【簡単10秒】副業で稼ぐには〇〇だけ知ってればOK

美容室の集客方法を一挙紹介!|絶対に外せない3つのポイントについても解説

 

美容室の集客UPを図るには一体何から手をつければいいんだろう‥。

近所を見渡すだけでも相当な数の店舗数がある美容室。

エリアによっては競争が相当厳しくなっているところも少なくありません。

ライバル店に勝ち、潜在顧客にあなたの美容室に予約をしてもらうためには、戦略的に集客UPを図る必要があります。

タテイシリョウ
本記事を担当しているタテイシです。

美容室の集客にはいろいろな方法があります。

ネット上での集客だけでなく、オフラインの集客方法もたくさん!

今回は、美容室の集客をテーマに、集客方法ごとにみる特徴や、自社サイトからの集客UPを狙うためにすべきことについて解説します。

今現在、美容室の集客が上手く行っていないと感じる美容室経営者の方にとって、参考になるヒントがたくさん隠れています。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

【オフライン】美容室の集客方法

タテイシリョウ
ここでは、美容室のさまざまな集客方法について紹介していきます。

まずはオフラインでおこなう3つの集客方法についてみていきましょう

1.地域のフリーペーパーに掲載

美容室に行く場合、多くの人が「家の近所」からそう遠くないエリアで美容室を探します。

美容室はそもそも母数が多く、お住まいのエリアに十分比較検討できるくらいの数があることがほとんどで、それらを差し置いてわざわざ遠くのエリアまで出かける人の方が少数派だからですね。

ここで有効な集客方法のひとつに、「フリーペーパーへの掲載」が挙げられます。

フリーペーパーは地域ごとに発行されている無料のもので、自宅のポストに投函されたり、コンビニなどで自由に受け取れたりします。

地域のフリーペーパは、まさに「近所の人たち」にしか行き渡らないものなので、ターゲット層にドンピシャで届きやすいのがメリット。

また、掲載料金も全国版のものよりも圧倒的に安価である場合が多いため、コストをあまりかけずに集客UPを目指したい方にもピッタリです。

2.DM(ダイレクトメール)

美容室の集客として効果の高いものの一つにDM(ダイレクトメール)があります。

代表的なものを例に挙げるのであれば、以前来店したことのある顧客に向けてハガキを出し、リピート利用を促すというものですね。

美容室が集客目的でDMを出す場合には、さまざまな種類があります。

DMの種類
  • サンクスDM(来店のお礼)
  • 季節イベントDM(クリスマスや年賀状、暑中お見舞い)
  • 誕生日DM
  • 新商品・キャンペーンの案内DM

DMはハガキですが、すべてをプリントアウトするのではなく、一言担当美容師からメッセージを添えるのがおすすめ。

顧客にとってみれば「みんなに出してるんだろうな」と思われるDMですが、

「○○さんこんにちは!その後パーマはどんな感じですか?扱いづらくなったらいつでも相談してくださいね」

などと書いてあれば一気に印象が変わります。

タテイシリョウ
一人一人の顧客に合わせたメッセージを書き添えるのはやや骨の折れる作業ですが、集客UPには効果が高い方法なのでぜひ頑張ってみてください。

3.友人紹介キャンペーンの強化

美容室であなどれないのが「顧客の紹介による新規獲得」の方法。

「あの美容室良かったよ!」と信頼のおける友人や知り合いがすすめる美容室なら「行ってみようかな」と思えるもの。

そのチャンスを最大限に活かすためにも、「紹介キャンペーン」を考えてみましょう。

紹介者と紹介された人の両方ともにメリットのある紹介キャンペーンは、「私も次回割引が受けられるから紹介したい!」という気持ちにさせてくれるもの。

しかも、広告宣伝費は一切かからない点が嬉しいですね。

割引率を大きく設定してしまうと店側の利益に影響を及ぼすため注意が必要ですが、支障のない範囲内でなるべく大きなディスカウント率を設定することで、集客に関しては高い効果が見込めるでしょう。

【オンライン】美容室の集客方法

タテイシリョウ
美容室に行きたいと思ったときに、行きつけの美容室が決まっていない人はまずネット検索をします。

つまり、オンラインの集客がきちんとできていなければ、新規顧客を取りこぼしてしまうということ。

ここからは、美容室の集客方法の中でも「オンライン」で行う方法についてまとめていきます。

1.ホームページやブログ

美容室を探すとき、多くの人は「美容室 ○○市(エリア)」などの検索ワードでネット検索をするでしょう。

このときに、あなたの美容室がきちんと検索結果の目立つところ、つまり上位に表示されていると確実に有利です。

ですが、今の時点であなたの美容室の公式ホームページが検索結果にまったく出てこないとなれば、これは早急に対策を練る必要があります

検索結果に表示させるためには、検索キーワードに沿った記事やコンテンツがサイトの中に存在している必要があります。

タテイシリョウ

これらの改善を図るためにはWeb集客に関する専門知識が必要。

今、「自分ではまるでWeb集客のことがわからない」という方でも、これから学んでいくことで知識とスキルを積み上げていくことは可能です。

その方法については後ほど紹介しますね!

 2.ポータルサイトに掲載

美容室を探すときに良く活用されるのが、ホットペッパービューティーなどのポータルサイト

全国各地の美容室情報が一気に検索できる非常に便利なツールです。

ポータルサイトに一切掲載していない美容室はまず存在しないと思いますが、万一掲載がまだの場合は、真っ先に掲載登録を済ませましょう

ポータルサイトによっては、月額固定費が一切かからず予約件数をもとに成果報酬を支払うシステムを採用しているものも多くあります。

3.Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、Googleが無料で提供しているビジネス支援ツールです。

Googleマップ上で美容室の情報を表示させることができるので、エリアを絞って美容室を探している人にばっちりアプローチができる方法ですね。

しかし、競争の激しいエリアに関しては、あなたの美容室を優先的に上位に表示させられない限り、他の情報に埋もれてしまう可能性が高いです。

まずは、自分自身で検索してみて、どのような美容室が上位表示されているのかをチェックしてみるといいでしょう。

上位表示のための明確な条件は明らかにされていませんが、レビューが多く評価が高かったり、掲載コンテンツが充実していると判断されたりすると、上位表示されやすくなると言われています。

4.SNS

美容室のオンライン集客にSNSは欠かせません。

特に、美容室はカットやカラーなど腕前を写真でたくさんアピールすることで、顧客の興味を強く惹きつけることが可能。

この特性を考えると、SNSの中でも特にInstagramを強化する必要がありますね。

スタイリストごとのスタイル紹介や、顧客のヘアカットやカラーのビフォーアフターはとても参考になり、美容室選びの際に役に立つ情報です。

こまめに発信することで、潜在顧客に向けた効果的なアプローチが可能になるでしょう。

美容室の集客で重要な3つのポイント

タテイシリョウ
ここまでで、美容室におけるオフライン、オンラインそれぞれの集客方法について解説しました。

美容室の集客を成功させるためには、非常に重要なポイントが3つあります。

ここでは、その3つの重要ポイントについて解説しておきましょう。

1.自店の最大の強み・アピールポイントを明確にする

一般人から見てみれば、美容室はどこも似たように見えてしまうため、それぞれの美容室の特徴や強みをいかに分かりやすくアピールするかが重要なポイント。

「価格が安い」のか、「カラーが得意」なのか、「トップレベルのスタイリストに担当してもらえる」なのか、とにかくイチオシポイントを絞ってアピールするようにしましょう。

2.メインターゲットを具体的に想定する

美容室は多くの場合幅広い年齢層の顧客をターゲットにしたいと思うものですが、メインターゲット層はある程度絞り込むに越したことはありません。

なぜなら、ターゲット層が広すぎるとどうしても集客UPを図る際の施策を考えにくくなるからです。

「男女問わず、10代から60代の全ての人に愛される美容室を目指す」などの心意気は素敵ですが、メインターゲットを具体的に想定してみましょう。

特に強化したい客層でも構いません。

メインターゲットの想定例
  • 20代半ばから30代前半の会社員女性
  • 流行に敏感で「今どき」のスタイルを求める人
  • ヘアカラーは「外国人風」に憧れている
  • 月に1度の美容院に1万円くらいならかけても良いと思っている

このように、年齢や性別、好みのスタイルはもちろんのこと、金銭感覚についても想定しておくと良いです。

3.新規・既存顧客それぞれに集客の戦略を立てる

美容室の集客は、大きく新規と既存の2タイプに分けて考える必要があります。

なぜなら、新規の集客と既存顧客に向けての集客では、考え方も攻め方も全てが異なるからです。

新規顧客獲得のためにすべきこと
  • ターゲット層に一人でも多く美容室の存在を認知してもらう
  • 競合と比較した上であなたの美容室を選び予約をしてもらう
既存顧客のリピート利用促進のためにすべきこと
  • リピート予約を獲得し、その後長期に渡り継続的に利用してもらう
  • 美容室のクオリティに満足してもらい、知人や友人を紹介してもらう

このように、全く目的が異なります。

それぞれに施策を考える必要があるため、全てを一括りに「集客」と捉えるのではなく、新規・既存の2通りでそれぞれに戦略を練りましょう

Webマーケティングを学び集客に役立てる

タテイシリョウ
美容室の集客UPに必要なのは、あなた自身の集客に関する知識レベルをUPさせることです。

集客は極端な話、コンサルタントに依頼するなどして改善を図るなどの方法もありますが、長期的に費用がかかることを考えると、最善の策とは言えません

というわけで、最後に「あなた自身がWebマーケティングを学び集客UPを図る」ための方法について紹介します!

ここで紹介したいのが、月額制Webマーケティングスクール『Withマーケです。

Webマーケティングの基礎知識から、集客に欠かせないSEOやセールスライティングなど幅広いWeb知識を学ぶことができる、月額制のオンライン学習プラットフォームWithマーケ

オフラインでの集客ももちろん重要ですが、やはりいち早く改善すべきは「より大きなインパクトを与えられるオンラインでのマーケティング」でしょう。

オンラインで学べるWithマーケでは、ハイレベルの知識を持った講師に、不明点について質問できるシステムも整っているなど、徹底的に理解を深めることができる環境が整っています。

ここでガッツリ知識を身につけることができれば、美容室におけるWeb集客改善のためにやるべきことが必ず見えてきます。

しかも今なら、5日間の無料特別講座に登録いただくことが可能!

この5日間講座で、Withマーケの使い勝手の良さ、コンテンツの豊富さなどをぜひ体感してみてください。

\美容室の集客に役立つスキルが身につく!/

5日間の無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

まとめ

今回の記事では、美容室の集客について解説しました。

美容室にはオフラインでの集客、オンラインでの集客とさまざまな集客方法がありましたね。

あなたの美容室の最大の魅力を、メインターゲットに確実にアピールすることで、「競合に勝てる美容室」に近づくことが可能です。

ネットの力は偉大です。

あなた自身がWebマーケティングの知識を身に付けることで、あなたの美容室をオンラインで最大限アピールすることが可能になるでしょう。

今からでも遅くありません!

ぜひ、基礎からWeb集客について学んでみてはいかがでしょうか。

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です