間 入会金 受講料金(学割)
7ヶ月 66,000円 198,000円

5.TechAcademy | テック系最大手スクール

参照元:TechAcademy

テックアカデミーは、プログラミングスクールだが、その中でWEBマーケティングコースをいくつか開講しており、WEB担当者向けのテック系に強いスクールだと言える。

個人的には、WEBマーケティングに特化したスクールの方がWEBマーケティングに関しては、深く学ぶことができると言えるが、

サイト運営やサイトの裏側のプログラミングに関する知識も含めて学習したい場合には、テックアカデミーは非常におすすめできるスクールと言える。

また、WEBアナリストとしてデータ分析の専門家としてキャリアを進めたいと考えている方は、

プログラミングとWEBマーケティングの両軸で学ぶ必要があるため、テックアカデミーはバランスの取れた学習環境だと言えるだろう。

受講期間 受講料金(学割)
4週間 163,900円
8週間 196,900円
12週間 229,900円
16週間 262,900円

6.マケキャン | WEBマーケティングスクール業界最大手

参照元:マケキャンbyDMM.com

マケキャンは、WEBマーケティングスクール業界最大手のスクールだ。

転職成功率98%を誇り、WEB広告運用に絞った学習カリキュラムで転職を目指すスクールとして人気がある。

以下の料金表を見ると分かるが、他社スクールと比較しても高額な料金設定となっているため、即決できる方はそういないが、検討の価値は大いにあると言えるだろう。

学習コースと転職コースの2種類の用意があるが、やはり目玉としては転職コースで、学習コースを検討している方は他社スクールでも十分目的を達成できるのではないかと考える。

コース名 入会金 受講期間 受講料金
学習コース 33,000円 2ヶ月 385,000円
転職コース 3ヶ月 657,800円

※上記プランは全額返金保証付き

7.SHElikes | 女性限定のキャリアスクール最大手

参照元:SHElikes

SHElikesは、女性限定のキャリアスクールとして絶大な人気を誇っている。

副業女性のためのキャリアスクールという立ち位置で考えておくと良い。

実際の受講者も副業的な収入アップ実績が多く、「バリバリと働いて高収入」という感じではないが、「確実に月3万円稼ぐ」という目標には合っているスクールだ。

学習教材に関しては、全25コースの内容が学べるようになっているが、コースによってはレッスン内容や量にばらつきがあり、動画制作コースに至っては3コースしかない状況だ。

しかし、学習範囲は非常に多岐に渡っており、SNSマーケティングからWEBメディア運営、WEBデザイン、動画編集など様々なことをつまみ食いできるスクールと覚えておこう。

まとめ

以上、社会人の方向けに必要なスクールの選び方とおすすめのスクール7校の解説をしてきた。

繰り返しになるが、社会人ならWEBマーケティングスキルは非常に時間的コスパが良いもので、近年流行っているプログラミング学習よりも少ない学習時間で実務に辿り着くことができる。

そのため、社会人の方には自信を持ってWEBマーケティングをおすすめできる。

今回は、社会人向けのWEBマーケティングスクールを厳選してお伝えしてきたが、それぞれ特徴が全然違うため、自分に合ったものを選ぶ時には3つのポイントを思い出しながら検討して欲しい。

最後になったが、必ずしもWEBマーケティングスクールに通うべきだと言うつもりはない。

覚悟さえあれば、独学だって可能だと思っているし、できないことでもないはずだ。

ただ、時間をお金で買う投資としてスクール利用は、賢い選択肢の1つだと考えている。

何よりも大切なのは、熱意なので、そこだけは失わずあなたに最適な選択肢を見つけて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です