月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』開校

【デジプロの評判《7つのメリット》】転職先やデメリットなどデジプロの実態を大暴露

【デジプロの評判《7つのメリット》】転職先やデメリットなどデジプロの実態を大暴露

 

「未経験からWebマーケターに転職したいけど、どうやって学ぼうかなぁ. . 」

「デジプロっていうWebマーケティングスクールあるみたいだけど、一体どんなスクールだろう..?」

完全未経験だと、プログラミングやWebデザインなどと違って、実務でしか学べないWebマーケティングは習得するのが大変ですよね。

 

そんな中、色々とWebマーケティングが実践的に学べるスクールを探していたところ、『デジプロ』を見つけれたかと思います。

本記事では、そんな『デジプロ』の良い評判だけでなく、デメリットなどの実態や気になる転職先などを大暴露していきます。

タテイシリョウ
現役Webマーケター 兼 CMOである僕が、受講生のリアルな評判や意見をもとに、『デジプロ』をプロの視点から徹底解説します!

 

最後まで読んで、実践的にWebマーケティングを学べて、自分に合うスクールを見つけ、理想の未来に近づいていきましょう!

 

総評:デジプロはどんな人が受講すべき…?

結論、『デジプロ』は未経験から実務に使えるWebマーケティングスキルを学び、就職や転職、副業や起業に活かしたいと考えている方にとっては、おすすめできるスクールです。

特に、未経験からたった2ヶ月で転職サポートを受けながら、広告運用職にいち早く転職をしたい方にはデジプロは最適でしょう。

実践的なカリキュラムで、未経験でも短期間で実務レベルの広告運用スキルを学べるので、多くの受講生から好評を得ています。

 

しかし、デジプロには、無視できない大きなデメリットがあることも忘れてはいけません。

それは、、なかなか手が出せない「高額な受講料金」です。(相場の平均価格くらい)

 

たしかに、料金が高い分「実績のある現役マーケターからの指導」、「パーソナルトレーナーによるマンツーマン指導」など、実際に学習サポートはかなり手厚いです。

しかし、受講期間はたった2ヶ月間ということもあり、習得できるスキルもごく一部です。

そして、成果を出せるマーケターになって継続的に稼いでいくためには、もっと幅広く、徹底的にWebマーケティングについて学習し続ける必要があります。

 

タテイシリョウ
Webマーケターになって、自由な働き方をしたり、より高い問題解決スキルを持ち合わせて年収を上げたりしたいのなら、デジプロでは少々物足りない..というのが実情です。

そういった方は、継続的に稼げる上位10%のWebマーケターを目指す「月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』」や、

4~16週間で集中して学習できるコスパの良い『TechAcademy Webマーケティングコース』などの方が向いてるかと思います。

「Withマーケ」に関しては、業界最安値でありつつ、300本以上の圧倒的なボリュームと質にこだわった動画講義が用意されており、業界初の無制限に質問し放題なので、コスパにおいては右に出るものはありません。

詳しくは後ほど、他社のWebマーケティングスクールとの比較もしてますので、よかったら目を通してみてください!

 

そもそもデジプロとは?【2022年最新】

最初に、2022年の最新情報をもとに「デジプロ」について軽くご紹介してきますね。

 

デジプロの基本情報

デジプロ1
スクール名 デジプロ
運営会社 株式会社Hagakure
料金(税込) 【通学プラン】(2ヶ月)
入会金:33,000円
受講料金:330,000円
(学割価格:275,000円)
【オンラインプラン】(2ヶ月)
入会金:33,000円
受講料金:330,000円
(学割価格:275,000円)
学習形式 通学、オンライン学習
受講場所 【通学(教室)】
渋谷・大阪・福岡・千葉 (津田沼)・神戸・大宮・横浜・広島・名古屋・北海道
【オンライン】
zoom
習得できるスキル リスティング広告
Google広告
Yahoo広告
Facebook広告
Twitter広告
ディスプレイ広告
データ分析(Excel)
転職支援 あり(転職保証なし)
無料相談 無料オンライン説明会あり

『デジプロ』は、Web広告運用プロから直接1対1で学べるパーソナルトレーニングが特徴のWebマーケティングスクールです。

また、デジプロは数あるWebマーケティングスクールの中でも、受講者数が多いことで有名です。

最近では、日本マーケティングリサーチによると、「Webマーケティングスクール累計受講者数No.1」「直近1年間の受講者数No.1」「現在の受講者数No.1」の3冠を達成したことで話題になっています。

デジプロ_受講者数No.1

そして、受講者数だけでなく、校舎数(教室の数)でも、Webマーケティングスクールの中でNo.1を獲得しています。

コロナが蔓延している今の時代、オフラインでの講義を行なっているスクールはなかなか無いですし、教室も全国各地にあるので、直接リアルに会って受講したいという方には最適ですね。

 

デジプロの運営会社

デジプロは、大手ネット広告代理店のGMOで年間20億円以上広告費運用をしていたという奥 雄太氏が経営している「株式会社Hagakure」によって運営されています。

  • 所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目10-12 新大宗ビル3号館531号
  • 設立:2018年10月

株式会社Hagakureはデジプロ以外にも、ベンチャー企業向けのネット広告運用支援事業を展開しているので、そのノウハウや知見がスクール事業にも反映されてると思われます。

GMOグループで年間運用費20億円の広告運用者や、サイバーエージェントで複数回MVPを受賞した実力者が直接指導してくれるのも株式会社Hagakureならではなのですね。

そのためデジプロでは、教科書的ではなく、実践的な生のスキルを手に入れることができます。

 

デジプロ受講生によるリアルな評判・口コミ

ここでは、早速デジプロ受講生によるリアルな評判や口コミを見ていきたいと思います。

生の声を参考にするだけでも、デジプロの実態がよくわかると思うので、一つ一つ見ていきましょう。

 

デジプロの良い評判・口コミ

まずは、デジプロ受講生による”良い”評判・口コミからご紹介してきます。

 

体系的に知識を得ることができる

困ったときはすぐにチャットで相談できる

実際に管理画面を触って実践的に学べる

転職サポートが手厚い

 

デジプロの良い評判や口コミをザッとまとめると、以下の通りです。

  • 体系的に知識を得ることができる
  • 困ったときはすぐにチャットで相談できる
  • 実際に管理画面を触って実践的に学べる
  • 転職サポートが手厚い

学習サポート、キャリアサポート、両面において手厚いことが伝わりますね。

 

デジプロの悪い評判・口コミ

次にデジプロの悪い評判・口コミを見ていきますが、探してもネット上にはあまり悪い評判や口コミが見当たりませんでした。

唯一、下記のツイートから、未経験から2ヶ月でWebマーケターに転職することの厳しさが伝わってきます。

他のデジプロに関する記事を見てみると、

  • オンラインだと進捗管理が甘かった
  • デジプロの申し込みサイトがわかりづらかった
  • ただ広告運用を学びたい人には実践的すぎた

などがありました。

 

受講者数が多いのにも関わらず、ここまでイマイチな悪評が無いのは珍しいことで、かなり多くの人から好評を好評を得ていることがわかりますね。

 

デジプロが多くの人に選ばれる7つの理由【魅力・メリット】

なぜここまでデジプロは多くの人に選ばれているのでしょうか?

ここでは、デジプロの魅力やメリットを7つお伝えしていきます。

一つずつ深掘りしていきましょう。

 

デジプロのメリット①:実際に広告を運用しながら実践的に学べる

デジプロでは、実際に広告運用の管理画面を触って、実務と同じように運用しながら実践的に学ぶことができます。

具体的には、広告のキャンペーンを作ってから、実際の入稿から運用まで、一通りのフローを経験することができるので、体系的に知識が身に付きます。

 

デジプロのメリット②:実績のある現役マーケターから直接教えてもらえる

デジプロの講師は非常に経験豊富で質が高く、トップレベルの実績を持っているツワモノが揃っています。

具体的には、大手インターネット広告代理店のサイバーエージェントでMVPを複数回受賞した方や、大手GMOグループで年間20億円を超える広告運用をゴリゴリ回してきた方などが在籍しています。

こんなトップマーケターから直接教えてもらえるのは、未経験学習者にとって良い経験となることでしょう。

 

デジプロのメリット③:受講期間は気軽に視聴できる動画講義が見放題

デジプロは、基本的に動画講義で学んでいく学習スタイルとなっており、この動画講義は受講期間中見放題なので繰り返し復習することができます。

動画講義では主に、Web広告の概論やGoogle・Yahoo!・SNSなど各媒体の基礎知識や入稿方法、広告タグの設置、データ分析など「広告運用」に関する網羅的な学習が可能です。

オンラインであっても、わからないことは何度でも講師に質問できるので、安心して自分のペースで学べます。

 

デジプロのメリット④:パーソナルトレーナーが個別で付いてくれる

デジプロでは、生徒一人一人に現役のマーケターが「パーソナルトレーナー」として個別で付き、継続的に学習を進められるよう進捗管理や相談など手厚くサポートしてくれます。

デジプロ_パーソナルトレーナー

1対1なので講師に質問もしやすく、キャリアのことや具体的なノウハウについて直接聞けるので積極的に質問できる人におすすめしたい環境です。

わからないことがあってもスグに質問でき、その上実績のある現役Webマーケターのリアルな話を聞けるため、モチベーション高く学習を進められますね。

 

デジプロのメリット⑤:場所によってはオフライン(教室)で学べる

他のスクールでは、完全オンライン完結のところが多い中、デジプロでは以下の2通りから受講形式を選択することができます。

【オンライン】マンツーマンレッスン

【通学】最大5名のグループレッスン
教室の場所:渋谷・大阪・福岡・千葉 (津田沼)・神戸・大宮・横浜・広島・名古屋・北海道

教室に行って実際に顔を合わせ、同じ空気で一緒に学習を進めると、モチベーションが上がり、楽しく学んでいけますよね。

また、気軽に質問しやすかったり、共に頑張る同期との絆が生まれたりするのも、オフラインで受講することのメリットでしょう。

 

デジプロのメリット⑥:手厚い転職サポートが受けられる

以前のデジプロには転職サポートがなかったようですが、近年デジプロは転職サポートを開始しており、未経験から転職したい方にもおすすめできるような内容となっています。

具体的には、Webマーケティング業界に強い代表的な転職エージェントである「マスメディアン」と業務提携することで、優良企業を紹介できる体制が整っています。

実践的なカリキュラムや手厚い学習&転職サポートが功を奏し、転職先の企業からデジプロ卒業生に対する高評価の声が多数上がっているようです。

※ 具体的な転職先に関しては、詳細がわからなかったので、詳しくは「無料説明会」にて聞いてみるのが良いでしょう。

 

デジプロのメリット⑦:一週間以内の全額返金保証がある

入会してから「思ってたのと違った…」となっても大丈夫。万が一の場合でも、受講開始から一週間以内に退会を申し出れば、受講料金を全額返金する保証が付いています。

デジプロでは、そういった自分には合わないという場合でも、安心してキャンセルできるので、不安で何もわからない未経験の方に優しい環境が整っています。

デジプロでは、まず最初に無料説明会があるので、そこで自分にそもそも合いそうか質問して確かめてみると良いでしょう。

 

受講生が語るデジプロに通ってイマイチだったこと【デメリット3選】

ここまで、多くの受講生が感じるデジプロのメリットを7つご紹介してきました。

次に、受講生がイマイチだと感じたデジプロのデメリットを3つお伝えしていきますね。

一つずつ見ていきましょう。

 

デジプロのデメリット①:転職保証がない

デジプロには、手厚い転職サポートはあるのですが、転職保証はありません。

つまり、「もし転職できなかったら、返金します」みたいな保証がないのです。

もし、確実に転職したいという方は、Webマーケティングスクールの中で唯一転職保証があるマケキャンを検討してみると良いでしょう。

 

デジプロのデメリット②:広告運用しか学べない

デジプロで学べるスキルは、基本的に「広告運用」に関連するものしかありません。

カリキュラムが良くも悪くも広告運用に特化しているので、短期的に深く集中的な学習ができるのですが、Webマーケティングの全体像を学びたい方には物足りないかもしれません。

もし広告運用だけでなく、SEOやTwitter、Instagram、公式LINE、YouTube、Webデザインなどのその他Webマーケティングスキルを学びたいのであれば、

月額制WebマーケティングスクールのWithマーケSHElikesなどがおすすめです。

 

デジプロのデメリット③:受講料金が高い

デジプロは入会金で33,000円、受講料金で330,000 (通学プラン) や385,000円 (オンラインプラン) がかかります。

Webマーケティングスクールの受講料金の平均値を算出すると、大体「30万~40万円」が相場になってくるので、特別高いわけではありませんが、高額なのには変わりないですよね。

講師やカリキュラムの質が高いことを考えれば妥当かとは思いますが、お財布と相談して無理のない範囲でスクール選びをする必要があります。

後ほど、デジプロのコスパや学習内容などを他のWebマーケティングスクールを比較しているので、参考にしてみてください。↓

 

デジプロのカリキュラムについて【内容や流れ】

では、デジプロの実践的なカリキュラムは一体どういったものなのか?実態を見ていきましょう。

具体的には、デジプロにおける「カリキュラムの内容」や「学習の流れ」について深掘りしていきます。

 

デジプロのカリキュラム内容

デジプロでは、2ヶ月間で広告運用について以下のようなことを学びます。

デジプロ_広告運用の内容
  • リスティング広告
  • Google広告
  • Yahoo広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • ディスプレイ広告
  • データ分析
  • Excel操作

実際に現場で使われるインターネット広告やソーシャル広告を網羅しているカリキュラム内容となっており、媒体ごとに広告運用を学べます。

それぞれの広告の特徴や違いを理解できるので、偏った知識ではなく体系的に広告運用を理解することができるようになります。

↑ 実際にデジプロで使われている動画教材のサンプル ↑

 

デジプロにおける学習の流れ

デジプロの学習の基本的な流れとしては、「事前に動画教材で予習をしてきて、週一回の講義で知識を定着させていく」といった進め方です。

(オンラインプランの場合はマンツーマン授業、通学プランの場合は最大5名の少人数グループ授業)

 

また、実践的な広告運用の学習の流れですが、主に以下の3STEPで学んでいきます。

  1. 広告の基礎から運用方法を学ぶ
  2. 実際に広告を入稿してみる
  3. 管理画面を見ながらGoogleAnalyticsで分析する

これらを一人で独学するのは難しいので、一通りの流れを短期間で経験できるデジプロのカリキュラムは非常に魅力的だと言えます。

 

STEP1:広告運用の基礎を学ぶ

実際に現場で使われるインターネット広告やソーシャル広告の運用方法を、媒体ごとに広告の特徴や違いを踏まえながら網羅的に学びます。

 

STEP2:実際に広告を入稿してみる

学んだ広告運用の基礎知識をもとに、自分自身で設計した広告を実際に各メディアに入稿してみます。

 

STEP3:管理画面を見ながらGoogleAnalyticsで分析する

入稿した広告がどのような反応を得ているかを、GoogleAnalyticsの管理画面を実際に見ながら計測・分析していきます。

 

デジプロの料金【他社4つのWebマーケティングスクールと比較】

まず、デジプロの料金(入会金と受講料金)については以下の通りです。↓

デジプロの料金(税込)
通学プラン(2ヶ月) オンラインプラン(2ヶ月)
入会金 33,000円 33,000円
受講料金 330,000円 385,000円

 

続いて、他社4つのWebマーケティングスクールと料金や学習内容などを比較してみました。↓

▼ おすすめWebマーケティングスクール5選 比較表【自分に合ったものを選ぼう】※ 右にスクロールできます →

スクール名 受講料金 学習期間 学習内容 特徴
デジプロ 【入会金】
33,000円
【受講料金】
通学
↪︎ 30,000円

オンライン
↪︎ 385,000円
2ヶ月 ・リスティング広告
・Google広告
・Yahoo広告
・Facebook広告
・Twitter広告
・ディスプレイ広告
・データ分析(Excel)
・Web広告運用のプロから直接1対1で学べるパーソナルトレーニングがある。
・広告運用に関しては指導者のレベルも含めトップレベル。
Withマーケ 【入会金】
29,800円
【受講料金】
月額4,980円
無制限 ・マーケティング戦略
・SEO対策
・SNS運用
・広告運用
・LINEマーケティング
・Youtube運用
・データ分析
・案件獲得、仕事獲得
・実際に現役Webマーケターとして活躍する各分野のプロが、実際に成果が出た具体的なノウハウを深く解説している。
・『無制限Q&Aサービス』がある。
マケキャン 【入会金】
33,000円
【受講料金】
657,800円
2~3ヶ月 ・マーケティング戦略立案
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告
・データ解析
・レポーティング
・転職成功率98%という転職実績で、採用通過率1%のパーソナルキャリアトレーナーが1対1でサポートしてくれる。
・戦略から運用までフルサポートしてくれるので、即戦力として転職しやすい。
WEBMARKS 【入会金】
33,000円
【受講料金】
648,000円
2ヶ月
(+仕事獲得サポート10ヶ月)
・SEO対策
・就職、仕事獲得
・アクセス解析
・国内でも珍しい『SEOマーケター』を養成するスクールとなっており、総合力を身につけやすいメディア運営を学べる。
SHElikes 【入会金】
162,800円
【受講料金】
月額10,780円
1~12ヶ月 ・マーケティング戦略
・Webデザイン
・Webサイト制作
・Webライティング
・SNS運用
・広告運用
・動画編集
・案件獲得、仕事獲得
・女性限定のスクール。
・特にWebマーケティングの講座が豊富に用意してあり、全27種類のマーケティング活動に関わるスキルを身につけることができる。
・デザイン面に特に強い。

 

ざっと目的別にまとめると、以下の通りになります。↓

【目的別】おすすめWebマーケティングスクールのまとめ

【転職・就職支援に強い】
『デジプロ』『マケキャン』がおすすめ。

【フリーランスや副業、起業などに強い(個人で仕事を獲得しやすい)
『Withマーケ』『WEBMARKS』『SHElikes(※女性限定)がおすすめ。

【受講料金が安い】
『Withマーケ』『SHElikes(※女性限定)がおすすめ。

 

また、価格の安い順に並べると、以下のようになります。↓

【価格の安い順】おすすめWebマーケティングスクールのまとめ
  1. 『Withマーケ』
    入会金:29,800円 / 受講料金:月額4,980円
  2. 『SHElikes』
    入会金:162,800円 / 受講料金:月額10,780円
  3. 『WEBMARKS』
    受講料金:498,000円
  4. 『デジプロ』
    入会金:33,000円 / 受講料金:385,000円
  5. 『マケキャン』
    入会金:33,000円 / 受講料金:657,800円
タテイシリョウ
自分の目的を基準に、無理のない価格帯の中で選ぶことが、Webマーケティングスクール選びの失敗しないコツになります。

高額な商品なので、じっくりと他のスクールとも比較検討をして、慎重に選んでいきましょう。

さらに他のWebマーケティングスクールと比較検討したい方は、こちらの記事もオススメです

評判の良いおすすめのスクール5校の他、27校ものスクールを一挙紹介して、わかりやすく比較しています。ぜひ参考にしてください!

オススメ記事:『【30校比較】おすすめWebマーケティングスクール5選【2022年4月】』

 

まとめ:実践的な広告運用を学びたいならデジプロがおすすめ!

本記事では、実務で使える活きた広告運用スキルが学べる『デジプロ』についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

タテイシリョウ

「広告運用しか学べないこと」や「転職保証がないこと」、「料金が高いこと」など、いくつかデメリットがあるものの、学習や転職におけるサポートの質は相当高いことがわかりましたね!

 

結論としては、デジプロは実績豊富な現役マーケターから個別で指導を受けながら、実践的に広告運用を学びたい方にとってはピッタリだと言えるでしょう。

しかし、最終目標がWebマーケターになりたいことではなく、時間や場所に捉われない自由な働き方で継続的に稼ぐことなのであれば、一度他のスクールとも比較検討してみる必要がありそうです。

 

「Webマーケティング」の需要が高まる中、Webマーケティングに興味関心を抱き、転職を考えていることは大変素晴らしいことです。

このスキルさえあれば、会社に頼らず個人で人を集めて稼げますし、10年先も好きな仕事を選べる自分になることができますから。

「転職よりも、とにかくWebマーケティングスキルをつけて、自由に働きたい!」

「時間や場所に縛られずに、好きな人と好きな仕事をして、継続的に稼いでいきたい!」

このように感じるのであれば、コスパNo.1の月額制Webマーケティングスクール『Withマーケ』を検討してみるのも良いでしょう。↓

Withマーケ_新LP

2022年2月に完全リニューアルを遂げ、300本超えの上質な動画講義や無制限Q&Aサポートなどコンテンツが充実しています。

すでに800人以上の会員がおり、交流会やイベントも毎週頻繁に行われているので、良質な人脈も広がりますよ!

今後、値上げすることが決まっていますが、「今入会すれば、ずっと今のままの月額料金になる」ので、気になる方はお急ぎください。

\ 今なら有料級の豪華3大特典がもらえる! /
Withマーケ_ロゴ
嫌な仕事、働き方、今日で終わりにしませんか? /
『Withマーケ』を覗いてみる
※段階的に値上げをしているので、気になる方はお早めに!!

「#withマーケ」でネット上の評判や口コミを確認できますよ!

 

 
▼今なら5日間Webマーケ講義無料公開▼Withマーケ5日間講座の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です