月額制WEBマーケティングスクール『Withマーケ』開校

【体験談】クラウドワークスのやばい依頼主7選 | 初心者向けの見分け方・対処法ガイド

 

「クラウドワークスはやばい」と、たまにそんな噂を耳にする。

どんなサービスも悪い評判はつきものだが、クラウドワークスは特に、良い評判も悪い評判も生まれやすい印象だ。

タテイシリョウ

本記事を執筆しているタテイシです。

私は、過去にクラウドワークスでWEBライターとして活動していた時期があり、様々なやばいお客様に当たってきました。

本記事では、これまでに目にしたクラウドワークスの悪質な案件や依頼主の実態に迫っていく。

※実際の経験をもとに、クラウドワークスで悪質な案件ややばい依頼主に引っかからないための見分け方や出会ってしまった際の対処法を全てまとめている。

 

実際に出会ったクラウドワークスのやばい依頼主7選

タテイシリョウ

ここでは、実際に『WEBライター』としてクラウドワークスを使っていた時に出会った、ご依頼者様の中で「この人はやばい」と感じた7人をご紹介していきます。

1.テストライティングが1本500円

非常に頻繁に見かけるケースが、テストライティングが激安の価格に設定されている案件だ。

実際にあった案件の記載(一部)

本採用となった場合、文字単価は1円以上を確約します。

※テストライティングは3000文字500円とさせていただいています。

チラッと見ただけだと「テストライティングなら仕方ないか」と思う人もいるかもしれない。

しかし、本当に良い依頼主なら、テストライティングだからと言って文字単価0.1円台にまで下げるようなことはしない。

本当に良いWEBライターを採用したいと考えている依頼主こそ、テストライティングでも仕事に見合った報酬を用意しているはずだ。(じゃないと、優秀なライターが応募してこない)

特に悪質でひどい依頼主だと、テストライティングと謳っておいて複数のライターに記事を書かせ、実際には誰も採用しないというケースも。

他にも、文字単価0.1円ほど(それ以下もある)のテストライティングに疑問を感じている方は多い。

「本採用ではちゃんとお金出すよ」と言っておきながら、テストライティング(報酬は安い)だけやらせて不採用にするという手口だ。(多くのライターにテストライティングを書かせている)

詐欺にも近い話だが、証拠が掴みにくいため、こうした悪質な依頼主は関わらないことが1番の対策だ。

2.大量にテストライティングの依頼をしてくる

依頼主がテストライティングの名目で5記事10記事と依頼してくるようであれば、その依頼主は間違いなく悪質な依頼主だと考えて良い。

依頼主がライターを採用するまで
  1. 過去の実績、執筆した記事を読む
  2. テーマを指定して1記事執筆してもらう(テストライティング)
  3. ニーズに合ったライターなら本採用する
タテイシリョウ

多くのライター採用は上記の通りで、そもそもテストライティングで、複数記事を書かせるということはありません。

というのも、テストライティングで5記事、10記事と書かれても全てを評価する時間はないからです。

むしろ早く本採用して、執筆テーマに慣れてもらい、記事を質を高めてもらうことに集中してもらいたいと普通は考えます。

テストライティングの名目で低単価で大量発注する依頼主ほど、ライターが執筆完了した後に「今回は不採用とさせていただきます」と本採用しないケースが多い。

上記の口コミのように、「SEO対策が学べるから」という理由で報酬を下げてくる依頼主は100%の確率で地雷案件だ。

まともにライターさんを育てるつもりもないため、「◯◯が学べる」という言葉につられて依頼を受けてしまわないように注意して欲しい。

3.研修期間を設けて買い叩こうとしてくる

クラウドワークスのライティング案件を見ていると目につくのが『研修期間』を設けて激安の低単価で発注している依頼主だ。

実際にあった募集内容(一部)

弊社では研修期間を設けています。1〜20記事までは研修期間中の報酬は1記事500円を適用、その後研修明けを機に再度単価について相談させていただいております。

例として1記事500円と挙げたが、知人から聞いた話では20記事で2500円という案件も実際にあった。(ちなみに文字数は3000文字の案件。文字単価は驚愕の0.004円である。)

依頼を受けるかは、ライターさん次第だが、基準として文字単価0.5円以下の案件は、買い叩こうとしている可能性が高いと考えて良いだろう。

Twitterでも以下のようなツイートを見かけることは少なくない。

誰もが低い報酬の案件を避けたいと考えるはずだが、初心者ライターにとっては報酬が高いか低いか線引きが難しいという事実もある。

クラウドワークスに登録したばかりの初心者だった頃を思い返すと「初めてなんだから、低い報酬なのも当たり前だ」とも思ってしまったのを覚えている。

しかし、初心者だからといえ、妥協せずに相場ぐらいの報酬はもらえるように交渉して欲しい。

4.報酬の未払い

クラウドワークスでも、報酬の未払いはたまに発生してしまうことがある。

納品後の検収が済んで初めて支払いが確定するクラウドワークスだが、この段階で音信不通になるやばい依頼主もいる。

しかし、クラウドワークスはサポート体制が整っているサービスであり、万一の場合に備えて報酬の取り漏れが起こらないように「仮払い」制度を徹底している。

  1. ライターが案件の条件に納得して提案に同意
  2. 依頼主が仮払いする
  3. ライターが執筆を開始→納品する
  4. 依頼主が納品物を検収する
  5. 仮払いしていた報酬が支払い確定となる

この流れに沿っていれば、仮に依頼主があなたが納品した記事を検収せず放置した場合、クラウドワークス側から催促の連絡を依頼主に入れることも可能だ。

さらに依頼主が無視し続けたとしても、ライター側が納品物やそれ以前のやりとりをクラウドワークスに提示することで、クラウドワークスが代わりに検収を行う(その後入金)など対処してくれるというわけだ。

しかし、悪質な依頼主に限って、クラウドワークス外のチャットツールに誘導し、クラウドワークスを介さずに契約を結ぼうとすることが多い。

こうなれば、報酬の未払いが起こっても泣き寝入りする他なくなってしまうから注意だ

5.打ち合わせのドタキャン

クラウドワークスで契約に至った後にミーティングを実施する流れになることも多い。

顔を見て話せるZOOMなどのオンラインミーティングは、最近では実に一般的なコミュニケーション手段となっている。

しかし、悪質な依頼主は打ち合わせをすっぽかすことも珍しくない。

ビジネスマンとして打ち合わせのドタキャンはあり得ない。

このような依頼主とは、信頼関係を築くことができないため、早めに仕事を断ることをおすすめする。

6.進行中の案件で音信不通になる

クラウドワークスのメッセージ機能で頻繁にやり取りしていた依頼主と急に連絡が取れなくなってしまう事例もある。

既に仮払い済みで執筆を開始している案件が進行中なのに、依頼主に質問しても回答がこないとなれば一気に不信感が募る。

普通に考えて、仕事を依頼している側の立場である依頼主が、依頼した仕事を進めているライターのメッセージに返信しないなどあり得ない。

メッセージのやり取りが遅れると、それだけ作業が遅れてしまうため、報酬にも響いてしまうので極力避けたいところ。

7.逆に営業かけられる

「案件の内容に興味を持ちメッセージをしたら、何やら逆に営業されてしまったらしい」という話もたまに耳にする。

例えば、商品のレビュー案件。コンタクトを取ってきたライターに、

以下のリンクから商品を購入して頂き、レビューを書いていただきたいです。商品のお題は弊社が負担します。

などのメッセージを送る依頼主だ。

この場合の主な狙いはアフィリエイト報酬(1商品購入に付き◯◯円という報酬がもらえる仕組み)だ。

依頼主は自身のWebサイトから商品購入を促し、アフィリエイト報酬を受け取っている可能性が高く、このようなケースは数多くあるわけだ。

上記の話に加えて、案件終了後に商材を売りつけられるなどの話は日常茶飯事だ。

何にしろ、ワーカー側が費用を投じて何かを購入したり、サービスに登録したりする過程が含まれる案件は悪質案件だと頭に入れておいて欲しい。

クラウドワークスがやばいと言われる3つの主な理由

タテイシリョウ
「クラウドワークスはやばいから使わない方が良い」などと言う人も少なくありません。具体的に何がどうやばいのか、その点について解説しておきましょう。

1.報酬が低単価

ライティング案件の文字単価が0.1円など、極端に低単価であることが少なくないクラウドワークス。

「低単価案件が嫌なら受けなければ良いだけの話」と考える方もいる一方で、どれだけ低単価であっても募集をかけることができてしまう点を問題視する方も少なくない。


参照元:クラウドワークス

上記の案件は実際にクラウドワークスにあった案件を引用したものだ。

2000文字以上の記事を2記事執筆して300円、1万文字の記事で1000円と時給換算したら100円ほどになってしまうような案件を平気で出している。

もちろん、上記のような自分勝手な依頼主ばかりではなく、優良な依頼主の方もたくさんいるが、中には自分の利益だけを考えている依頼主が存在するのも事実だ。

タテイシリョウ

明らかに低単価な案件というのは、学びも少ないです。

そのため、「◯◯が学べます」などの誘い文句で低単価案件を出している依頼主がいても絶対に手を出さないでください。

本当に良い依頼主なら、学習できる環境できちんとお金も払ってくれるはずです。

2.依頼主のマナーが悪い

これまで依頼主側も数えきれないほど経験してきましたが、依頼するにもスキルが必要だ。

スキルが足りないと心に余裕がなくなり、依頼主のマナーは悪くなってしまう。

クラウドワークスは、募集を出せばお仕事をしたいと言ってくれるワーカーさんは集まりやすい。

そんな状況だからこそ、依頼主は横柄な態度を取ってしまい、マナーが悪い方も一定数いる結果になっている。

『言葉遣いが雑』『ワーカーに対するリスペクトが皆無』などの理由で気分を害されてしまうことも多々あるのが、クラウドワークスの残念な点であるのは間違いない。

タテイシリョウ

クラウドワークスは、良くも悪くも敷居が低いクラウドソーシングです。

気軽さゆえに、「多少雑に依頼してもいいだろ」「無理難題を言っても許されるだろ」と甘く考えている依頼主がいるのは間違いないです。

ビジネスマンとしては、非常に低レベルだと思ってしまいますよね。。

本記事を読んでくれているワーカーさんは、絶対に引っかからないようにしてくださいね。

3.手数料が高い

クラウドワークスに限らず、ランサーズ・ココナラなどにも共通して言えるのが、手数料が高額であるという点だ。

参照:クラウドワークス公式HP

注目は、10万円以下の報酬額で20%のシステム利用料となっている点だ。

9万円の報酬額に対する手数料

手数料=9万円×20%=1.8万円

上記を見ると、9万円の案件の手数料は1.8万円と、手数料だけで2万円近くのお金が引かれてしまう。

しかし、報酬額が10万円~20万円の間であれば手数料は10%、20万円以上なら5%となっている。

つまり、報酬額が増えると手数料は下がるシステムになっていて、20万円以上の報酬を受け取っているワーカーさんは不満が少ないと考えられる。

クラウドワークスに登録しているワーカーさんの多くは、報酬額10万円以下となっており、稼げていない上にシステム手数料が多いシステムに不満を抱えているわけだ。

タテイシリョウ

クラウドワークスは、稼いでいるワーカーには優しい環境になっているのは、たくさん利用してくれるユーザーを増やしたいからです。

報酬額20万円以上のワーカーさんは、クラウドワークスのヘビーユーザーで、そういうユーザーを増やしたいという意図が伝わってきますね。

クラウドワークス内のやばい依頼主に当たらないための見分け方

タテイシリョウ
やばい依頼主には極力当たりたくないと誰しもが考えるでしょう。ここでは判断材料として覚えておいていただきたい5つのポイントについて解説します。

1.依頼主の評価を確認する

クラウドワークスのような顔の見えないやり取りにおいては、依頼主の評価が非常に重要な判断材料となる。

悪質な依頼主かを見分けるポイント
  • 評価件数
    最低10件以上は取引実績がある
  • 平均評価
    少なくとも星4以上
  • プロジェクト完了率
    90%以上の完了率
  • コメント
    コメントの中身で悪い口コミがないか

依頼主の評価は、依頼主の詳細ページにいけば確認することができる。

上記の評価基準は、『きちんと取引実績があるのか』『取引はトラブルなく完了されたか』が分かる基準になっている。

コメントに関しては、悪いものをあえて選んで読んでみることをおすすめする。

例えば、以下のようなコメントがあったら、契約は結ばないで欲しい。


参照元:クラウドワークス

どれだけ案件の内容に惹かれても、必ず依頼主のページに行き評価を確認することを怠らないようにすべきで、これをやらずにトラブルになったことが何度もある。

上記を必ず守れば、感覚的に「この依頼主はやばいな」と分かってくるのでおすすめだ。

2.案件詳細の具体的な記載があるか確認する

案件内容の詳細を確認していくと、情報が全く足りないケースも少なくない。

例えば、ライティング案件の場合には文字数や文字単価、作業範囲に関しての記載が詳細にあるかが肝心だ。

以下のライティング案件でご対応いただけるライター様を募集いたします。

  • 文字数2000文字程度
  • 文字単価1円〜
  • 就職・転職に関する内容(KWはこちらで選定いたします)

例えば、以上の内容で記載されていたら、以下の点に関しては情報が不足している。

不足している情報
  • 納品形式(WordPress入稿なのかWord納品なのか)
  • 画像選定の有無
  • 構成の有無
  • 継続の有無

特に納品形式はテキストだけなのか、WordPress入稿で文字装飾もあるのかなどで工数はかなり異なる。

実際には、以下のように掲載されていたから一緒に見ていこう。


参照元:クラウドワークス

このように、大まかな条件しか掲載されていない場合は気をつけた方が良いだろう。

クラウドワークスが不慣れな依頼主の可能性もあるが、不慣れだったとしても詳細を記載していない依頼主は基本的に避けることをおすすめしたい。

3.テスト納品で極端な低価格を提示されていないか確認する

前述の通り、極端な低単価を提示してくる依頼主は、100%やばい依頼主と見て間違いない。

以下のWEBライティング案件の事例をもとに解説をしていこう。


参照元:クラウドワークス

上記は、文字数は2000文字で20記事納品で1,000円と書かれていた。

つまり、4万文字で1,000円、文字単価は0.025円というわけだ。

ほぼタダ同然で書かせようとしてくる依頼主が、その後本採用してくれたとして極端に文字単価を上げてくれる例は経験上見たことがない

4.実力次第での単価アップを極端に強調していないか確認する

ブラック企業の求人などでもよくある謳い文句だが、「頑張り次第でいくらでも稼げる」ような触れ込みは基本怪しいと考え欲しい。


参照元:クラウドワークス

などの記載を良く見かけるが、具体的な例や条件が記載されていないことは基本的に信じてはいけない。

基本的には、良いライターさんを集めて安く記事を書かせたいと思っている運営者が多く、具体的なことは何も言わないまま、募集をかけることが多い。

本当に良い依頼主なら、全てを明確に記載し、1人1人に丁寧な対応をするはずだ。

5.スキルアップ等の謳い文句が強調されていないか確認する

「ライティングを学びながらお小遣い稼ぎもできる」という謳い文句もよく見る。


参照元:クラウドワークス

上記募集の狙いは、『ライティングのスキルが学べるのだから、本来お金を払ってもいいくらいなのに、報酬がもらえるなんてすごい』と思わせることだ。

特に駆け出しライターの方が飛びつきやすい謳い文句だから注意して欲しい。

スキルを学びながら低単価でも報酬がもらえるのであれば、ラッキーだと捉える人は少なくないのも事実だ。

上記のような案件は、ライティングが学べることもなく、ただただ低単価で記事を書くだけの仕事になることが圧倒的に多い。

クラウドワークスでやばい依頼主と契約してしまった際の対処法

タテイシリョウ
気をつけていても、やばい依頼主と契約してしまう事態を100%回避することは難しいです。万が一悪質依頼主と契約した場合は、以下の2つの方法で対処していきましょう。

1.即辞退する

案件の詳細を確認せずに契約に同意してしまった後、「これはやばい依頼主だったのか」と気付くこともあるだろう。

この場合は、「契約途中終了リクエスト」を送ることで、仮払い後であっても途中で終了することは可能だ。


この場合にひとつデメリットとして知っておくべきことは『依頼主から低評価をつけられる可能性がある』こと。

仮払い後に途中終了した場合、お互いの評価ができるようになってしまうため、双方ともに相手の評価を落とすレビューを残すことができてしまう

契約後でも辞退することは可能だが、極力契約同意前に詳細を確認した上で業務を進めることが大事だ。

2.事務局に通報する

契約後にやばい依頼主であることが発覚した場合、辞退するだけでなくクラウドワークス事務局に通報しておくことも忘れてはいけない。


その依頼主が同じ手口で悪質な案件を発注し続けることを阻止するためにも、クラウドワークス側にどのような点が問題であったかを知らせることは非常に重要だ。

通報を受けた依頼主は場合によってはアカウントを停止されるなどのペナルティを課せられることもある。

通報することで悪質な依頼主撲滅に一役買うことができるというわけだ。

クラウド ワークス初心者がやばい依頼主に出会わないための注意点

タテイシリョウ
初心者ほどやばい依頼主を見抜けないケースが多いです。ここでは、悪質な依頼主と極力関わらないで済むために注意すべき5つのポイントについて解説していきます!

1.職種の案件相場を知っておく

相場からかけ離れた案件を初めから受けないと決めておくことで、悪質な依頼主を回避することができる。

例えば、Webライターであれば文字単価が0.1円を切るようなら、テストライティングであっても受けない方が良い。

ましてや5000文字10記事で1000円などのセット発注などは論外である。

極端な低単価を提示してくる依頼主に、良質な依頼主はいないと肝に銘じておこう。

2.基本的な契約の流れを知っておく

クラウドワークスでは、契約における一連の流れが以下のように定められている。(プロジェクト案件)

  1. 依頼主が募集開始
  2. ワーカーが提案
  3. 依頼主がワーカーを選定
  4. 報酬の確認・交渉
  5. 条件確認の上ワーカーが同意する
  6. 依頼主が仮払いする
  7. ワーカーが作業を開始→納品
  8. 依頼主が検収を完了する
  9. 報酬が確定する

プロジェクト案件では以上の流れが基本のフローだ。

やばい依頼主ほど、この流れを途中で無視しクラウドワークス外に誘導、その後直接契約に持ち込もうとする傾向がある。

依頼主に何を言われても、上記の流れを守ることを徹底すれば、悪質な依頼主による被害を未然に回避できることは多い。

自分を守るためにも、まずは自分自身がクラウドワークスの定めた然るべき流れを忠実に守ることが大事だ

3.別のチャットアプリ等で連絡を取らない

仮に依頼主に誘導されるがまま、クラウドワークス外でチャットツールなどを使用し直接やりとりをしていたとしよう。

その結果トラブルが発生したとしても、この場合はもはやクラウドワークスに守ってもらうことはできない。

なぜなら、クラウドワークス以外でのやりとり自体がルール違反であり、この時点であなたの方にも過失があるとみなされるからだ。

万一何かトラブルに発展した場合に備えて、クラウドワークス内での連絡に留めておくように徹底しよう。

まとめ

本記事では、クラウドワークスのやばい依頼主に注目し、その実態について細かに解説した。

誰もが気軽に仕事を発注・受注できる素晴らしいサービスである一方、悪質なユーザーも多数いるのがクラウドワークス。

うまく活用すれば、良質な依頼主とのコネクション構築にも使えるサービスだからこそ、やばい依頼主に当たらないよう、案件を慎重に見極めるスキルを身につけておきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です