【簡単10秒】副業で稼ぐには〇〇だけ知ってればOK

Webライターはやめた方がいいと言われる理由|知られざる過酷な現実と成功する人の共通点について解説!

 

Webライターで生計を立てるなんて無理なのかな、やめた方がいいの?

周りから「Webライターはやめた方がいい、稼げないよ」などと言われたことのある初心者ライターはきっと少なくないでしょう。

実際のところ、Webライターの仕事は楽な仕事ではありませんし、成功する人よりも挫折してあきらめる人の方が格段に多いです。

タテイシリョウ
本記事を担当しているタテイシです。

コロナの影響もあってか、副業人口が急増し、中でも特に注目を集めた「Webライター」の仕事。

スキルや資格がなくてもすぐに始められる敷居の低さは魅力ですが、なかなか稼げるようにならないのも事実。

今回はWebライターはやめた方がいいのか、成功するにはどうすれば良いのかについてお話しします。

今回の記事では、Webライターはやめた方がいいと言われる代表的な理由について具体的に紹介します。

その上で、Webライターとして成功するために必要なことについても解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

Webライターはやめた方がいい8つの理由

タテイシリョウ
Webライターはやめた方がいいと言われる理由は山ほどありますが、一言で言ってしまうと「きつい割に稼げない」からでしょう。

ここでは、その理由をさらに細かく8つの項目に分けて解説します。

初心者は文字単価1円以上を獲得するのが大変

文字単価が低くて稼げないのは、ライターの悩みの代表格。

初心者Webライターは、それはもうとんでもないほどの激安案件をこなしているケースが多々あります。

文字単価1円はほど遠く、0.5円を切る案件しか獲得できないとなれば1日1万文字書いても日給5000円。

いくらなんでも日給5千円では本業にすることはできません。

5記事書いて6千円の報酬。

確かに初心者のうちは「自分の文章がお金になった!」と嬉しい気持ちになるかもしれませんが、長期的にWebライターとして生計を立てることを考えると不安になりますね。

こちらの方は好きなジャンルだからと言う理由で文字単価0.3円単価の記事を継続して書いているとのこと。

0.3円ということは3000文字の記事でもたったの900円です。

仮に執筆に2時間かかるとしても時給450円ですから、なかなか厳しいですね。

クライアントに振り回されるストレス

Webライターが成功するかしないか、ストレスなく仕事できるか否かを左右するのは「クライアント」でしょう。

クライアントとの相性が悪いと、日々の仕事のストレスは会社員のそれを凌ぐほど。

特に、レスポンスの遅いクライアントにあたると、「え?ちゃんと報酬支払われるよね?」と不安になることもしばしば。

Webライターを長く経験していれば、一度くらいは「報酬も振り込まずに音信不通になったクライアント」との苦い経験があることも珍しくありません。

メッセージのやり取りだけでもストレスを感じさせるクライアントとの長期的な付き合いは確かにおすすめできません。

しかし、初心者のうちは特に案件がなかなか獲得できないため、自らが下手に出て気を遣いながら仕事をするWebライターも少なくないでしょう。

 

Twitterを見ていると、やはり連絡がスムーズに取れないクライアントに気を揉んでいるライターが多いことがわかります。

Webライターは想像以上にクライアントワークなので、人とのコミュニケーションに苦手意識を感じる方にとってはなかなか難しい仕事だと言えます。

書いても書いても終わらない辛さ

いくら文章を作ることが好きな人でも、毎日毎日書き続けるとなると話は別。

Webライターがきついと感じるのは、「仕事が終わらない」辛さがあるからです。

特に、低単価案件を大量に受けてしまっているライターの場合は、やめたくなるほど嫌気が指す瞬間も多いはず。

「もうどうしても書けなくなった、書くのが辛くなった」という理由でWebライターをやめた人は実際にたくさんいます。

毎日12時間パソコンに向かって疲れ果てる

Webライターの仕事は実に地味で単調です。

毎日長時間パソコンに向かい記事を作成することの繰り返しで、忙しい時には1日の半分をパソコンの前で過ごすこともあるでしょう。

当然目の疲れや肩こり、頭痛に悩まされるライターは多く、体調管理も難しくなりがち。

「動かなくていい仕事=楽な仕事」ではありません。

特に、Webライターは副業として取り組んでいる人も多くいます。

その場合は本業と別に執筆時間を確保したり、家事や育児の合間に記事を書いたりと、とにかくスケジュール管理が肝。

結果的に休む時間がろくに取れず、疲労困憊してやめてしまうWebライターも少なくありません。

ライティング以外の作業が意外に大変

Webライターが意外と苦戦するのが、ライティング以外の作業です。

Webライターはもちろん、記事を執筆する仕事なのですが、実際のところはそれ以外にもあれこれとやらなければならない作業が発生します。

Webライターのライティング以外の仕事
  • 記事執筆前のリサーチ
  • 取材
  • 写真撮影
  • 画像加工・編集

記事を執筆するだけならいいのですが、それ以前に競合リサーチにも時間がかかりますし、さらに挿入する画像を指定のサイズに加工するのも一手間。

慣れれば大したストレスは感じないのですが、これらのライティング以外の作業に時間を取られてしまい、記事執筆時間を十分に取れず苦労するライターも多いです。

稼げるようになる気がしない

Webライターはやめた方がいいのかもしれない、と感じる理由の中でも特に大きいのが「稼げるようになる気がしない」というもの。

低単価案件が多いことは先ほども伝えた通りですが、その状況から抜け出せる気がしないため、モチベーションが保てなくなってしまうケースは多いです。

この方のように、思うように案件が獲得できず、自信を持って納品した記事がダメ出しされ、辛い思いをしながら踏ん張っているWebライターも多いです。

この状況が永遠に続くのではないか、と不安に駆られながらもなんとか頑張り続けるには、相当な精神力が必要ですね。

自己管理が難しい

Webライターだけではありませんが、在宅で働く人たちに求められるのが高い自己管理能力

極端に言えば、「今日は気が乗らないから遊びに行こう」と思えばいつでも出かけられますし、「眠たいから10時まで寝よう」と思えばそれも可能なのが在宅ワーク。

家で仕事ができるのはWebライターの大きな魅力ですが、その自由さゆえになかなか自己管理ができないというのもありがちな状況です。

特に、何か(本業や家事育児)とWebライターの両立を目指す場合はなおさら難易度が上がります。

限られた時間を最大限に活用するためには相当な自己管理能力が求められるため、自分でスケジュールを決めてその通りに動くことが苦手な方にとっては、非常に難しいでしょう。

オンとオフの切り替えがしづらい

Webライターはいつでもどこでもネット環境とパソコンさえあれば仕事をすることができます

どこでも仕事ができるのは確かに大きな魅力ですが、裏を返せば、オンオフの切り替えが非常に難しいとも言えます。

「完全にオフモードにする」ことができず、休むと決めて家でダラダラしていても結局は仕事のことが頭をよぎりパソコンを開いてしまう…。

自由になりたくてWebライターになったのに、会社員時代よりも長い時間を仕事にあててしまっているというWebライターは非常に多い印象です。

この方の言うように、Webライターは自分にとって大事なものは何なのかをしっかり念頭に置いて仕事をしなければいけません。

きちんとオンオフを切り替えることができなけれ、時間さえあれば仕事ばかりしてしまい、精神的に追い詰められ苦しくなってしまうでしょう。

Webライターはやめとけと言う人の特徴

タテイシリョウ
Webライターなんてやめた方がいいよ、と言う人の多くはWebライターの仕事を正しく理解していない人、もしくは過去に少しやってみたけれど稼げなかった人でしょう。

ここであらためて、Webライターはやめた方がいいと助言する人に共通する3つの特徴についてお話しします。

Webライターでまともに稼げた成功体験がない

Webライターに挑戦してみたものの、文字単価の良い案件を獲得できず、月に10万円も稼げなかったという苦い経験を持つ人はたくさんいます。

Webライターを目指しても結局うまくいかずに成功体験を積み重ねることができなかった人ほど、他のライター志望にネガティブ発言をしがち。

その裏側には「自分が失敗したから人にも成功してもらいたくない」という僻みや妬みがあったり、純粋に「自分が無理だったからきっとあなたも無理なはず」と決めつけていたり、いろんな感情が渦巻いています。

あくまでも人の意見は聞き流す程度に留めておくに限ります。

Webライター歴が1年未満

Webライターの仕事を知ったようなものの言い方をする割に、Webライター歴が極端に短い人は多いもの。

「Webライターって厳しいよ。自分もやってたけどあれじゃまるでお金にならないし」などのコメントをする人は、実際Webライターとしてやれることを全部やった人ではありません。

Webライターで稼いでいる人の多くは、1年目にかなり苦労している人でしょう。

苦しい時期を乗り越えて、2年目3年目で収入が安定してくるのが通例です。

Webライターとしてのキャリアが短い人の「やめた方がいい」は、とりあえず聞き流しておいて問題ありません。

クラウドソーシングでしか案件を受注していない

現役Webライターでも、クラウドソーシングでしか案件が受注できていない人は多いはずです。

クラウドソーシングの案件が全て良くないとは言いませんが、手数料を考えるとどうしても「稼ぎにくい」と言わざるを得ないのが本当のところ。

「Webライターやってるけどなかなか難しいからやめた方がいいよ」と言う人の多くは、クラウドソーシングのみで案件獲得をしている人でしょう。

月30万以上稼ぐようなWebライターは、案件の大半を直接取引で受けています。

クラウドソーシングの世話にならず、直接取引で案件が獲得できるようになると、そのあたりから収入は一気に上がり始めるのがWebライターの特徴。

クラウドソーシングのみで稼ぐWebライターの「稼げないからやめとけ」も、聞き流してしまってOKです。

Webライターで成功する人の共通点

タテイシリョウ
ではここで、Webライターで成功する人の共通点についてお話ししましょう。

Webライターで安定収入を稼ぎつづけることができるのは、以下の3つの特徴に当てはまる人たちです。

ライティングスキルを磨く努力を怠らない

Webライターを始めるにあたり、何か特殊なスキルや資格が必要なわけではありません。

しかし、Webライターとして稼ぎ続けるには、スキルを磨く努力が必要不可欠です。

ただ単に獲得できる案件だけを受注しながらこなしていても、収入は上がらずいつまでも低単価案件から抜け出せません。

稼ぐためのライティングスキルを身につけ、そのスキルをブラッシュアップし続ける人こそが、月収20万、30万を超えるWebライターになれる人でしょう。

タテイシリョウ
稼ぐためのライティングスキルについては後ほど紹介しますのでご安心を!

あわせて、スキルを身につけるための方法についてもお伝えしますので楽しみにしていてくださいね!

どうしても会社勤めに戻りたくない

もう後戻りできない状況に追い込まれると、人は信じられないほどの力を発揮することができるものです。

Webライターにも同じことが言えます。

Webライターを目指す理由にはさまざまなものがありますが、やはり「会社員を辞めてフリーランスとして独立したい!」という動機は非常に多いでしょう。

もう二度と会社勤めはしたくない!上司にこき使われるなんて二度と無理!

そんな強い思いがあれば、Webライターのきつい下積み時代も乗り越えられるもの。

どれだけ辛くてもWebライターは一応「自由」です。

その自由を手放せない!と強く思う人ほど、どうにかしてWebライターとしての成功への道を切り開くことができるのです。

人脈を増やすことに長けている

前半にもお伝えしましたが、Webライターはクライアントワークです。

つまり、クライアントとの出会いがあなたのWebライターとしての成功を左右すると言っても過言ではありません。

もしくは、ディレクターからライティング案件をもらっているのであれば、しっかりノウハウを叩き込んでくれるディレクターとの出会いが、あなたを成功に導くきっかけにもなり得ます。

要は、Webライターとして成功するには、人脈の構築を避けて通れないということ。

人に誠意を持って接し、人脈を構築することに長けている人は、Webライターとしても圧倒的に成功しやすい人です。

Webライターで稼ぐために必要な2大スキル

タテイシリョウ
ではここで、Webライターとして成功するため、稼げるようになるために必要な2つのライティングスキルについて紹介しておきましょう。

セールスライティング

一つ目は、セールスライティングのスキルです。

セールスライティングのスキルとは、文章で商品やサービスを売り込むために欠かせないスキルで、セールスライティングができるとできないとでは、ライターとしての価値がかなり変わります。

文章でものを売るスキル「セールスライティング」は驚くほど汎用性が高く、さまざまな案件において役に立ちます。

セールスライティングスキルが求められる案件
  • ECストアの商品紹介文作成
  • ランディングページのテキスト作成
  • アフィリエイトブログの記事作成
  • メールマガジン文章作成

このように、「セールスライティング」を身につけることで、受けられる案件の幅が一気に広がり、高単価案件も獲得しやすくなります

SEOライティング

二つ目は、SEOライティングのスキルです。

すでにWebライターの仕事を始めている人なら、SEOについてはお分かりかと思いますが、「SEOライティング」ができずしてライターは務まりません。

SEOライティングスキルとは、キーワードに沿ったライティングの手法で、そのキーワードで検索されたときに検索結果に上位表示させるためのスキルです。

SEOライティングができると胸を張って言えるようになれば、獲得できる案件は確実に増えるでしょうし、単価UPも目指しやすくなります。

今の時点でSEOスキルについて不安が大きいなら、可能な限り早急にSEOについて学んでおくことを強くおすすめします。

Webライターで生計を立てるならまずはスキルを取得!

タテイシリョウ
結論、Webライターをやめた方がいいと判断するのはまだ早いです。

先ほど紹介した2つのライティングスキルを身につけて、スキルのあるライターとして再出発しましょう!

というわけで、最後に「効果的にスキルを身につけるための最善の方法」について紹介します!

ここで紹介したいのが、月額制Webマーケティングスクール『Withマーケです。

Webライティングにおいて最も重要とも言える「SEOライティング」「セールスライティング」のスキルを身につけることができる、月額制のオンライン学習プラットフォームWithマーケ

もちろんライティングのみならず、Webに関わるその他幅広い知識も身につけられる充実のコンテンツ内容

オンラインで学べるWithマーケでは、ハイレベルの知識を持った講師に、不明点について質問できるシステムも整っているなど、徹底的に理解を深めることができる環境が整っています。

ここでガッツリスキルを身につけることができれば、Webライターで着実に稼ぐための土台づくりが可能です。

しかも今なら、5日間の無料特別講座に登録いただくことが可能!

この5日間講座で、Withマーケの使い勝手の良さ、コンテンツの豊富さなどをぜひ体感してみてください。

\Webライターに必須のスキルが身につく!/

5日間の無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

まとめ

今回は、Webライターはやめとけと言われる主な理由や、Webライターとして成功するための必須スキルについて解説しました。

どんな仕事も努力なしに成功はあり得ません。

結論、Webライターはやめた方がいいという助言は無視して問題ありません。

大事なのは、あなたがこれからWebライターとして稼ぐために必要なスキルを身につけ、そのスキルをブラッシュアップし続けること

正しい方法を学び、その上で継続的に努力し続ければ、Webライターとして成功することはもちろん可能ですよ!

 

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です