【簡単10秒】副業で稼ぐには〇〇だけ知ってればOK

まとめサイトの作り方5ステップ|まとめサイトでは稼げない理由についてもわかりやすく解説

 

まとめサイトってよく聞くけど稼げるの?アクセス数が稼ぎやすいとは聞いたけど‥。

1つのテーマに関する情報のみを集めたまとめサイトは、すでにネット上に公開されている情報を集めて作成するもの。

となると、自力でゼロからリサーチして記事を作るよりも「楽に作れるのでは?」と感じる方も多いでしょう。

タテイシリョウ
本記事を担当しているタテイシです。

今回のテーマは「まとめサイトの作り方」です。

まとめサイトで稼ぎたい、まとめサイトの作り方を知りたい、という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事では、まとめサイトがどのようなものなのかについても詳しく説明しています。

また、まとめサイトを作りたいとお考えの方の多くは「稼ぐ」ことを目的としていると考えられます。

果たしてまとめサイトは収益化に向いているのか、稼ぎやすさについても解説していきますよ!

まとめサイトの3つの種別

タテイシリョウ
一般的に「まとめサイト」と呼ばれるサイトは主に3つのタイプに分けられます。

ここでは、まとめサイトの3つの種別についてそれぞれの特徴をわかりやすく解説しておきましょう。

まとめブログ

1つ目はまとめブログです。

まとめブログとは、ブログ上に2ch(現在の5ch)などのスレッドをコピーしてまとめたもののこと。

情報元としては2ch以外にもTwitterやYouTubeを扱う場合があります。

要はコピペするだけで作成できるので、文章力に自信のない方や自力でリサーチして文章を作成するのに苦手意識のある方にも簡単に記事を作成できます。

2chの全盛期でもあった2000年台中頃にコピペブログを作成する人が急増したことで一気にその数が増えましたが、今はその勢いはやや現象傾向にあります。

タテイシリョウ
今は5chは転載禁止のルールもできており、まとめブログを作成する際には「5chからの使用許諾」を取る必要があります。

まとめWiki

ゲームの攻略情報のまとめなどに多いのがまとめWikiです。

Wikipedia同様のシステムで、不特定多数の人からの情報提供で成り立つまとめWiki。

最大の特徴は、「誰でもネット上で加筆・編集が可能」な点にあります。

更新自体もとても手軽にできるため、最新情報を素早くまとめられる点がまとめWikiのメリットでしょう。

キュレーションサイト

キュレーションサイトもまとめサイトの一種です。

簡単に言うと、「複数ユーザーが集めた情報をまとめているサイト」です。

「キュレーションサイト=まとめサイト」と捉える考え方もあります。

キュレーションサイトで最も知名度が高いのが「NAVERまとめ」ですね。

2009年から11年にわたってキュレーションサイトの代名詞として知られたNAVERまとめですが、2020年の9月末でサービスは終了しています。

NAVERまとめはアカウント登録をすれば誰にでも自由に記事を作成することができるシステムで、さらにアクセス数に応じたインセンティブ制度などもあり、多くの人から注目されていました。

キュレーションサイトは、NAVERまとめ同様に、アカウント登録さえすれば誰にでも記事を作成することができるもの。

自分でブログを作るのではなく、すでに作られているサイトに記事を投稿していくだけなので、とても簡単に始められる点がメリットです。

まとめサイトで稼ぐために必須の広告とは

タテイシリョウ
まとめサイトを作って収益化する場合に必要なのが「広告掲載」です。

Webサイトを作成して稼ぐには、「記事を読んで何かを購入してもらう」か、「記事を読んだついでに広告を見てもらい、クリックしてもらう」ことが必要。

ここでは、まとめサイトに掲載できる2種類の広告について紹介しておきましょう。

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、Googleが運営するクリック報酬型広告と呼ばれる広告の一種です。

あなたの作成したまとめサイトにアクセスした人が、表示されている広告をクリックすればその時点で報酬が発生します。

記事の内容や読者のこれまでの検索履歴などから、Googleが適切な広告を選んで表示するため、クリックされる確率が高いのがGoogleアドセンスの魅力。

ただし、1クリックごとの単価は1円から100円とかなり低め。

平均50円で計算しても1万円稼ぐのに200回クリックされる必要があります。

タテイシリョウ
しかも、アドセンスのクリック率は0.2%ほどです。

10万人のPV数が稼げるブログでやっと月に1万円ほどの報酬ですから、Googleアドセンスで「がっつり稼ぐ」というのはまず現実的ではありません。

成果報酬型広告

もう一つの広告とは、成果報酬型の広告です。

アフィリエイトとは「成果報酬型広告」と呼ばれる広告の一種です。

実際、ブログで稼ぐ人の多くはアフィリエイトで稼いでいます。

アフィリエイト広告を貼るためには、まずASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録し、案件ごとに提携申請をする必要があります。

アフィリエイトの特徴は、「クリックでは報酬が得られない、あくまでも商品購入や契約の時点で初めて報酬が発生する」点でしょう。

ただし、先ほどのアドセンスと比較すれば報酬額はかなり高め。

案件にもよりますが、1件あたり3万円を超えるようなものもあります。

1件の額が大きいため、気の遠くなるほどのアクセス数を稼がなくても月に数十万円の報酬を目指すことが可能なのが、アフィリエイトのメリットです。

まとめサイトの作り方

タテイシリョウ
さて、ここからは実際に今からまとめサイトを作る場合、どのような順序で進めれば良いのかを説明します。

まとめサイトの作り方は大きく5ステップ!ではさっそく、それぞれのステップについて見ていきましょう。

1.ブログを開設する

まとめサイト自体は無料ブログでもワードプレスブログでも作成することが可能です。

しかし、ここでは「ワードプレス」でブログ開設する選択肢をおすすめします。

無料ブログはすでにベースが整っている状態なので、デザインなどについて深く考える必要もなく、すぐに記事の作成に入れる点が大きな魅力です。

そして、何より費用もかかりません

なぜ無料ブログでなくワードプレスブログをおすすめするのかと言うと、

ブログを作るならワードプレスブログがおすすめな理由
  • 無料ブログは自由度が低く、希望通りのカスタマイズができない
  • 無料ブログ自体が閉鎖されると記事が全て消滅するリスクがある
  • ワードプレスで有料ブログを開設してもかかる費用は月千円ほどと安い
  • 長期的に考えるとワードプレスの方がリスクがなく安定して稼ぎやすい

などが挙げられます。

必ずワードプレスでなければならないわけではありませんが、迷うくらいならワードプレスが圧倒的におすすめです。

2.ジャンルを選定する

何のまとめサイトを作るかどうか、そのジャンルについても絞っておく必要があります。

ここで意識すべきは、「アフィリエイト広告が貼りやすいジャンル」を選ぶこと。

何にも関連付けられない癖の強いまとめサイトを作ってしまうと、そこから広告収入につなげにくくなってしまいます。

Googleアドセンスならどのジャンルのまとめサイトにおいても機能しますが、前述の通りアドセンスで大きく稼ぐことはまず不可能。

ちなみに、アフィリエイトにおいて稼げるジャンルとは、以下の条件に当てはまるジャンルのことを言います。

稼げるジャンル
  • ASP案件が多いジャンル
    (アフィリエイトで稼ぐのに有利)
  • 報酬単価の高いジャンル
    (報酬単価が1万円以上だと月10万円以上も狙いやすい)
  • 知識・興味のあるジャンル
    (読者に読まれる記事が書きやすい)
  • マーケットが大きいジャンル
    (ニーズが多い方が当然有利)
  • 上位表示されている記事があまり強くないジャンル
    (あなたの記事が勝てる可能性がある)

上記の条件にマッチするアフィリエイトジャンルを先に選び、そこに関連の深いテーマでまとめサイトを作っていくのが無難でしょう。

3.情報源を決める

まとめサイトの情報源をどこにするかも決めておかなければなりません。

選択肢としては以下の3つ。

  • 5ch
  • YouTube
  • SNS

では、それぞれの情報源について細かく解説しておきましょう。

5ch・2ch

5chの最大の魅力は、取り扱いテーマの幅が広いこと。

見つからないテーマは存在しないのでは?と思えるほど豊富なので、あなたが書きたいと思う内容に関連するスレッドが見つからないことはまずありません。

ですが、同じテーマでも関係のない内容が多く書き込まれているスレッドも多く、スレッドごとにかなり印象が異なるイメージを受けるのが5chの特徴。

まとめサイトの情報源として引用する際には、スレッドの中身を自身の目でしっかりと確認しておくことが大事です。

また、前半でもお伝えした通り、5chのスレッドは無断転載不可です。

許諾を取ってから掲載することも忘れずに。

Youtube

まとめサイトの情報源としてYouTubeを選択するのもアリです。

YouTubeのまとめサイトとは、「ある特定のテーマに関連した動画を集めて記事にするサイト」のこと。

きっとこれまでに目にした方も多いはずです。

YouTubeの動画を条件で絞り込み、自動でまとめてくれるツールも多く出回っていますが、このような自動ツールで作成した記事はなかなかGoogleにおいて評価されにくいのがデメリット。

どうしても自動ツールを使いたいのであれば、可能な限りオリジナリティを持たせ、文章を自分で考えて追記するなどの工夫が必要です。

SNS

SNSの中でも、まとめサイトの情報源として特に使いやすいのはTwitterでしょう。

Twitterは文章メインのSNS。写真メインのInstagramよりもまとめサイトとしては使いやすいと言えます。

Twitterのまとめサイトは、ツイートを埋め込むことでワードプレスブログ上に綺麗に見栄え良く整えることも可能です。

もしも文字だけ引用する場合には、ツイート元のアカウントがわかるように明記することを忘れずに。

また、Twitterを元に情報収集する場合には、Twitterのトレンドワードを参考にする方法も有効です。

今、この瞬間に人々が何に興味を持っているかを知るのに非常に役に立つTwitterのトレンドワード。

記事を書く際のネタに困ったときにも積極的にチェックしに行く癖をつけておくと良いですよ。

4.広告種類を選ぶ

まとめサイトの収益化に向けて、どの広告で稼ぐかを決めましょう。

ここで選ぶべきはGoogleアドセンスかアフィリエイト広告の二択。

アクセス数が数十万を超えるようなサイトなら、アドセンスでもそれなりに稼げます。

ですが、今サイトを立ち上げた段階で、莫大なアクセス数を見込むのは非現実的ですね。

というわけで、ここでは「アフィリエイト広告」を選びましょう。

5.記事を投稿する

まとめ記事を投稿していきます。

まとめ記事を投稿する際には、ツールを使用する人が大多数を占めるでしょう。

ワンタッチで完全自動で記事を投稿できるツールもありますが、このようなツールで作成した記事はGoogleの評価が低くなり、アクセス数が見込みにくくなります

ツールを一切使わずに、とは言いませんが、ツール使用の場合にもあなた自身の手で読者に向けた文章をしっかりと追記することが大事です。

【悲報】まとめサイトで稼ぐのは至難の業!その理由とは

タテイシリョウ
ここで残念なお知らせですが、まとめサイトで稼ぐことは簡単ではありません。

むしろ、稼ごうと思うのであればまとめサイトを作ること自体を見直した方が良いです。

ここでは、なぜまとめサイトでは稼げないのか、その決定的な理由を3つお伝えします。

購買意欲の低い読者が集まりやすい

稼ぐためには文章を読んだ人が何かの商品を購入する必要があります。

しかし、まとめサイトの読者の多くは購買意欲の低い人たちです。

なぜなら、まとめサイトを日頃から愛用して頻繁に読む読者は、基本ネットに詳しい人たち。

このような人たちにとって、サイト上に見える広告は邪魔でしかありません。

あまりに広告が多ければ「ここで稼ごうとしているんだろうな」という魂胆もバレバレになってしまい、サイトのイメージ自体が悪くなってしまうこともあります。

さらに、ジャンルをあまり明確に絞り込んでいないまとめサイトは、コンテンツの内容やターゲットも記事ごとにバラバラ

このようになんとなく集まった読者たちに向けて何か広告を仕掛けたところで、なかなか刺さることはありません。

Googleに評価されにくい

Googleはコピペコンテンツを嫌います。

この特性を考えると、そもそもまとめサイト自体がGoogleから気に入られる可能性がかなり低いサイト種別であることがわかります。

Googleは前以上にオリジナリティを評価しており、近年では特に個人ブログなどでも上位表示されやすくなっています。

まとめサイトはSEO的に非常に不利であるのは確か。

稼ぎにくいだけでなく、そもそもアクセス数をあつめること自体が難しいのがまとめサイトだと言えます。

2ch自体の利用者が減少傾向

昔に比べると、2chの利用率や利用者は減少傾向にあります。

2chは日本最大の匿名掲示板として、かなり長期に渡りその人気を独占してきました。

最も勢いがあったのは2009年ごろと言われており、その利用者数も一千万人を超えていたとか。

しかし、その後2chと別に5chが登場したり、掲示板上に誹謗中傷を含む内容が投稿されて問題になったりと、状況は変化します。

今ではSNS利用者数が増えたこともあり、2chのような場所自体が以前ほど貴重な存在でもなくなったのも、2chが衰退している理由の一つでしょう。

2chから情報収集するまとめサイトは、これからさらに作りにくくなること、そして稼ぎにくくなることは容易に想像できます。

稼ぐ目的ならブログアフィリエイト一択

タテイシリョウ
まとめサイトを稼ぐために作ろう!と思っているならここで一旦その案は考え直すべきです。

なぜなら、結局稼ぐためならブログアフィリエイトに勝るものはないから!

ここでは、なぜまとめサイトよりもブログアフィリエイトに特化したサイトの方が良いのかを解説します。

アフィリエイトに特化したブログでは、以下のことが可能です。

  • 商品紹介の記事を投稿できる
  • ターゲットに沿った執筆がしやすくなる
  • 購買意欲の高い読者を意図的に集めることができる
  • Googleに評価されるサイトに育てることができる

まとめサイトにおいては、これらのポイントをクリアすることが難しく、どうしても「幅広く購入意欲が全くない読者もランダムに集めてしまう」特性が拭えません。

つまり、「稼ぐ=商品を売る」と考えれば、まとめサイトよりもはじめからアフィリエイトサイトを作る方が断然近道であると断言できます。

まとめ

今回のテーマは「まとめサイト」について。

まとめサイトと呼ばれるサイトにはどのような種類のものがあるのか、そしてまとめサイトの作り方についてわかりやすく解説しました。

結論、ブログを開設して稼ぐのであれば、まとめサイトでなくアフィリエイトサイトの方が良いです。

これからWebで稼ぎたい、という方はぜひアフィリエイトサイトの開設を検討して見てくださいね!

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です