2022年、就活で評価されたのは〇〇だった

【Web制作の副業は稼げない?】未経験・初心者から月20万を継続的に稼ぐメソッド

Web制作 副業のサムネイル

 

「副業に興味あるけど、Web制作って稼げるのかしら..?」

「未経験だけど、今から始めても遅くないかな. . 。継続案件の取り方や稼げない人の特徴も知りたいな、、」

副業(特にWeb制作)に関して関心を抱き始めると、上記のような悩みや疑問が出てきますよね。

僕もWeb制作の副業を始めたての頃は、何をどのようにやればいいのかが全くわからず、右往左往していました。

 

しかし、案件を取るのが大変かつ低単価で”オワコン”と言われているWeb制作の副業で、僕の知り合いは継続的に月100万円を稼いでいた人がいます。

彼が言うには、それは「あるもの」を本格的に学んだからだと. . . 。

 

本記事では、月100万円まではいかずとも、未経験から「安定して月20万円稼ぐこと」を現実的に達成できるメソッドをご紹介します。

また、「Web制作の副業で稼げない人の致命的な特徴」や「他の副業との案件単価比較」などもお伝えしているので、Web制作の副業を検討している方は必見です。

最後まで読んで、Web制作案件で継続的な20万円の副業収入を得ていきましょう!

 

Web制作の副業はもう稼げないのか?

Web制作 副業のh2見出し画像

そもそも、完全未経験の初心者が、今からWeb制作の副業を始めても稼げるのでしょうか。

ネット上では散々「オワコン」だとか「稼げない」だとか言われていますが、真実はいかがなものか?実態を見ていきましょう。

Web制作 オワコンのサムネイル

 

【結論】需要は高いが、求められることが変化してきている

結論から言うと、Web制作の需要は高く、これからも増加傾向だが、求められることが絶えず変化し続けています。

つまり、企業数が増えるに従って、Webサイトの需要も増えているが、新しい便利なツールの登場によりWeb製作者に求められることが変わってきているのです。

具体的には、近年「ノーコード(NoCode)」と呼ばれる、プログラミングがわからなくても誰でも簡単に個人でWebサイトを作れるツールが普及しました。

これにより、Web制作で稼ぐためには、ただWebサイトを作れるだけでなく、Webサイトを通してクライアント (顧客) の売上を上げることが求められてきているというわけです。

 

【実体験】〇〇を学んでから安定して大きく稼げるようになった

Web制作で稼ぐ、つまりクライアントの売上を上げるためには、何を学べばいいのか?

それこそが、「Webマーケティング」というスキルです。

 

実際に、Web制作で月100万円以上を継続的に稼いだ僕の知り合いは、このWebマーケティングを本格的に学び始めてから、安定して大きく稼げるようになったと言っています。

また彼は、ネット上で案件を獲得するのではなく、しっかりとメールや電話などを通して実店舗への営業をし、Webサイト制作の仕事を請け負っていたようです。

そして、ただそこでWebサイトを作るだけでなく、売上に大きく関わるWebマーケティングのスキルを活かして、その他の仕事も提案してまとめて受注していたそう。

売上に直結する仕事は、責任が伴いますが、それだけ単価も高くなり、できることが多いと周辺の仕事を根こそぎ任せてもらえるので、月100万という驚異的な結果を出せたとのことでした。

 

普通、Webマーケティングは売上に関わるスキルなので、個人で独学をするのは難しいとされています。

しかし、そんな中、最先端のWebマーケティングスキルを気軽に実践形式で学べるスクールがあります。

それが日本最大級の月額制Webマーケティングスクール「Withマーケ」。

Withマーケは現在、期間限定でお試し5日間講座を公式LINEにて無料公開しています。詳しくは下記からご覧になれます ↓

\ こだわり尽くした動画講義をご用意しました /
Withマーケの「5日間講座」を見てみる
※公式LINE限定の追加特典もあります。

 

Web制作の副業で稼げない人の致命的な特徴3選

Web制作 副業のh2見出し画像

これからWeb制作の副業を始める方に向けて、Web制作の副業で稼げない人の致命的な3つの特徴を先にお伝えしておきます。

  1. 単純に作業量が足りていない
  2. クラウドソーシングに頼っている
  3. Web制作しかできない

これらが一つでも当てはまっていると、仮に単発で稼げたとしても長期的に稼ぎ続けることはできません。

なので、継続的に稼いでいきたい方は必見ですよ。

 

稼げない人の特徴①:単純に作業量が足りていない

まず、大前提として作業に充てる時間が取れない人は、Web制作を副業でやってもなかなか成果に結び付かず、一向に稼げません。

特にWeb制作に関しては、「副業」と言っても稼げるようになるまでに学ぶべきことが沢山あり、膨大な時間と労力がかかります。

本業の方で忙しい毎日を送っているのなら尚更で、なんとかして日常の中で時間を捻出しないと、そもそもWeb制作の学習や仕事すらできないですよね。

作業量に悩みがある方は、完全マンツーマンで自分のライフスタイルに合わせてくれる侍エンジニアなど、優良スクールの無料相談を一度受けてみると何かヒントをくれるかもしれません。

 

稼げない人の特徴②:クラウドソーシングに頼っている

Webサイトを作って欲しい企業が、ネット上で、案件が欲しい不特定多数のWeb制作者に業務を発注する場である「クラウドソーシング」。

Web制作を始めたての初心者なら、誰でも最初は興味・関心を持ち、そこで案件を獲得しようと躍起になると思います。

しかし、僕もクラウドソーシングを使って感じましたが、年々案件獲得競争が激化しており、単価も低くなりつつあります。

クラウドソーシングというプラットフォームに頼っている人が大半で、継続的に稼げてない人も大半ということは…もうお分かりですよね。

ここで自分を安売りして消耗・疲弊するよりも、売上に貢献できるスキルを身につけるなどして、もっと自分の価値を高めた方が長期的に見て圧倒的に稼ぎ続けることができるのです。

 

稼げない人の特徴③:Web制作しかできない

ただWebサイトを作ることしかできない人は、今後次第に求められなくなって、やがて仕事がなくなる末路が待っています。

なぜなら、Webサイトを作って欲しい人は「自社(自分)の売上を上げたい」というニーズがあり、Web制作の知見だけでは売上向上に繋がる仕事ができないからです。

新しい便利なツールの登場で、誰もが個人で簡単にWebサイトを作れるようになった今、求められるのはWebサイトを作れる人ではなく、Webサイトを通して売上を上げられる人なのです。

そのためには、やはり経営に近い分野で仕事をするWebマーケティングというスキルが必須になってきます。(逆にこのスキルがないと、それこそオワコン人材になってしまいかねません…。)

 

Web制作で副業をする人は実際稼げているのか?【他の副業と比較】

Web制作 副業のh2見出し画像

では、実際にWeb制作で副業をしている人は稼げているのでしょうか?

実際にクラウドワークスの案件単価の相場を参考にしたり、他の副業と比較したりして、実態を深掘っていきましょう。

まずは、Web制作の案件単価の相場や年収についてサラッと解説します。

 

副業でWeb制作をする場合の案件単価の相場や年収

Web制作の案件単価の相場は、30,000円〜80,000円となっており、企業のコーポレートサイト(ホームページ)制作に関してはデザインも込みで200,000円となっています。

Web制作_案件単価_相場

参考:クラウドワークス

やはり、「コーディングだけ」とか「デザインだけ」とか、単一のスキルはあまり無い上に単価も低くなる傾向にある印象です。

しかし、”相場”は上記の通りなのですが、実際にクラウドワークスで案件を見てみると、相場よりも全体的に低いかなと感じます。

 

年収に関しては、Web制作の業務を一部カバーしているWebデザイナーの平均年収を見ていきたいと思います。

Webデザイナー(Web制作者)の平均年収は「350万円前後」となっています。

Webデザイナー_平均年収の推移

参考:Webデザイナーの平均年収はいくら?給料アップを目指す方法や転職事例も解説 |転職ならdodaエンジニア IT

このデータから、全職種合計の平均年収である「410万円前後」に比べて、Webデザイナー(Web制作者)の平均年収は50〜60万円ほど低いことがわかります。

 

Webデザイナー_年収分布

参考:Webデザイナーの平均年収はいくら?給料アップを目指す方法や転職事例も解説 |転職ならdodaエンジニア IT

また上記のデータでは、Webデザイナー(Web制作者)の約6割が平均年収400万円未満であることがわかりますよね。

副業でやるにしても、本業としてやるにしても、Web制作(Webデザイン)単体だと、仕事が大変な割にあまり稼げないという状況に陥っているようです。

Webデザイナー やめとけのサムネイル

 

他のWeb系の副業と比較してみると…

Web制作の実態だけを見るよりも、他のWeb系の副業も見て比較した方がわかりやすいですよね。

そこで今回は、今副業ブームの中心的な仕事となっている動画編集やWebライター、ブログなどの実態も見ていきましょう。

  • Web制作と「動画編集」
  • Web制作と「Webライター」
  • Web制作と「ブログ」

 

 Web制作と「動画編集」

まずは、動画編集とWeb制作を比べてみます。

動画編集の案件単価の相場は、50,000円ほどとなっています。

30,000円〜80,000円が案件単価の相場であるWeb制作と、あまり変わらないですね。

動画編集_案件単価_相場

参考:クラウドワークス

 

 Web制作と「Webライター」

次は、WebライターとWeb制作を比較してみます。

Webライターの案件単価の相場は少し複雑で、「文字単価」や「記事単価」、「時給などの固定報酬制」、「成果を出した分のインセンティブ」など様々な報酬制度があります。

そして、業務ごとに細かく単価が割り振られています。

ちなみにクラウドワークスの相場では、記事作成が2,000円〜, 記事企画が1,000円〜, リライト・校正・編集が2,000円〜などとなっています。

Webライター_案件単価_相場

参考:クラウドワークス

 

気になる文字単価ですが、一般的には0.5円〜2円となっています。

具体的には、例えば「文字単価0.5円」の場合で5,000文字の記事を書いたとすると、2,500円の報酬になると言った具合です。

テーマ 文字単価(1文字あたりの単価)
一般的なテーマ 0.5円〜2円
特定のテーマ 0.8円〜3円
専門性があるテーマ 1.2円〜5円
インタビュー記事 2円〜5円

参考:制作物の種類・参考価格 | ランサーズ

上記の通り、何か専門性や強みみたいなものを持っていたり、SEOやセールスコピーなどのWebマーケティングの知識などがあると、文字単価が5円や10円にも跳ね上がることがあります。

 

 Web制作と「ブログ」特殊】

最後にブログとWeb制作を比べていきたいのですが、ブログに関しては他の副業と一線を画します。

なぜなら、「ブログで稼ぐということは、起業をすること」であり、本格的なビジネス(経営)と捉えることができるからです。

というのも、ブログを運営する際に、何度も重要な意思決定をしたり、外注を考えたりすることがあるからです。

 

これといった正解はなく、無限の可能性があるので、実際ブログで月1,000万円を個人で稼いでいる人もいます。

Web制作や動画編集、Webライターなどのクライアントワークと違って、自由度が高く、得られる報酬も青天井なんですね。

 

しかし、そうはいっても完全未経験からブログで稼ぐことは難しく、せっかく沢山書いたのに1円も1円も稼げない..なんてこともよくあります。

そこでWithマーケでは、ブログで稼ぐことに特化した動画講義を70本以上用意しており、個人で確実に稼ぎ続けられる本質を学ぶことができます。

業界初の無制限Q&Aサービスにより、現役で活躍しているプロが迅速かつ丁寧に一人一人の悩みに対してサポートしているので、挫折の心配はありません。

今なら期間限定で選べるお試し「5日間講座」を無料で受けることができるので、気になる方は下記のボタンからチェックしてみてください ↓

\ 公式LINE限定の追加特典あり! /
Withマーケの無料お試し「5日間講座」はこちら
※予告なく終了する場合があるので、お急ぎください。

 

未経験から月20万のWeb制作案件を継続的に獲得できる3つのメソッド

Web制作 副業のh2見出し画像

ここまで、Web制作の案件単価や年収などの実態を見てきましたが、長期的に安定して稼ぎ続けるのは難しいイメージですよね..。

そこでここからは、未経験から月20万のWeb制作案件を継続的に獲得できる3つのメソッドをお伝えしていきます。

  1. 「資産」となるものを増やす意識を持つ
  2. 自分を選んでくれる「仕組み」を構築する
  3. 「提案」「巻き取り」「外注」を意識する

一つずつ見ていきましょう。

 

稼げるメソッド①:「資産」となるものを増やす意識を持つ

Web制作だけに限らない話ですが、継続的に稼げるようになるためには「自己投資」を厭わないことが大切です。

なぜなら、短期間で身につけた小手先のテクニックや知識だけでは瞬間風速的に稼げたとしても、長くは続かないため、”自分”に投資して残り続ける資産を増やす必要があるからです。

具体的には、Web制作で使うコーディングやデザインのスキルだけでなく、自分の証明となる実績や評価、そして売上を上げるためのマーケティングの本質が必要不可欠です。

目先の案件で稼ごう!稼ごう!と急ぐのではなく、1年後、5年後、10年後に安定して稼げるようになってるかを考えて、資産を増やしにいく方が賢明ですよ。

 

稼げるメソッド②:自分を選んでくれる「仕組み」を構築する

Web制作で稼ぐにしても、まずは案件を獲得することから始まりますよね。

そして、案件を獲得できなければ仕事すらできませんし、だからと言って悪い条件で自分から案件を追い求めていたら、自分が消耗して長くは続かないものです。

だからこそ、疲弊せずにWeb制作をしたい人は、自分をまず認知してもらう機会を増やして、選んでくれる「仕組み」を構築することが何より重要です。

これは「セールスファネル」と呼ばれる概念で、Withマーケならこの「潜在顧客・見込み顧客から認知~購入~継続的な顧客化に至るまでの過程」を細分化して、論理的に学ぶことができます。

 

稼げるメソッド③:「提案」「巻き取り」「外注」を意識する

Webサイトを制作できるだけのWeb制作者は、実はこの先長くは続きません。オワコンと呼ばれてすらいます。

なぜなら、新しい便利なツールにより、誰もが個人で気軽にWebサイトを作れるようになったからです。

しかし、企業の数だけWebサイトが必要になってくることや、売上が低迷している企業が多いことから、売上を上げられるスキルを持ち併せたWeb制作者の需要は、今後高まる一方でしょう。

特にWeb制作スキルと併せて、売上周りのWebマーケティングスキルも保有していれば、Webサイト制作のついでに他の仕事も提案し、巻き取って高単価を狙えます。

出来ることが増えると、それだけ仕事も増えるのですが、ここで全て自分一人でやるよりは他の人に外注した方が効率的に仕事を回せます。

こういったディレクターっぽいスキルも、長期的には必要になってくるはずですよ。

 

【Q&A】Web制作の副業に関するよくある質問

Web制作 副業のh2見出し画像

最後に、未経験・初心者の方がよくする「Web制作の副業に関する質問」に答えていきたいと思います。

  1. Web制作の副業ではどんなスキルが必要ですか?
  2. Web制作の副業をしている人はどんなキャリアパスがありますか?
  3. Web制作の副業で稼ぐためには具体的に何をやれば良いですか?

上記3つの質問に対して、それぞれ図解やデータを参考に解説していきますね。

 

Q1.Web制作の副業ではどんなスキルが必要ですか?

Web制作の副業では、主にデザインやコーディングなど、Webデザイナーやエンジニアの一部の業務ができるようになる必要があります。

Webデザイナー_業務範囲が広い2

参考:Webデザイナーになるために最低限必要なスキルはなにか | Webと本 Webooker

具体的なスキルで言うと、

デザインは、IllustratorやPhotoshopなどのAdobe製品のツールを使ってWebサイトのデザインを作れること。

コーディングは、HTMLやCSSなどのマークアップ言語やjQueryやJSなどを用いた動きを付けられるスキルを身につけて、最低限デザインをもとに正確にコーディングをしてWebサイトを作れること。

できれば、デザインもコーディングもどちらもできることが望ましく、その上Webマーケティングの知識があると高単価で自由な働き方などより良い条件で副業をすることが可能になります。

 

Q2.Web制作の副業をしている人はどんなキャリアパスがありますか?

Web制作は、ほぼWebデザイナーと同じキャリアとなり、何にでもなれる可能性が広がっています。

Webデザイナー_キャリアパス2

参考:Webデザイナーに必要なスキルと代表的な7つのキャリアパス – クモのようにコツコツと

デザイナーに振り切るもよし。エンジニアに振り切るもよし。Webマーケティングを学んでディレクターやマーケターになるのもよし。

特にマーケティングを学ぶと、上流の役員になることができたり、自分で起業をすることも可能になってきます。

 

Q3.Web制作の副業で稼ぐためには具体的に何をやれば良いですか?

実際にWeb制作の副業で稼ぐためには、とにかく”行動”に移すことが大切です。

注意点として、ただ学ぶだけで終わってしまう人が結構いることです。

稼ぐことを前提とした学びをしないと、時間や労力が水の泡になってしまいかねないので、稼げるようになるスクールや講義を受講することが一番の近道になります。

Webデザイナー_独学はきつい

参考:Webデザイナーへの転職率は9割以上!Webデザイナーの自由度や収入はどれくらい?

日本最大級の月額制Webマーケティングスクール「Withマーケ」では、Webデザインを含むWebマーケティングの本質を、300本超えの良質な動画講義で学ぶことができます。

Withマーケ|月額制WEBマーケティングスクール

Web制作に必要なコーディングやデザインの学習と合わせて、受講すると相乗効果で今後、個人で継続的に稼げるようになるのは間違いありませんよ。

10年先も、好きな仕事を選べる自分になりたいのであれば、まずは今すぐ無料お試し「5日間講座」を受けることから始めてみましょう!

さらに隠し特典もプレゼント..?!
Withマーケのお試し「5日間講座」を受けてみる
※会員数800名突破 !!

 

まとめ:Web制作の副業は、Webマーケティングを学ぶと化ける

Web制作 副業のh2見出し画像

本記事では、Web制作の副業の将来性や実態、稼げない人の特徴や稼ぎ続けるメソッドなどを解説してきました。

最後に、この記事でこれだけは忘れないで持ち帰って欲しいという「本質」が一つだけあります。

それは、、

Web制作をはじめ、動画編集やWebライターなど全ての副業は、クライアントの売上を上げるために行う。

ということです。

そして、この時代や環境に左右されない「本質」さえ押さえていれば、どんなにトレンドや技術が変わっても必ず継続的に稼ぎ続けていくことができます。

揺るぎない本質を学ぶために、一度Withマーケの無料講座を体験してみてはいかがでしょうか。

 

就活で内定無双したい23卒・24卒のあなたは読まなきゃ損ですよ.. ↓
※ 特に自分自身に誇れる経験やスキルがない大学生にこそ、是非読んで欲しい内容となっています。
オススメ記事:『2022年、就活で勝てる大学生は個人で稼いでいる』